14-10-02(2014年 第47号)  
 

               旅    別のソフトから移したのでレイアウトが異なります

 9月の旅 その1

長岡・弥彦の同窓会と皆野の金子兜太句碑めぐり

 9月16日から22日まで、短い旅をしてきた。
 7カ月ぶりの、行先も2か所の短い旅だったが、どちらもよかった。
 1日置いて24日は1泊で道南の雷電海岸へ行ってきた。

 まず、アポイントなしで金子兜太の自宅を尋ね、たまたまその日は自由時間があって「お前さん、勘がいい」と言われ、2時間に亘ってお話しすることができ、望外の幸せをいただいた。そのことから書きたい。

1 金子兜太とおしゃべり2時間

              9月20日午後2時から4時まで
                                        同伴のアマピアニストと2人で

氏は次の仕事のことで電話中だった。門柱のところから声が聞こえた。呼び鈴を押すと、しばらくして知佳子さん(子息夫人)が出てこられたので、先刻秩父の新井さんのところからお電話した者ですが、お宅にまで来ることは約束なしですし、お顔を見るだけでもと思って…と言うと、取り次いでくださり、奥のほうから大きい声で「上がってもらって…」というのが聞こえた。

床の間の軸は、林林の「時代精神」。見ながら待った。

          応接間で

いかにも上等と分かる濃紺の藍染の作務衣で現われた。
 まず、「先に小便してくるからな」と言った。

戻ると、「お前さん、勘がいいな。明日だったらだめだった、今日だからよかった」と言う。こちらから言えば「運がよかった」。

氏は数日前に私に電話をくださっていた。函館に戻ってその留守電を聞いたら、椋神社の句碑を見に来るのは何日だ。20日か22日か23日か、近くに知り合いがいるから連絡しておくから、というものだった。恐縮した。

話しは前後するが、その知り合いの方と、先刻偶然に会い、話が弾んで、その場からケータイで金子兜太と話すことができたのであった。

ここで簡単に説明しておくと、私は第1番に、有名な「おおかみに蛍…」の句碑を見に行った。写真を撮ったりした後、その神社と道路を隔てた向かいのお宅の庭に別の句碑があるのを予め見つけておいたので、写真を撮らせてもらおうと入って行った。そして、その方の車で5カ所の句碑などを案内してもらったばかりだった。

 兜太さんとの話しは、どう始まったか、もう忘れたが、

 「岩波書店から刊行された『語る 兜太』は、写真入りで大きい広告が出ていましたね」と言うと「よく売れていて、もう3刷だ」という。そんな話から始まったと思う。

黒田杏子のこと

「『語る 兜太』は、聞き手が黒田杏子で、『…養生訓』もそうでした。また、佐々木幸綱との対談『語る 俳句 短歌』では同席というより、全体には鼎談の趣きもあり、彼女は金子さんとぴったりですね」というと、「彼女は優秀です」と、それからしばらくは高い評価の話しとなった。

 どこまで言っていいか、と思うが、べ平連の―と金子兜太は言った。懐かしい響き―小田実が病気になったとき、聖路加国際病院小児科部長で俳人の細谷…と言いかけたとき私が、「喨々」と続けたら、「よく識ってるねぇ。黒田杏子がその細谷喨々と知り合いだから、そういうこともあって入院できた」と教えてくれた。「あそこは何しろ高いんだよ」など。

 付き合いが広く、行動的で、ひとの世話を焼き、面倒見がいい。句もいいのだが、なぜか評価が低い、もっともっと評価されていいのだが、なぜかな、と首を傾げた。

 彼女は全国を歩き、吟行し、本もたくさん書いている。「秩父三十四札所巡礼もし、三十三番に句碑を建てた…私は最後の三十四番」。

 彼女は博報堂の編集者でしたね、というと、「そう、社の広報誌の編集長もやった、お前さん、よく識っているな、物知りだな」とからかわれた。

 また、『語る 兜太』では、黒田杏子の企画力と、編集の高村さんがいかに力を入れてくれたか、そのめぐり合わせについても、熱く話してくれた。岩波の高村さんは、小田実の紹介で黒田杏子と縁ができたというつながりもまた「すごい縁」というべきだろう。

 話題は自由に跳んだ。たとえば書―。

  書のこと

トラック島の部下だった書家のこと、結社誌「海程」の書のこと、野口白汀のこと。白汀の字はいいと言った。私も好きな字。
 彼は早くに亡くなったが、近くにいたこともあって、親しく付き合っていたという。

私は白汀の弟子を知っていて、その女流・大谷清照から聞いたのだが、書の展覧会場で金子兜太と野口白汀が語り合っているとき、思い切って、阿部審也を知っていますと言ったら、金子兜太に「おお、そうか」と言われ、しばらく立ち話ができ、先生や相弟子の前で面目を施したという。

