14-10-13(2014年 第53号)  
◯「金子兜太先生句碑めぐり絵葉書  平成26年9月23日 95歳 御誕生日
  ―秩父音頭と俳句のまちみなの」

8枚セットの絵葉書が発行された。作成した「やまぶ 新井武平商店」(皆野町)社長新井藤治氏から2部贈っていただいた。
句碑めぐりのアルバムになかった2枚(左は文字が読めなかったので)を掲載させてもらいました。
   

◯大出先生からお便り   10/11
ファックスの故障で気がつきました。ファックスは手紙を書く心を放逐してしまいます。もうやめます。

 ← お手紙の1ページ目は句碑!?と詩

句碑は
「サーカスの揚げ幕だよネ 美原便 さっ平」と読める。句碑のパロディか。句碑の下に詩。そして、「句碑の前にたたずむは月よりの使者」と。

「さっ平
 鼻たれ小僧のころ
 村祭りにサーカスが来た
 空中ぶらんこの
 いいとこだけを
 ちょっと覗かせて
 スルスルッと落ちる」

「…『立小便がてら』と事もなげにおっしゃるけれど、這いずり回っていたさっ平の第一目標、それは立小便でした。放射線治療の終わり頃から続いた血尿が止まったのは、9月の末。6カ月以上の苦闘でした。先日、◯◯◯で立小便に成功、涙が出た」(「立小便がてら」とは、私が秩父・皆野駅へ立ち寄ったときのこと「美原だより」第47号参照)

「さっ平の業績なんてもの、ありませんよ。運慶のノミは審也さんであり、二つの明るい星が照らし出しているのです」(同上 参照)。

さっ平さんも「美原だより」をよく読んでいてくださっている。
さっ平さんには前52号、45号、金子兜太とのおしゃべりの中でも登場いただいている。
                                   おわり

                    美原だより14-10-07へ