14-09-10(2014年 第46号)  
○急ぎ足とこむら返り   9/8
                      白露(9/8)に近い朝の雲  9/6
言うのもつらいが、急ぎ足とは、秋から冬へ進むスピードのこと。足早にやってくるもの、必ず来るもののこと。
しかし、ここでは身体の衰え、特に足の衰えのことを書くことにした。

急ぎ足が出来なくなった。
「歴史散歩」では、毎回だいたい2時間ほど歩くが、ついて行くのがつらくなってきた。
歩く力をつけなくては、と思い、サイクリングに歩きをプラスしようと、試みに先日、五稜郭の外堀1.8キロを徒歩で1周してみた。少し前に1度実行したので、まぁ、2度目。

はじめ、意識して早足にしたが、続かないので無理せず成り行きに任せた。その程度の距離だから、どおってことはなかった。
ところが、ときに、こむら返りに襲われる。それが怖い。原因が分からない。昨7日もその前の夜も、予兆があったので、寝る前に自己流「整理体操」をしたら痛みは来なかった。

最近では9月2日夜に激痛が来た。2度も。声が出、冷や汗が出た。(疥癬などかまっていられない、とヘンなところへ飛び火)

日記で振り返ってみよう。
8月31日に自転車でJR函館駅まで往復している。片道35分程度。翌9月1日は何もしないのにその翌夜に来たわけ。つまり翌々日。おお、年寄りの疲れは遅れてやってくるのであった。

9月3、4、5日と3日間、買い物―自転車で1分―のほかには一歩も出なかった。

6日は出た。北美原温泉の朝風呂に自転車で。途中で朝の雲を撮ったり。午後は図書館へ―自転車で片道15分。
すぐ前の五稜郭公園の外堀を一周したあと、徒歩でも一周した(所要 22、3分)。その夜、予兆。整理体操をして寝た。

7日も出た。2日連続で北美原温泉の朝風呂へ。枝豆を買いに直売所へ―自転車で片道7、8分―。
午後は十字街の街セン(後述)へ―五稜郭のデパートまで自転車。市電で十字街へ―。帰りは松風町大門まで市電に乗り、グルメサーカス(後述)をぶらぶらし、ひと駅歩いてまた市電でデパート、自転車で帰宅という1日(少し前までは自転車で往復したもの)。

夜の恐怖に備え整理体操。2夜ともこむら返りなし。
分かったことは、整理体操をすれば来ないこと。そう楽観したが…。

○自転車力  9/7
自転車を漕ぐ力が著しく衰えた。亀田川沿いの散策路のちょいの間の坂が登りきれない。だらだら坂でもヨイショヨイショを繰り返す。自転車が悲鳴を上げる。ガタガタする。ギアチェンジも上手くいかない。

自転車屋に行ったら、空気が抜けているし、チェーンが錆びていると言われた。
去年5月13日に買って以来、手入れも掃除も何もしなかった。調子が悪くなったらいつでも来なさいと言ったのに、と言われた。
空気を入れ、油を差し、ブレーキを調整し、鍵の錆びも落としてもらった。
軽くなり、音も消えた。

ぐっと楽になったが、漕ぐ力の衰えは別問題。しかし、どうやら、歩く力のほうに力を入れたほうが良さそうに思える。
欲を出して五稜郭の外堀を歩くようにしたい。自転車でそこまで行って!

81歳の独り暮らしは真剣にならざるを得ない。ハハ。コイツイマゴロナニヲ…。

○NPOまつり  9/7
「NPO 80団体 函館に集まる 活動を紹介」(9/8 朝日)
「NPOの活動 身近に ライブやフリマ、体験コーナーも 函館でまつり」(「みなみ風」9/8 道新夕刊)

通称街センで開かれる「NPOまつり」。今年で10回目。
函館・道南のNPOの勢ぞろい。一覧のパンフレットは相当の厚さだった。
2階はところ狭しとブースが占め、壁はポスターなどで隙間なし。後ろに壁のないNPOは机の前面にぶら下げていた。
2階の階段踊り場には、明治時代の函館の大きい写真が横に広がっていて見事。

はる枝さんの「てての会」も参加。君子さん・和子さんがいた。隣りは峰子さんの工房「エンジョい」(「い」はひらがな)。ぶらぶら歩き、ながめ、立ち話をし、少し買い愉しんだ。

5日のバル街には行かなかった。

○「はこだてグルメサーカス」  9/7
「169,000人集め閉幕 道内外 名店の味満喫 最終日 晴天でにぎわう」(9/8 道新)
「全国の味集結 大盛況 活気満ちた2日間」(「みなみ風」9/8 道新夕刊)

          
              ↑↓ 屋台が並び、外で飲み食い 
                       
                               ↓横断歩道が込むなんて

2日間の飲み食いイベント。写真どおりのにぎやかさ。
歩く人がこんなにいるなんて…全国の都市!?で同じような言葉が使われているようだ…この街にこんなに人がいるなんて…。