 金子兜太は墓を建て、皆子夫人が最初に入り、自分が2番目に入るという。その墓の字が野口白汀…「今度きたとき、お前さんに見てもらいたい」と言ってくれた。

 長居は出来ない、してはいけないと思い、そろそろ、と言うと、「今日はまだいい、オレ今日は何もなくて、時間があるんだ」と引き留めてくれた。うれしいことだった。

本のこと

 門のところで聞こえた長い電話は、次に出される本のことだった。
 「打ち合わせが面倒でね、噛み合わない点もあって長くなった」ということだった。
 出版のペースにもおどろく。

 しかも、いよいよ退出しようとしたとき、「じゃぁ、新しい本を差し上げましょう」と、別室に本を取りに行こうとして、低めの椅子からすいと起ち上がった。
 奥からすぐ知佳さんがやってきたので彼女に頼むことにして、本2冊、サインペンも一緒にね、と声をかけて戻ってきた。
 ここで書いておくと、最後も椅子からすいと起ち、玄関まで見送ってくれたのであった。

サイン入りで2人がいただいた最新の著書は、「日本行脚 俳句旅」」(正津勉 構成)
 正津勉はいい詩人だから、これから注目しておくといい、と教えてくれた(帰宅して読んだら、なるほど解説も構成もいい。詳細後日)

 ほかにも、兜太のいろいろな著書の話や黒田杏子のことなどが出て、「よく読んでくれているなぁ」「よく憶えているなぁ」「物識りだなぁ」などと繰り返された。

私の「美原だより」「儚儚老随筆」などにも話が及び、私が、「兜太さんがよく読んでくださっていて、とてもありがたいです。ひそかに自慢しています」と言うと「ああ、読んでいるよ、勉強にもなっている。特に、本の紹介・感想がいい。あれを読めば(自分では)読まなくてもいいくらいだ」。

  尿瓶とふんどし

 尿瓶の話しも出た。金子さんのおかげで有名になったのではないですか、句もお作りになり、何かの賞品に提供したということもありましたね、と訊くと、「(たしか)新潮大賞だったな…それでも、普及しないね、便利なものなのに、なぜかな」と言う。私にも分からない。女性用の尿瓶の話しも出たが省略。

また、ふんどしが使われ始めたのではないか、特に女のふんどしが、少数ながら隠れた人気になっているらしいと、私が「てての会」を念頭に話しかけたが、女のふんどしには反応はなかった?

病気と老いの踊り場

先ごろのご自分のすい臓手術にも触れ、その後のこととして、兜太さんが言う。
「この前病気になったときは、そろそろか、と思ったが、最近は、もう少し生きるね、もう少しこのまま生きそうな気がするね、生きるね」と。

 何とも頼もしい言葉が続いた。こちらが元気になる。

私がそこで珍説を出した。老化は、下り階段を順々に下りて行くのではなく、ある時期、体調が落ち着いたりして、踊り場というか、しばらく安定的に推移し、そしてまた、次の階段を下りるということがあるのではないか。ちょっと調子がいい、と思う時期があるのではないですか、と言うと、兜太さんは「それは余裕だな」と言った。私がまたくどく―老いの不規則階段を説明すると、また「余裕だな」と言い「私にはないな」と言うのであった。

 私は氏を金子さん、兜太さんと使い分けて話したが、決まりはない。日銀時代または私的なときが金子さんで、退職後または公的?なときが兜太さんか、それもヘンなのだが、とっさにはどちらかちがう呼び方になるのであった。しかし、先生とは口から出ない(ほかの人と金子兜太のことを話すときは、相手に合わせて先生と言うことはあるが)

 兜太さんも私を、お主、お前さん、アベちゃん(昔の呼び名)などと言うのであった(手紙では「貴公」が多い)

 話はまだまだ…。たとえば、先刻会ってきた老舗・秩父味噌創業者2代目新井藤治さんのこと、札幌のさっ平さん(大出哲先生)のことや、「海程」同人たちの思い出話もあったが、とても書き切れない。

  同伴への心遣い

ところで、その日私は真知子さん(以下M子)の運転する赤いマークXの助手席に乗ってここまでやってきた。

M子も金子兜太ファンであるが、お会いできるとは思ってもいなかった。私もお宅の周りを一周するくらいだろうと話しておいた。応接間で3人で話すことになろうとは私もM子も想像していなかった。

 話の大方は2人の間で続いたが、兜太さんはM子にも心を遣ってくれた。
 直接話したり、間接的に私のことにふれたりしてくれた。
 どこからそういう話しに入ったか忘れたが、兜太さんが
 「お前さんは昔からモテる男だったな」と言ったとき、M子は
 「いまもモテてます」と答えて私を笑わせた。
 続けて兜太さんが
 「自分からは追わない、女のほうからやってくる」
 などと言ってから、ふたりの間で
 「この人の話、おもしろいでしょ」
 「ハイ」
 「話が飽きないんだよな」
 M子が亭主もちと知って
 「でも亭主は何も言わないでしょ」
 「ハイ」
 「自由な生き方をしている現代女性ってとこだな」
 それから私のことを
 「信用できる男だから…」
 と言って、私をドキッと?させるのであった。

