14-11-03(2014年 第56号)   
◯3人会温泉ドライヴ  北桧山温泉  10/27〜28 
9月は雷電海岸温泉の「みうらや旅館」1泊だったが、今月は北桧山―合併で瀬棚町内―の「温泉旅館きたひやま」ヘ1泊した。

北桧山は、9月の雷電海岸のドライヴで通った日本海をなお南下したところ。もっと南下すれば江差に至る海に近い町。
ドライバー今野さんが昔勤務した地で、職場の人やあちらこちらの飲みどころとはまだ縁があるよう。で、夜の宴会は北部桧山森林組合の部長さんと4人で大いに飲んだ。

早く着いたので、ホテルに入る前に、地元の十割そばを食べ―自家製の美味しいそばだった―、立象山展望台の眺めを楽しんだ。360度パノラマの絶景。奥尻島が見えた。9月に行った新潟の弥彦神社でも360度パノラマだった。そして、佐渡が見えた。

巨大な雲の微かな切れ目からスジ状の光が海上に注いだ。瞬間的でドラマチック。光芒とか薄明光線とか呼ばれるが、もっといい名前はないものか。火星や月には光條というものがあるらしいが、私は光條をひっくり返して「(雲間)條光」とでもしたらどうかと考えたが…。

日本初の洋上風力発電の風車を見た。新しい風景だろう。私は美しいと思うが、意見はいろいろあろう。ここでは触れない。

日本初といえば、女医第一号の荻野吟子がこの地で診療所を開いたので、顕彰碑と遺品があったが、どちらも看板だけで通り過ぎた。

北桧山温泉は設備の整った温泉ホテルだった。
露天風呂に入り、レストランでビールと地酒を飲んだ。暗くなってから飲み屋さん2軒をハシゴした。

翌日はキノコ畑というのだろうか、椎茸となめこの野外自然(人工)栽培場に案内してもらい、手で「もいだ」(というのだろうか)。初めてのことでうれしかった。
沢山いただいてきた。味噌汁やバター炒めで楽しんでいる。  なめこ

その日は天気激変の1日。面白いように変わる光景を車の窓から楽しんだ。昨夜の初雪が田畑に白く残っていたところへ、雨、風、晴、曇、霙、雪らが繰り返すのである。濃い灰色の雨雲が地上へ落ち、霧となって横に吹く。高い空に残る白い雲、次は部分的だが青い空。めくるめくという形容はヘンかもしれないが、「天変地異」の天変のオンパレード。

地異のほうは、特に日本の政治世界に瀰漫しているか…!? 村上春樹が言う通り「日本の問題は責任回避」(11/3 毎日新聞 インタビュー記事の見出し)。

彼は言っている。「…日本の抱える問題に、共通して『自己責任の回避』があると感じます。45年の終戦に関しても2011年の福島第1原発事故に関しても、誰も本当には責任を取っていない。…例えば、終戦後は結局、誰も悪くないということになってしまった。悪かったのは軍閥で、天皇もいいように利用され、国民もみんなだまされて、ひどい目に遭ったと。…それでは中国の人も、韓国・朝鮮の人も怒りますよね。日本人には自分たちが加害者でもあったという発想が基本的に希薄だし…。原発の問題にしても、誰が加害者であるかということが真剣には追及されていない。…このままでいけば『地震と津波が最大の加害者で、あとはみんな被害者だった』みたいなことで収まってしまいかねない。戦争の時と同じように…」。

◯「方丈記」の講演と朗読  11/1
  古典の日 朗読会 「講演と朗読でひも解く『方丈記』 いにしえに学ぶ」 
  主催 函館朗読奉仕会 共催中央図書館 視聴覚ホール 

図書館横の回転寿司で飲み食いしていたら、1つおいた隣りの席に鳥本さんがいた。ガ・フレが気づき、話しかけた。そして、いま出てきたばかりの図書館のその催しを知り戻ることにした。彼女は朗読者の1人だった。

講師・福島憲成氏―大谷短大学長、松前の専念寺住職、児童劇作家ほか―の話がおもしろく、また、よくこなれていて、時間を忘れささせた。スクリーンに当時の時代相を示しつつ―飢餓草紙、病草紙などの絵―氏の体験した奥尻島地震、阪神大震災、学生と訪ねた3.11大震災の写真を大写しにして何枚も見せてくれたりした。

10人ほどが、解説の段落ごとに読む朗読もよかった。
朗読者や参加者の中に知った顔があった―米倉斉加年演出の芝居に一緒に出たり、別の朗読会で聞いた人など数人。回転寿司で右隣りだった鳥本さんの友人が、講演でも右隣りの席になった。満員で補助椅子がいくつも出された。

かつて、大沼の「リブリ(本を読んでおしゃべりする会)」で取り上げたのは堀田善衛の「方丈記私記」だったが、本文も私は何度か読んでいた。どちらも大好きな本。

「…私記」で印象的な個所を1つだけ上げると、「臠」の字。
1945年3月19日、朝日新聞の見出しの1字で、「御徒歩にて焦土を臠はせ給う」と使われた。昭和天皇が約1時間、 3月10日の東京大空襲の焼け跡を視察したことを報じたもの。ミソナハスと読む漢字。

◯昔のサークル仲間と回転寿司  10/22
50数年前のサークル仲間と突然連絡がつき、やぁやぁ、となり、とりあえず回転寿司で顔合わせ。彼女は20才前後だったはず。だから―言わなくてもいいが―70才を超えている。
ある日、玄関のベルの音で出たけれど、帽子をかぶり、マスクをしていたので誰だか分からなかった。それを取ったら面影が見えた。それからファックスをやりとりし、早速おしゃべりすることに。
この年月をひと通り話すだけでも数回飲まなくてはならない。少し飲めるらしいので、飲みながらの次回回顧談は11月5日と決まった。

◯本の紹介は次号  10/30
「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス―
調子に乗ってまた夜中の2時から読み始め、午後5時に了えた。今回はメモをとり、しかも途中で買い物に出たので時間がかかった。

おもしろかった。25年前に出てよく読まれたらしいが、全然知らなかった。   公団中庭の紅葉 →

SFというジャンルは―私の言い方だと―宇宙もの・怪獣もの・スパイもの・東京沈没―古いか―などの近未来ものに推理ものを含めると、広大な世界になってしまう。私はほとんど読んでいない。カズオ・イシグロの「私を離さないで」ぐらいか!!
                      
                                 おわり

                美原だより14-10-24へ