14-10-03(2014年 第49号)   
 
                   「皆野の金子兜太句碑めぐり」の続き 

9月の旅 その2


   Ⅱ 長岡・弥彦 同窓会の旅

毎年2月の同窓会に加え、今年は久しぶりに1泊旅行をした。
 1年先輩1人、同期2人、1年後輩1人、2年後輩の女性2人の6人。
 女性の1人が結婚し長岡に永く住んでいるので、彼女の顔とスケジュールによって、宿泊は弥彦温泉。当日と翌日の観光は、老人向きのゆったりしたもの、私にとっては豪勢な旅だった。             (写真は別項にまとめましたのでご覧ください)

燕三条駅で待ち合わせ、貸切タクシーで良寛の五合庵へ向かった。

その前に、それまでの経緯を簡単に…。
 前夜長岡に泊まった私と当日栃木から一列車早く着いた女性と地元長岡女性の3人は、長岡から一駅乗って定時に出迎えたが、残る3人が乗った新幹線は、東京駅のボヤ騒ぎで1時間50分遅れとアナウンスされた。大幅といっても、とんでもない大幅。

 昼飯どきだったので食事にした。長岡女性の顔が利く駅構内のレストランに入った。定食とビールと酒を注文した。すると板前さんがあいさつに来た。やがて酒と刺身が差し入れされた。一口飲んで、思わず「宝石だッ」と声が出た。美しい宝石を融かして酒にした絶品。旨いの何の、とんでもないお酒。
 そして、飲み切れないで退出した悔しさ‼

 も一つ言っておきたいのが前夜のこと。

函館からだと当日の燕三条の合流時刻に間に合わないので、長岡女性の助言で前日に出発し、長岡に泊まることにした。宿を彼女に任せておいたら、ホテルニューオータニに予約してくれ、宿泊・食事代とも支払済み、そして、心遣い一切不要との手紙。
そうはいかないとしても、とりあえずは好意を受けることにした。夕食は何もかも心得た仲居さんがサービスしてくれた。独りなのでテーブルに夕刊を配達!してくれた。
中トロのお造り、イカの一夜干し焼、香の物盛り合わせで、ビール2、酒2。

翌朝のバイキングでおどろいたのがご飯の美味しさ。コシヒカリだったが、本場のそれはやはりちがった。とんでもない美味ご飯。

   ↑朝、長岡駅前通りを散歩して…

 というわけで、ほぼ2時間遅れのスタートとなった。

その日は国上山(くがみやま)国上寺(こくじょうじ)と良寛の五合庵へ行った。それから弥彦山麓の弥彦神社に参拝し(私はぎこちなく頭を下げるだけ)明るいうちに、鳥居すぐ近くの温泉宿「みのや」に入った。露天風呂を楽しみ、宴会となった。格調ある宿だった。

       
     

宴会の話しの一つに、同期の後登が書をやっていて、何かのコンクールで優勝したというのがあった。そりゃ、大したものだというので、ここで何か書いてくれ、となり、私が持ってきた半紙と筆ペンを出した。じつは栃木女性が書家なので、揮毫をしてもらおうと用意してきたのである。しかし、彼女はそういう場では決して書かないというので、私と後登が適当に書いて遊んだのであった。歌も踊りも出なかった。部屋に移って2次会をやった。

 翌日は日本海側の弥彦山に行った。

 360度回転展望塔パノラマタワーなる乗り物があり、佐渡島と弥彦などの山なみと黄金色の稲田をグルグル見せながら昇降するのであった。天気も良く、佐渡と日本海とその反対側の越後平野が交互に眺められた。米どころを、なぜか祈るような気持ちで見下ろした。

 それから「カーヴ・ドッチ・ワイナリー」に寄った。面白いところで、いろいろな建物が集まっている。コンサートやウエディングホールがあり、ワインショップ、ガーデン・レストラン、ガラス工房、古民家を改築したハム・ソーセージ工房など、どれも魅力的なたたずまい。
 あちこちに顔を出し、一軒で私がハム・ソーセージなどを買っていたら、長岡女性が同じものを買い、それをなんと(内緒で)私にくれるのであった。私が好きなものと思ったのである。いよいよ恐縮した。

 ドライヴを続け、次は田ノ浦温泉の割烹「かわい」。
 昼間から温泉に入り、豪勢な料理に舌鼓を打った。カニ一匹だけで腹がふくれ、ほかのたくさんのご馳走は持て余した。少しは折に入れてもらったが、またも悔しい思い。

 寺泊などを経て長岡駅まで。そこで長岡女性とさよなら。
 4人は予め指定席券を買っていたが、私はその場で自由席券を買った。編成の半分の車両が自由席で空席があったので、彼らも自由席に来、おしゃべりしながら戻った。長岡から東京まで1時間とちょっと。私には信じられない速さ―時間も時代のスピードも。