        

M子の兜太ファンぶりは、たとえば、自分で選んだ百句以上を手書きで写し、暗記したほど。最近の著書は大方読んでいる(私は90句の暗記に挑戦しているがいまだに完ぺきではない)

また、M子は大出先生のファンでもあり、大出先生の話のときには、コトが許せば先生の業績をまとめて書きたいと言った私に、兜太さんは「彼女が手伝ってくれるよ」とまで言うのであった。

後日、M子からのメールにはこうあった。くすぐったいがそのまま書くと、
「一生お会いできる機会はないと思っていた金子兜太さんにもお目もじが叶い、素晴らしい体験が増えました。しんやさんのお陰。本当にしんやさんのお陰で私の人生は変わった。言葉には尽くせない、なんて…」
また、「兜太さんが『能天気』という言葉を使ったのを覚えていますか。しんやさんが、『何でも自分でやっている。自由にやる、それがよくって…』と話したとき(多分)、兜太さんが、『そういうのを能天気と言うんだろうなぁ』みたいなことを。もちろん悪いニュアンスではありません。
『語る 兜太』の218ページに、『能天気』という言葉が出てきましたね。『ごく自然にありがたく…今日も平安に生きている…』という感覚で。『自由に、自然に』がおふたりに共通している『能天気』ではないかと思いました」と。

長くなった。次に句碑めぐりのことが控えているので、ここで終わり。
                                 敬語不統一失礼

  2 皆野町の句碑めぐり

一番新しい椋神社の句碑を拝見するのが目的だった。
 「おおかみに蛍がひとつ付いていた」。

赤のマークXで120キロ近いスピードで関越道を飛ばしてきた。立小便がてら、皆野駅前のタクシー会社で道を訊いただけですんなり着いた。
            (句碑めぐりの写真は別項にまとめましたのでご覧ください)

句碑の辺りをうろつき、スマホで何枚か写真を撮った。おみくじを買った。M子は中吉、私は吉! 終わって、前述のようにすぐ向かいの別の句碑の写真を撮らせてもらった。その家の庭では先ほどから男2人が立ち話をしていた。そこで何となく話し始めたら、お茶を一杯、と事務所に誘われた。

 そこは秩父味噌()新井武平商店で、おひとりは社長だった。
 社長が、この近くにもう一つ、金子兜太のお父さんの句碑がある、というので、先に拝見することにした。味噌に縁のある句碑だった。

 戻って事務所でお茶をいただいた。金つばが添えられていた。
 社長は「語る
兜太」の冒頭に出てくる人だった。

      左社長 中友人

「新井武平商店の社長は新井藤治君で、この人の町おこし、故郷秩父活性化に賭ける情熱とヴァイタリティは目を見張るものがあります」。5ページ

 話しの都合で、私が日銀の後輩だということが分かると、笑いながら「こういうことがあるから止められないんだよな」と言った。そしてなお、私たちが境内でウロウロしているのを見て、「あれはタダモノではないなって、この人と話していたんです」と、友人のほうを見て頷き合っていた。

やがて、氏はケータイを取り出し、兜太さんが出ると、珍しい人が来たので代わると言った。
 兜太さんは、「やっぱりお前さんか、何日か前、電話したんだが…」と前述のように続くのであった。

 電話の話し方で兜太さんとけっこう親しいことが分かったのだろう、いろいろの話しが出た。23日は95歳の誕生日で、今年もまた黒田杏子さんら大勢がここに来て祝賀会を開くことなど。

 そして、横手の多目的ホールへ案内され、額装した兜太句の秘蔵の()大きい書と大きい軸を、わざわざ梱包をほどいて見せてくれたのであった。

しかも、社長は、それから車で町内5カ所の句碑をゆっくり案内してくれた。句碑のほか、これから保存を計画している旧宅に―昔私が兜太さんの母上と話したことがある―まで立ち寄ってくれたのである。

 直後の自宅での話しで兜太さんが「お前さん、気に入られたのだろう」と言われたが、大変なハプニング、サービスだった。

 コースめぐりとお話で2時間が経った。
 話しはまだまだあるが、この項も長くなった。終わりにまたM子のメールを…。

「やりとりを間近で見聞きして、しんやさんが兜太さんのことをとても大切に思い、尊敬している気持ちが兜太さんにまっすぐに伝わったと思いました。兜太さんはそれを素直にそのまま感じ取ったのだと思いました。美辞麗句を並べたところでそれは伝わらないけれど、しんやさんが兜太さん関連のことを本当によく読んで、憶えていて、分かってくれていることが何より嬉しいことであったろう、と感じられました」。

 その日、私は満足、大の字のつく満足。
 その他俳句のことなどは省略。

 あやふやな記憶をもとに書きました。責任は私にあります。
                                  この項おわり


  ◎次号は長岡・弥彦同窓会の旅、次々号は雷電海岸温泉の旅の予定。よろしく。

       金子兜太句碑めぐりアルバムへ  美原だより14-09-10へ