14-09-04(2014年 第44号) 

     
             裸にされた中庭の公孫樹の梢と月

○夢
   9/3                      (81歳になった日)
こんな夢だった。(書くと長いが実際は…?)

日の当たる草ッ原の草の上に腰を下ろし、3人(または2人と1匹)が記者会見中―。
3人とも白地に細い縦縞の入ったワイシャツを着ている。
真ん中にいるのはトカゲみたいな生き物。ワイシャツがだぶだぶだが、首を出して人間と一緒に並んでいる。といっても下半身は見えず、両袖に腕はない。どうやって立っているのかも分からない。

3人の前方にたくさんの記者がいてメモをとっている。

向かって左の研究者が通訳している。右は主任研究者らしく、黒縁の眼鏡をかけている。昔の俳優杉狂児か廣澤虎造に似ている。

通訳が、何ごとかトカゲに話しかけると、トカゲが左を向いて答える。トカゲはときに右の主任研究者とも何か話しをする。主任研究者は通訳不要らしい。
トカゲはごく自然に、左の通訳の言を聞き、右の人間とも話す。真面目だが、構えもなく、普通の会話がゆっくり淡々と続いている。

通訳は、ある程度まとめては記者たちに説明している。全体に不自然さはない。
とはいっても、人間とトカゲとの初のコミュニケーションである。ときおり記者のどよめきが伝わってくる。
 (夢から覚めてのち、私はトカゲでなく、すっぽんの首というか頭部だと思い当たった)

場面が変わって木造の研究室。1人の研究員が実験材料だか結果資料だかの入ったガラス容器やタッパーを持ち歩いたり、それらを机の上に置いて何か処理している。その取り扱いが余りにも下手なので、見かねた私が出て行って、丁寧に、几帳面にあれこれ処置してあげるのであった。そしていつの間にか私は見込まれ、研究グループの一員になっている。彼と同じ白衣を着ている。

場面が変わり、講演会でもあるのか、人でぎっしりの明るい講堂。ひじかけのない椅子がずらりと並んでいる。なぜかやや左に太い柱が1本ある。正面の遙か先に演壇があるらしい。

聴衆の中に女研究者が何人かいて、柱の脇で、1人の女が後ろ向きになって、後ろの女に話しかけた。するとその女は、少し前かがみになって顔を近づけ、それに答えている。そこへ1人の女がやってくる。

彼女は後ろのほうからやって来て、椅子にかけず、話し込んでいる女の横に、半分しゃがんで話しかけた。彼女はぴったりした黒の袖なしシャツを着ていた。そして上半身が汗でびっしょり濡れていた。しかし、彼女はそれを気にせず、前かがみの女に早口で何かを訴えている。

すると、右後ろにいた1人の女が、袖なしシャツの女に、上っ張りでも着せようとして近づいてきた。と、いつの間にか、夢中で話しをしている女の左後ろに、私がいるのであった。
双腕が露わな女に、仲間の1人がワイシャツを着せかけようとしたのだが、右腕は入ったものの、左腕も汗で濡れているため、なかなか通らない。そこで私が、袖に通して上げようと、女の左腕を持ち上げようとしたら―そのとき初めて彼女は話しを止め、私を認め、恥ずかしそうな顔を私に向けた。

私の知っている女だった。顔もはっきり覚えているのに名前がどうしても出てこない女、色気のある女だった。

それを意識して私も顔を赤らめたが、すぐ自分に言い聞かせた。もう齢だから赤面するほどではあるまい、気を鎮めれば赤くならない、と。
確かに若いときのように真っ赤にはならないが、どこかが微かに温かくなったのであった。

また場面が変わって、野外の臨時舞台のようなところで、立ったまま記者会見している。下のほうにたくさんの記者がいるらしい。

初めの場面に出てきた研究者2人も研究員の私も、またワイシャツ姿で、ごく当然のような顔をして立っている。3人とも堂々と、緊張もせず、リラックス気分。

すっぽんと話ができるようになった功績によってノーベル賞を受賞したのである。私もその一人。
下にいた記者から、次の研究は、と問われ、例の黒縁眼鏡の主任研究者が、ゆっくり答えた。
「そうだなぁ…、次は植物と、だな。ま、サボテンだな」。

 (夢のネタを考えると、前に私は、いずれ人間は鳥など動物と話し合えるだろう、しかし、植物と話し合えるのはそれよりずっと先だろうと書いた記憶がある。それだと思う)

○読者のお便り
*ここ数日関東も急に秋が来たようです。楽になりました。…それにしましても、阿部さんの情報発信力にびっくりです。次々に送っていただきまして…いったい阿部さんのエネルギーはどこから湧いてくるのか、と。

*HPの更新、すごいですね。とても追いつけません。啄木、面白く読みました。

*ピエロのおやつの「70年隔てておやつを食べ合う」がいい表現だな、と思いました。そして脳と肉を意識すること。このごろ肉が脳を支配していることが多い気がして…。

以下の2通は再録―コピーを郵送する方への送り状から

*全く全くまったく、お元気で!ピエロのおやつ“ パチパチパチ! 大拍手です! いいなー! 以前の川柳も良かったですが…

*"ピエロのおやつは良かった! 貴殿は詩人でありましたか! それぞれの文章がしっくりと響きました。「意識する」という話、わかっていてもなかなか出来ないことです。「戦」の字のこともなるほど…。何にでも思いを巡らす姿勢に脱帽。そのように生きる人はボケたり老人くさくなったりしないです。

     +++++    +++++   +++++    +++++    +++++

*「美原だより」楽しさと期待いっぱいの気持ちで読んでいます。「日記」のこと、無知そのものなので、単純な感想ですが、大いに参考になりました。

漱石の「明暗」を読んでいますが(これで長編は読了)、日記や書簡などはせいぜいちょっと目を通す程度に考えていたので、更に時間が必要になりそうです。
啄木の日記、意にもとめていなかったので、これもびっくり仰天です。作家の「日記」といえば荷風のものぐらいの浅い知識、過去の不勉強を改めて思い知らされました。

「語る 兜太」は日銀OBからもらって、ほぼ読み終えました。藤原作弥との面談記録と自選百句はじっくりと確かめ読みました。

*ライトアップ函館。よく雰囲気が出ていて、1部見たことがあると、かすかな記憶をたどっています。やはり、歴史のある街のすばらしさですね。また、教会の建造物の魅力は印象が異なります。光線のすばらしさもあって、いい作品になっていると思います。見惚れています。

*(お電話をいただくこともある)
次から次へ…いつもいつも…ほんとうにまあ…これからも…どうぞ…。

                              おわり
 

                     美原だより14-08-30へ