一方に、このような形で約70年も続いている同窓会という存在。不思議な思い。長岡女性とは、たしか卒業以来の対面だから60数年ぶりだった。何の違和感・隔てもない。

 来年の旅行は栃木と決まった。市内を回ってから奥鬼怒に泊ろうか、などと話が進んだ。

今回の旅行は、永久幹事鶴見が急病で行けなくなり―彼は介護が必要になるかもしれないという―何か物足りない思い。上は80余歳、下も80歳近いから、先のことは分からない。

以下は蛇足になるが、長岡旅行と聞いて、私は河合継之助の名前しか思い浮かばなかった。山本五十六の出身地とも知らなかった。前日に着き、早速案内してもらって記念館を見学したが、死の直前直後の資料等はなかった。なんというか「惜しい人物」だった。世界戦争ともなると、戦争は終わらないものと知る。

 それより、といっては失礼かもしれないが、私は近辺、といっても広い範囲だが、良寛以外に、信濃柏原の一茶、越前吉崎の蓮如、彼と袖触れ合った一休を思い浮かべた。

行く前に良寛全集、中野孝次「風の良寛」、水上勉「良寛」「一休」、金子兜太の一茶関係書などを、少しばかり読み直した。
中では、分からない男として、良寛は好きではなかったのだが、読み直しているうちにだんだん好きになってきた。

国上山(くがみやま)中腹の茅屋五合庵は、良寛が如実に、というか、現実に、現われ出る小屋だった―良寛がいた

← 五合庵

自由で、気ままで、貧しくて、明るい人だった。人に好かれる男だった。欲が、ないといっていいほどの小ささ。学業・修行の蓄積あってこその…。
 私の周りには、良寛、一茶、蓮如、一休が動いていた。中近世の先人の生きザマを想像させてくれた。

          Ⅲ 東京の4泊

永田町の全国町村会館に泊まった。ときおり、街宣車の大声と軍歌と警察車のスピーカーの音が聞こえた。デモの声は聞こえなかった。

18日、永田町の駅ナカでマ子と会い、黒ビールを飲んだ。私にとって駅ナカで黒生が飲めるとは、僥倖、といいたいところ。しかもライオンより少し安い。味はやや劣るが、いいことは、永田町の駅ナカだから、チケットは買うが、改札でその旨を告げ、出る時は払い戻してもらえる。つまり、交通費ゼロ!

19日、日銀同期の親友と日本橋の寿司屋の小上がりで2時間半歓談した。
 日銀OBでいまも付き合っていると言えるのは、金子兜太と彼ぐらいか。ほかにホームページのコピー送りや年賀状のやり取りをする人が少しはいるが…。

80爺が2人で休みなくおしゃべりする。楽しいものだ。首相の顔が映るとテレビを消すという。ラジオで声が聞こえると消すと答える。最近彼は何事であれ積極的になってきたよう。パソコンを本格化しようと、部屋の移動・模様替え・新規配線などに取りかかったという。何でもすぐ検索できるよう、また、私のホームページもすぐ見られるよう「お気に入り」のことなどを教えた。政治のダメさが彼をインターネットへ誘ったか。
 よくしゃべった。近年は彼のほうが多くしゃべるのではないか。2時間半では足りなかった。「語る
兜太」の感想もしゃべりたかったと彼は言った。残念。翌日に金子兜太の句碑めぐりを予定していたし、前日までの旅の疲れもあって、酒もお互い300cc一本で切り上げた。

別れる直前、三越ライオン像前で偶然、日銀売店帰りのOさんと出会い、しばし立ち話。

21日、12時から銀座7丁目ライオンでHさんと飲み食いした。はじめ、ホテルオークラ近くのレストランで食べようかと言っていたのだが、私が黒のお代わりをしたので、彼女も(やむを得ず)腰を落ち着けた。いろいろとおしゃべりしながら4杯半も飲んでしまった。しかも、おごってもらっちゃった。

 そこへ行く前、彼女の勧めで三菱美術館のヴァロットン展を覗いた。よかった。いい妖しさとでもいおうか。多才で、作品にストーリー性がある。
 混んでいて、入るにも、入場券を買うにも行列。約束の時刻が迫り、文字通り、覗いた程度。カタログは完売。北斎のボストンもの展も見られず、展覧会はこれ一つ。そして1600円は高い。始まったインフレは、激しいものになる。便乗、下方硬直=高止まり、騙されやすい性、抗議しない性。

Hさんは翌朝、ホテルロビーに来てくれ、空港までキャリーバッグを持ち運んでくれたのであった。                                                                     この項おわり

        アルバムへ   美原だより9月の旅そのⅠ