14-11-08(2014年 第57号)  
◯茶房「桜の下」
いい喫茶店を紹介してもらった。気がつかずに通り過ぎてしまうこともありそうな、民家そのままのお店。看板はあるが目立たない。桜ヶ丘通りの桜並木だから、見時は人と車でにぎわうが、閑静な住宅地。森町から移転した梅乃寿司の並び。

磨き上げられた木の床だから、靴を脱ぐのかと思ったら、土足でどうぞ…。中も殆ど住宅のままと言おうか。奥の和室は靴を脱いでソファに掛ける。庭に面している。仕切りのある右のテーブル席も庭に向いている。正面はメインルームというか、テーブルのある板の間。横の面には書棚とカウンター席。入ってすぐ右は応接間。電子ピアノがある。

アンティークな調度品がいい。先々代からの収蔵品、茶道具、古書などとある。色々あるから眺めまわすのが楽しい。

本棚には、数は少ないが多方面にわたる個性的な本。「コンサイス世界史年表」とは珍しい。新しいところでは「舟を編む」があった。

そしてコーヒーは「知る人ぞ知る函館初登場」というシーボルトコーヒー。私は知らなかったが、美味しかった。

電子ピアノはヤマハの高級品。ガ・フレが弾き始めたら、早速楽譜を持ってきてくれた。ドアを開いたまま弾いた。

◯短観・短顧

◇本読み
自分で言うのはヘンなのだが、体調が「全開に近い」。不思議。もちろん、体操をすれば肉も骨も堅く、サイクリングも脚力の衰えが顕著だが、何というか「全開に近い」感じがする。金子兜太の新著は「私はどうも死ぬ気がしない」だが、私のはそれとはちがう。

バカみたいなことを書き始めてしまったが、自分でも意外な集中力で2冊の本読みができた最近の些事を言っている。もう1回ぐらいできるか。3冊目は多分、丸谷才一の「裏声で歌へ君が代」になる。 

…なんて言っているが、何しろ同い年の天皇が、赤坂御苑の園遊会で多くの人に接したときの新聞記事に、「両陛下とも80歳と高齢のため、宮内庁は両陛下が会場を回る距離を685bから350bに短縮した」(11/7 朝日)とあって、私もいい加減にしないとと思っているから、集中本読みができるか分からないし、無理はしないつもり。

ドナルド・キーンの「石川啄木」を読むために「新潮」を買っていて、ついでにほかの小説などを読むことがある。たとえば、10月号の対談「ゴリラから見えてくる家族・暴力・物語」(山極寿一×小川洋子)はおもしろかった、山極氏は「『サル』化する人間社会」も刊行していて、私はそれも読みたい―図書館が購入するのを待っている。

漱石の「こころ」が朝日新聞に連載され、評判がよかったのか、続いて「三四郎」が連載されている。で、次もあるとして、何がいいか・選ばれるか…。
私は「草枕」か「夢十夜」ではないかと思うが、どうだろう。

◇音楽が新鮮
これまで知らなかったいい音楽が次から次へと現われる。それが楽しくてたまらない。
有名なピアニストだって私は知らない。先日はラドゥ・ルプーのシューベルトの「ピアノ・ソナタ」(D960 39分)を聴いて音がきれいだったので検索し、初めて有名な彼を知った。

ラジオで尺八を聴いて、ちょっとちがう音・響きが気になった。奏者は奥田敦也といった(名前も忘れたのでネットで検索すると、古典尺八奏者で、禅の音を求め、手作りの尺八を吹くとあった。私が知ったのはそれだけ)。
それは風の音のようだった。天然自然の音、遠くから・深いところからやってくる風の音。考えさせ感じさせる風。

そしてあらぬことを考えた。 空と無と虚との関係。虚無というとニーチェ、空無というと釈迦牟尼。として、虚空というと山本周五郎の「虚空遍歴」しか出てこない…そして空虚は、けっこうな政治家の言葉の形容として広くいきわたっている!? 結局この3語関係は分からなかった。

「椿姫」の抜粋を聴いていて、その気合いというか、迫力に圧倒された。グルべローヴァだった。彼女のこの「ラ・トラヴィアータ」は当たり役で有名だった。知らなかった。
このオペラはマリア・カラスもいいが、カラスと来て、私はアントン・カラスを思い出す。チター演奏は、こちらのカラスに限る…冗談が過ぎたか。

チレアの「アドリア―ナ・ルクヴルール」のラストで、ソプラノのカヴァッツイが歌った気合い・迫力とダブった。グルべローヴァの同じラストも、私に言わせると、男と女のあのときの声を思わせるのである。

片山杜秀の番組「クラシックの迷宮」は、タイトルの良し悪しは別として、毎回教えられることが大きい・多い。伊福部昭のシンフォニーは初めて聴いて感激した。知ることの多大なことはここに書き切れない。

日本のオケ指揮者が多すぎるのではないかと思う。世界に通じる名指揮者もいるが、多すぎるので、中には芸能人化して、つまらない人間がマスメディアに登場している。ここまでくると、指揮者というだけで「たいした人」という評価を変えなくちゃ。
                               おわり

                 美原だより14-11-03へ