14-10-16(2014年 第54号)   
◯金子兜太からハガキをいただく  10/16  

嬉しいことにまたおハガキをいただいたので、そっくり転載させていただきます。
付け加えることもコメントもありません。読んでくださるのがうれしいです。

私は兜太さんとのおしゃべりを思い出したり反芻したり…。
そう、私に都合のいい話を思い出した。

兜太さんが、同行のM子に向かって、この男、優秀だったんですよ、優秀だったはずだよ、当時高校から日銀に入るのはよほど優秀なヤツだったんです。入ってからはもう、学閥人事でどうしようもない、出世とは無縁だったがね。

止せばいいのに私がそこで、組合もやったし、と言ってしまったこと…。


◯断水の一日  10/15
やや安定した天気が続く。晴れの日が多い。風の強い日もあり、ときには雨もあるが、それでもこのところ心地いい。
深秋というか初冬というか、束の間の―多分―うれしい季節。

15日は年に一度の断水の日。貯水槽の清掃。朝9時から午後5時まで。
家にいられないのでサイクルで外に出た。11時半、快晴。
                   
図書館を目指した。暖房が入っている…映画でも見ようか、と。

途中、郵便局でホームページのコピー19通を投函。ついでに、おしゃべり貯金箱・バンクマンが5万円になったと告げたので、全額取り出し持参した。取り出す前、ちょっといじったらヘンになったので、そう言って数えてもらったら41千円しかなかった。一応預け入れた。
                   夕日に映える赤松の肌  五稜郭公園  10/12
図書館は休館日。しまった。物忘れ、というヤツ。ブックポストに入れて返却。

五稜郭の外堀を一周し、図書館の駐輪場にサイクルを預け、徒歩でまた一周。12時10分から32分まで、毎回同じ所要。

それからJR駅前のデパートを目指した。棒二森屋のドンクでパンを買った。カールレーモンでソーセージとサラミを買った。キャンデーを買った。

腹が減ったので「津軽屋食堂」へ入った。以前から一度入ってみたかった店。昔の定食食堂をイメージしていた。実際はこぎれいな食堂。
入ってすぐ左のガラスケースにおかずが並んでいる。イカ刺しとあったので、イカ刺しあるのと訊いた、つまり、ケースの中は見本だと思ったわけ。それは実物だった。「活き」を心配したが新鮮だった。450円。それときんぴら、風呂吹き大根、ポテトサラダ。
テレビを背に、前の通りを見る席で、生ビール一杯と千歳鶴一合。ゆっくりした昼飯。これで1800円。

ほろ酔いだから、ゆっくり漕いだ。だらだらの上り坂も押し歩きせず、漕ぎっぱなしで戻った。3時半。洗濯ものを取り込み、北美原温泉に行った。夜のこむら返りを心配し、露天風呂でちょっと体操。5時過ぎ帰宅。疲れたので、椅子でしばらく休んだ。定量晩酌をこなし10時45分に寝た。こむら返りは、翌晩または翌々晩も危ないから要注意。

◯読者のお便り
「…良い旅、良い同窓会、うらやましい限り。やはり最後は友ですね。
 皆野の句碑めぐりと兜太氏訪問、これも実りある一日でしたね。特に兜太氏訪問記、和やかで心のこもった会話が生き生きと伝わってきました。氏の語り口や笑顔まで浮かんできました。氏に対する気持ちは、傾倒、私淑―でもないかな―いずれにしても尊敬する氏が身近にいるということは素晴らしいこと。これは資質の問題、望んでも得られるものではない。
 (こちらも職場の)同窓会があった。今回が最後の集まり。23名でスタートしたが、最終回の出席者13名、奥さん介護のため欠席した人3名。もうこういう齢になると、何が起こるか分からないと誰もが言っていた。まあ、その通りだ。…」

「『旅』拝受。金子兜太氏に心酔している様子が強く伝わってきた。胸打たれた。
 ホームページを見せてもらう度に感じるのだが、写真を本当にきれいに撮る。感じ入り、楽しませてもらっている。
 句碑「夏の山国母いて我を与太という」。充分に分かったとは言えないながら、ジーンときた。何回も見た。何回も眺めた。旅、楽しかったようだね。五合庵の写真、これも何回も眺めた。思い描き、想像していたより明るい庵なのにひと安心。ホッとした気分でいる。妻のこと、心配していただきありがとう。以下略

「『旅』ありがとう存じました。いろいろ多方面のご活躍の集大成の事前の"中締め"といった感じでしょうか。いずれにしても内容豊富な記録で、楽しく拝読しました。それにしても95歳の大人の日常ぶり、見事な様子ですね。なによりです。秩父が一層身近になりました」
                                  おわり

                 美原だより14-10-13へ