14-09-10(2014年 第45号)  
○大出先生の「お話」 中国で出版
さっ平さんからお手紙―
…かつての中国女子留学生がひょっこり現れた。いまは中国作家協会の一員 陸小晟(ルーシャオシェン)(ルーさん)。
「肥肉」という本をトランクから出して広げた。

僕の小品が中国語に翻訳され、著名な画家の挿絵まで頂き、対訳で掲載されているではありませんか。

かつて全国紙に掲載されたとき、沢山の人から好評をいただいた記憶がよみがえりました。

心と心のふれ合い、心と心との一体化だけが戦争を防ぐ唯一の近道ではないか。

そう思って彼女の息子を、ドイツから帰国後、2階の部屋にあずかって、北大の中国文学講座で学ばせようと、手続きを始めましたが、うまくいくでしょうか。
私の心を彼に継いでもらうつもりです。

コピーを同封させていただきました。 さっ平

      ↓ 中日対訳の「肥肉」                挿 絵 
  

快挙と言っていいのではないか。民間平和交流=外交とも。

彼女が北大で日本語を学んでいるとき、ルーさんは先生の家の2階に下宿? していて、私が落語を聞きに行ったときに何度かお会いしたことがある。料理をご馳走になったこともある。
一見して「頭脳明晰・学力優秀」と分かるスラリとした美女だった。
彼女は三島由紀夫の「葉隠入門」を翻訳し、先生の家では、(たしか)「方丈記」を教えてもらっていた。

○読者のお便り (「美原だより」第44号 9/4付について)
*こういう夢大好きです。傑作です。いい夢を見ましたネ。うらやましい。
トカゲだかスッポンだかがワイシャツを着ている映像がバッチリ浮かびます。
芸術新潮のボス特集を見たばかりだったせいかも。
そしてスッポンでノーベル賞のあとはサボテンというのも痛快です。

*私に浮かんだ記者会見の光景では、真ん中の線描きされたそのへんてこなスッポンらしい生き物は、だぶだぶのワイシャツを着て左を向いたり右を向いたり、ちゃんと生きているんですよ。そして人間に挟まれているのに違和感もなく存在感があって、自然な感じを与えていて…。それが何だか考えるとおかしくて。
だぶだぶのワイシャツ姿って言うのがすごく愉快! この夢の話で今日私は随分楽しませていただきました。楽しい物語を読んだみたい。
(次便)

はまだあの「夢」の話を楽しんでいます。不思議ですね。言ってみればほんの短い場面であるのに、あの夢はファンタジーの世界。色々に想像が膨らみ、かきたてられる、それが楽しいんです。映画の題材にもなりそう…なんて。楽しい、楽しい。
              (すみません。活字が不揃いかも。訂正不能―阿部の技術では) 
                                   おわり

                    美原だより14-09-04へ