14-10-07(2014年 第52号)  
◯或るやりとり
「美原だより」第45号に「大出先生の『お話』中国で出版」と題し、中国の作家ルー(陸)さんが刊行した中日対訳本の当該ページを掲載させていただきました。
その経緯については、大出先生からのファクシミリをそっくり使わせてもらいました。
下のコピーは、日本語部分だけを切り貼りしたものです。
それを読んだHさんこと氷室寿美さんが、書き写し、考え、その感想を私にメールしてくれましたので、大出先生に転送しました。
大出先生が彼女の感想について、Hさんに葉書を出しました。

 その「お話」とHさんの感想と大出先生の葉書をここに掲載させていただきました。

① 「イチゴのスープ大出哲   再掲 画像が汚れ、済みません

     

Hさんの感想
大出先生のお話ポエムありがとうございました。紙に書き写し、しばらくぼんやりしてました。

とても深いですね。哲学ですね。
人間は命あるものを殺し、食べなければ生きていけない。

生きるための矛盾。
押入れのなかの少年に胸キューンです。

冬から春になって、
食べておあげよ、食べておあげよの雀に救われ、
豚汁がイチゴスープになって救われました。

白い雪に赤い血、白い花が赤いイチゴに。

③大出先生の葉書         

 …いいやりとりだと思った。美しいとさえ…

   *****   *****   *****   *****

ちょっと古くなったが、秋の雲の写真を3枚。意味なし。

  
     夕焼け  2014-09-13               夕焼け  2014-09-20 
  朝焼け  2014-09-21

◯日常に戻る
この「…たより」で3回も、旅、旅、旅と大げさに書いたが、日常に戻った。
台風が来る前日の5日に、久しぶりにサイクリングした。五稜郭へ行き、外堀を1周して図書館に寄り、1冊借りて戻っただけだが、その夜、寝付く前にこむら返り。慌てた。
整理体操らしいものをやって、なんとか収めたが、朝の体操を怠らないよう心がけていてこの始末。
動くところは全部動かす―曲げる・回す・伸ばす―とはいっても、耳は引っ張り、穴には指を出し入れ、顔面はこするが―そう豪語している割に効き目がない。
1時間かけても、もうこのフルコース体操はできなくなった。油断すればすぐこむら返り。老体に無理がかかっているのだろう。

東京でも歩くことを心がけたが時間がなかった。
永田町のホテルから日本橋三越まで、日本橋三越から銀座7丁目ライオンまで、三菱一号館美術館から銀座7丁目ライオンまでの短い3回。

「日常」といっても簡単にはいかない。日常に戻る、ということは、「日常すべてが旅」の日常、金子兜太の新著「日本行脚 俳句旅」の帯にそうあるから。
「北海道篇」
の中に、正津勉の解説としてこういう文が―
「兜太は、ごく短い旅ながら、でっかい北海道をでかく、しかも深く詠んだ」。
そこでとりあげられた中の一句は、私の好きな句。
 「馬遠し藻で陰洗う幼な妻」
―解説に、「馬遠し」は北海道の大地。海につづく。…新鮮なエロス、と。

9月の旅「その3」は、雷電海岸だった。日本海の水平線をたっぷり見続けた。180度に近い視野。海と雲だけだがドラマ(チック)。そして、ライデンという響き。
  (雷電の起源はアイヌ語の「ライ-ニ(枯れ木)」「ラ-エンルム(低い出崎)」説がある)(ウィキペディア)

◯読者のお便り
「旅 その3」は、さらりとしたいい紀行文でした。今野さんはオバサンのように買い物をする人なんですね。阿部審也も釣られて買って、でもいい買い物で―。
「旅 その1」兜太さんの文章はやはり力が入っていましたね。会話の妙はお得意とするところ。阿部審也のよさも、ちょっと厭味なところも出ていて面白かった。なにしろ天然の人だから。

雷電の温泉ドライブは随分と大ドライブだったのですね。いい湯だったようで…。今野さんⅠ人の運転でしょう?お元気ですね。
3人で、飲みたいだけ・好きなだけ・誰にも何にも言われず飲むことが出来たのだからみな満足したでしょう。
海岸線を走り、水平線を眺め、海が広く、広い空の雲を眺め…という光景が目に浮かびます。そして、いろいろと買い物も楽しみ、607080代の男旅。いい旅でした。

いつもながら大変なボリュームで驚きます。天皇陛下と同じ年ですか。若々しく、万年青年ぶりも驚きです。それに、いつもながら写真が美しく出来上がっていることも敬服しております。函館のグルメサーカスのにぎわいが聞こえてきそうです。

再三生き生きした知性あふれるお便りをいただきながら、返信も致しませず失礼いたしております。私めも齢90歳。ご多分に洩れず、物忘れのひどいこと、午前中の出来事が夕刻になると、もうすっかり忘却の彼方。買い物に行けば、必ず2、3品は忘れてくる始末。

 昨今は室内でも手押し車で狭い部屋のあちこち押しながら雑用をどうにかこなしている有様。老婆の生活は哀れなものです。

 ヘルパーさんが週2回来てくれますが、掃除機でがさごそ表面を押して回るだけ、これで掃除かと、内心イライラ。

 昔読んだ有吉佐和子の「三婆」の心境です。そんな次第で料理のほうは体よく断わっていますが、最近は出来合い品が多くなりました。

 視力も落ちて、昼間でも明るいところでないと活字は読めません。昔親しかった友と時おり電話で話す程度。過去を懐かしむ話題ばかり。

 阿部さんは余すところなく人生を謳歌していて、まるで生き生きとした青年。人との交流がないと呆ける一方です。

 その日その日をどうにか生きている有様。高円寺時代も、遠い夢のまた夢です。それにしても、90歳とは長生きしたものです。右、ご返事まで。くれぐれもお大事に。飲めるうちが花でしょうか。

自分でもいささか弱気と思いますが、70の坂をはい上がるのは、こんなにもしんどいものかと実感しています。それだけに阿部さんの元気さは、私にとって目標です。万分の一でも追いつかねば、と思っています。

お元気ですね!!「美原だより」いつもありがとうございます。第30号(9/1付「儚儚老随筆」)の"朝焼け"の写真、いいですね! なんの飾りもなく、自然と阿部さんの心が本当によく溶け合って、いいですね! 壁に貼っておきます。 

           *****   *****   *****   *****     

6日、暖房の試運転。全室暖かくなった。電気カーペットは机の上でスイッチできるよう配線。部屋履きを出した。
7日は衣替え。先ずは温泉の朝風呂から。台風一過、終日快晴で絶好の日和。
                                     おわり

                   美原だより14-10-06へ