14-10-06(2014年 第51号)   

                    (Ⅲ 東京の4泊の続き)   


 9月の旅 その3


  Ⅳ 雷電海岸温泉の3人会

 22日に東京から戻り、1日おいて24日、例の3人会で温泉ドライヴ。第1回は今野さんの親せきの旅館「みうらや温泉旅館」で1泊した。いい温泉だった。リピートしたい秘湯。

 岩内から海岸沿いに走り、山側に少し登ったところ。海に向いた正面右側に露天風呂が見える。日本海を見下ろす出っ張り露天。

 内湯は熱いから水でうすめる。露天はぬるめで、長く入っていられる。

 なるべくコンクリートを見せないように大石を組んだ手作りの露天風呂。後ろは山と林。

 木の葉が浮いている。その自然がいい。湯は無色透明。全部自然。境い目はない。私も自然。快適そのもの。3人で、のんびりゆっくり浸った。

 熱い内湯に入り、垢すりで全身を洗った。東京を流してしまったろうか。

 大壜のビールを5本飲んでから食堂へ行き、お銚子で日本酒を12本飲んだ。
 料理は見ただけで食べきれないと分かる量。いくら、たらこ、うに、あわびだけでも色鮮やか。かれいの煮つけで腹はふくれ、そこにはまた大鍋の浜鍋。

その日、ここへ来るまでが大ドライヴだった。

今野さんが途中、知り合いに椎茸を配って回ったのだ。着いた旅館を含めると5カ所。 一穂さんによると、彼は付き合いが広くマメだから…。コースもその分増え、走行距離は2日で800キロ。

先ず、七飯町の福田農園で椎茸を10箱仕入れた。売れ行きがよく、生産が間に合わないらしい。予約しなければ手に入らない。東京の高島屋や東武デパートの物産展出品のスケジュールがびっしり。予定表の中にはイタリア料理店「コルツ」の名もあった。私も小袋を3個買った。椎茸の粉末をサービスしてくれた。

飲み物も仕入れた。一穂さんの好きな焼酎と、ヱビスビールや私が新潟で飲んできたばかりの日本酒「菊水」。

翌朝、3人とも、よく飲んだ、飲み過ぎだ、などと言いながら、風呂上がりに朝からビールを飲んだのであった。

帰りは西の海岸線を走った。その日はトンネルの多いコース。長いものもたくさんある。トンネルによって地域がつながり便利になっている。

 水平線を見て飽きなかった。ほぼ180度の水平線。海が広い。雲の巨塊も海上のほんの一部を占めるだけ。

 白の下に灰色の雲。上下2層に、くっきり平らに広がっている。中空に浮かんでいる横長の雲塊を、横から見ている。目盛をつけた竿を海面に立てれば高さが読めるといった光景。

 海岸沿いの海産物直売所に寄った。今野さんはポリスチレンの大箱いっぱいに買っていた。付き合いの広さが分かる。私も昆布、するめ、塩辛を買い、別の土産店で貝柱などの珍味を買い、今野さんが知り合いの農家に立ち寄ったときは、私もついでに、いま精米したばかりの新米を5キロ買った(早速食べ、新米は旨いものと知った‼)

 太田山神社でひと休み。今野さんの計算では、階段は千段ぐらいあるのではないかという。見上げても上は見えない。昇ったとしても降りられなくなるだろうという。老人の膝は降りるのに弱い。

すぐ先のトンネルの手前に円空仏の保管場所があったので、行ってみたが、そう簡単に見られるものではなかろうという予想が当たって、無人の小屋があるだけ。しかし、辺りは厳しい岩場の絶景の地。

 寿都、島牧、茂津多、大成、熊石、乙部と来て、江差の手前で海と別れ、厚沢部のほうへ曲がり、銀婚湯温泉を経て八雲に出、赤井川で一穂さんを降ろし、はる枝さんにお茶をご馳走になり、大沼公園の沼の家で羊羹を買い、赤川団地まで送ってもらった。

 60代と70代と80代の旅。

 疲れは遅れてやってきた。26、27日は、何もしなかった。28日、ようやく体調が戻った。
                                  おわり


 お断り 「最新の情報に変更」することができず、改行の一字空けなど不統一。

                 美原だより14-10-02へ