14-10-24(2014年 第55号)   
 昨日と今日は快晴と無風・微風。昨日は外へ出、今日は布団を外に出した。いい日、ときどき。

◯読者のお便り
「『阿修羅のごとく』、真夜中の12時からぶっ通しで11時間、飲まず食わずでお昼前に読み終えてしまった。すごいお話です。まさに若さ一杯の行動力です。驚きます。それだけ情熱の強さなのでしょう。うらやましいことでもあります。たいへん幸せなことだと思い至りました。いい人生を送られているなぁ、というのが結論になりました。とても刺激的なお話でした。」

ぶっ続けにそんな長い時間、本読みが出来る体力、集中力がすごいです。私は読むのがもっと遅いし、いくら面白いと思ってもそこまではとてもじゃないけど出来ません。驚き。若い。

いつも、軽妙ながら中身の濃いお便り、しみじみと拝読したしました。目覚める思いです。最近は本も読まず、怠惰に過ごしています。

        サイクリング途中の空  10/18 →


   五稜郭芸術ホール 10/23 ↓                         













        団地中庭の紅葉  10/22 ↑ 

                             

◯映画「大いなる沈黙へ」感想の続き――儚儚老随筆 10/21付 参照
タイトルの「沈黙」について、ネット感想の1人は「沈黙」というよりも「静寂」とか「平穏」と書いていた(下のA参照。私は「静謐」とこだわった)。

ここには、無音(=天然・自然音だけ)の世界と、無言(の人=自分)の世界とがあると思う。沈黙は祈りのためである。祈りは信仰(=聖書=イエス)のため。
極端にいうと、この修道院は、キリスト教のある派の教義を選び、それを祈りの対象とした。他からみて、邪教であっても、そんなこと、関係ない。

新入りの修道士に、戒律などを言い渡す院長の言葉は一流とは思えなかった。そんなこと、関係ないのだと思った。それでいい。

私には何かに祈りたい気が出てくることがある。信仰なき祈り。そして、私は自分の無言の日常、日常の沈黙を省みる。値打ちものだった!?

監督が、インタビューで、主人公は観客だと言ったことは意味深長だと思う。
(監督の言葉としてネットにあったものを貼りつけよう。「主人公は観客です。見ている間、自分の中に深く入り、自分自身を新たに獲得してほしい。修道士たちは、他人のようになりたいのではなく、自分自身になるために修行を重ねています。同じ効果が観客の方々にも表れればと願います」)

          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

映画館で出会った知り合いに、ホームページに感想を書いたとメールしたら、彼女から返信あり。転載させていただいた。

「評を書こうと思いながら、言葉にならず、です。「沈黙」という最も苦手とする時の中で感じたのは自分との対話でした。

時は止まっているが雲の流れに世界の動きが感じられ、止まった時の中で、修道士が重ねた時間の中に自分自身が見えてくる…。


修道院の中にいるかと思うと、自分の心と対話する私がいて、美しい風景に眼を戻し、修道院の中にいる自分に気づく。そんな繰り返しの
2時間50分でした。

監督自身も修道士と同じ時間を体験し、祈りと労働をくり返す毎日のなかで撮影したと知りました。

沈黙の中の雄弁、言葉を介さない心のやり取り、神と祈り、自分と対話する厳しさは体から余分なものを削ぎ落していくのですね。削ぎ落すべき多くのものに囚われてる自分はそこに惹かれました」。                            野村保子

          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

以下にはネットから2人の感想を引用しよう。
A
一緒に見に行ったドイツ語の分かる友達が原題の「Der Grosse Stille」について「Stille」は「沈黙」というよりも「静寂」とか「平穏」と解釈しています。だって、修道士はしゃべっちゃいけないかもしれないけど、言葉じゃなくても、すごく饒舌に表現していた気がするし」と彼女は言っていた。たしかに…。

口でしゃべらないから、ひたすら沈黙…というよりもあの修道士さんたちの日常は、目に見えるみんなと同じ幸せがあるかないかとか、お金や財産があるとかないとかじゃなく、世の中の移り行く価値とかを超えてあまりあるすばらしい平穏のような気がする。

それから途中で繰り返しでてくる文章の翻訳が「本当にそんなこと言ってるのかな?」と気になって.気になって…。字幕は「主よ あなたは私を誘惑し、私は 身を委ねました」なのだけど「えー?神さまは人を誘惑なさらない」って新約聖書ヤコブ1:13に書いてあるんだけどなー、聖書の思想と矛盾するじゃんかとそれに修道士さんたちが誘惑されているようには見えないし
B
まず印象に残るのは、タイトルにもなっている沈黙の力である。修道士が会話を許されるのは、日曜の昼食後に限られている。静寂に包まれた空間では、床の軋みや衣擦れ、薪がはぜる音、深々と降る雪や風の音、鳥の声や虫の羽音などが、心に深く響いてくる。

映画を観ているうちに、私たちは時間の観念が揺らいでいくのを感じる。修道士たちは1度に3時間しか睡眠をとらず、17回、房で祈祷を行い、朝と晩に礼拝堂でミサを行う。それが繰り返されるうちに、明日や1年後、10年後といった時間は意味を失う。始まりや終わりという意識もなくなる。私たちを縛る時間の外で儀式を繰り返す修道士たちのリズムは、自ずと彼らを取り巻く自然のサイクルに近づいていく。そんな特異な感覚に触れたとき、老修道士が穏やかな口調で語る「死を恐れることはない」とか「神に近づく」という言葉の意味がわかる気がしてくるのは筆者だけではないだろう。

                                   おわり

        ← 儚儚老随筆2014-10-21へ  美原だより2014-10-16へ