信号待ちで人が集まり、横断が込み合うなんて…。

私も行ったり来たり。
名古屋青柳のういろうを買い、長崎の(たしか)「もつ味噌炒め」で、サッポロクラシックの生ビールを立ち飲みした。
たまたま、にわか雨となり、テントに雨宿りしたが、それも何となく愉快で、はしゃぎたい気分。誰かに話しかけたい気分。

しかし、その日は自転車と市電でやって来て、最後はまた自転車。一杯機嫌のサイクリングは自信がなかったので、早く切り上げた。

○宝くじ大当たりの夢
先夜はノーベル賞受賞の夢。じつはその前に宝くじに当たった夢を見ていた。
しかし、当たってからが俗っぽくて、夢らしくない(といわれそうな)ので、書くのをはばかっていたが、カッコ悪いことも書くタチなので…。

宝くじが\420,000,000の大当たり。おかしな額だが、1人当たり\70,000,000。グループ6人で買ったのであった。

私はそれを1人で持ち歩いている。透明なビニ−ル袋に入れて交差点を歩いて渡ったりしている。7キロ以上の重さとカサだからたいへんだ。当然、多くの人に見られているから、襲われるのを心配している。タクシーに乗るのも心配になっていて、ただウロウロしている。透明でない袋が欲しいが、どこで売っているか知らないのだ。元日劇の地下売場にあるかな、なんて考えている。

それでいて、もう一つの頭で、東京・六義園を見下ろせる高層マンションを買おうか、パリ中心地の豪華アパートに住もうかと考えているのであった。それで終わり。何とも情けない夢で…。                                おわり


(蛇足) NPO一覧   WEBサイトから転載

おしまコロニー新生園 デイセンターおおぞら
NPO法人 ケアマネジャーネットワーク函館
骨髄バンク GATHERの会
NPO法人 シーズネット函館支部
NPOしそーらすコミュニティ
函館すぷれっと
自立の風 かんばす
NPO法人 脳外傷友の会 コロポックル道南
NPO法人 のぞみ会(変形性股関節症の会)函館地区会
函館中途失聴者・難聴者協会
NPO法人 はあと地域共同作業所
北海道メンタル評議会
函館すぷれっと
喪の悲しみを癒やす会
NPO法人 つむぎ
ナルク函館はまなす
社会福祉法人 函館市社会福祉協議会
道南腎友会
北海道移植医療推進協議会
ゆうとぴあ友の会
函館市共同募金委員会
NPO法人 シゴトシンク北海道
アロマの会クローバー
健康生活ネットワーク
NPO法人 はこだて街なかプロジェクト
NPO法人 スプリングボードユニティー21
NPO法人 どうなん「学び」サポートセンター
NPO法人  函館市青年サークル協議会
NPO法人 北海道坂本龍馬記念館実行委員会
函館チンチン電車を走らせよう会
NPO法人 函館市電の熟練工の技を伝える会
hakodate
いこうかい函館
TEAM本能寺の変
エシカル・ストリーム北海道
函館検定合格者の会
五稜郭の文化価値を考える会
ブックシェアリング函館
NPO法人 NPOサポートはこだて
こ寿々会
函館デザイン協議会
手づくりボランティア工房「エンジョい」
函館手工芸の会
函館映画鑑賞協会
函館の音楽と歴史を考える会
まちづくり千絵画教室
Fairy(+)
函館リコーダー音楽祭実行委員会
箱館チンドン
笑福七福神祭実行委員会
“箱館写真の会”
橋本祐子きつけ教室
函館市民サーカスを創る会
大間原発訴訟の会
函館・「下北」から核を考える会
NPO法人 河川環境基金函館支部
ゴミ土楽の会
21世紀の道南の森林づくり実行委員会
渡島みどりネットワーク
NPO法人 NATURAS
NPO法人 みんなのさぽーたーわっとな
NPO法人 青少年の自立を支える道南の会
函館こども劇場
NPO法人 函館市学童保育の会
絵本読み語りグループ「マシュマロ」
函館圏フリースクールすまいる
スマイルマーケット
NPO法人 シンクタンクグループ 函館スローマリン
朝鮮女性と連帯する函館の会(トンムの会)
函館生涯学習インストラクターの会
函館の歴史を学ぼうかい
一般財団法人 函館YWCA
折り紙の会
Kazeru&Kazeru
日本ユーラシア協会函館地方支部
「函館・むすびば」
はこだて外国人居留地研究会
NPO法人 函館レクリエーション協会
teteの会
函館の文学と音楽の会
択捉島水産会
日本ユーラシア協会函館地方支部
ブックシェアリング函館
はこだて検定上級者の会
HakoEve

                              

                    美原だより14-09-10(第45号)へ