14-08-30(2014年 第43号)   
○米倉斉加年氏死去 
8/27の道新夕刊で知った。腹部大動脈瘤破裂、80歳。
大好きな俳優さんだった。絵も大好きだった。

去年の秋は、氏の劇団「海流座」の函館巡演のとき、地元協力出演者の1人として、氏の演出による「二十二夜待ち」に、ちょっとだけ出させてもらった縁があった。舞台で並んだ記念写真を、この「美原だより」に載せたものである(2013-11-8付 2013年第50号参照)。

「憲法を守り生かそう 戦争はいやです」のポスターを、私はまだ玄関にぶら下げている。長めの顎の口元を絞った、あの微笑みを含んだ顔写真。

東京銀座の画廊に絵を見に行ったこともある。垂れ乳のオバサンの絵は凄味があった。

寅さん映画でも存在感抜群で、個性的・ユニークで、あとあとまで印象に残る、忘れられない演技=俳優だった。惜しい人。同年だが、私はまだ…

演劇だけでなく、広く文化・芸術・思想の面でも識見を持ち、幅広い活動をしてきた。
氏の大きい功績は、私が言うより識者の言に当たってもらおう。

1ファンとして、ご冥福を祈る。


     
      秋の日のケヤキ    中屋雅義    「りらく」9月号から転載

     中屋さんの個展が開かれるのでご案内します。23回目の個展。水彩とテンペラ。
     10/3〜9 丸善仙台アエル店ギャラリー

○読者の便り
*「(金子兜太の書を)良寛の書を髣髴させられる」とは思いもよらない印象でしたが、なるほど、「両人の共通点である学識・教養の高い自由人らしさが書に表れているのではないでしょうか」というお言葉に、そうかもしれないと、あとで、尾崎雄さんのご感想も分かるような気がしました。いろいろ楽しいことでした。

*江花道子さんの作品、雰囲気がよく伝わってきました。独特の哀調が感じられました。8/15の切抜き・プリントだけで13枚となり、しばしの記録として…すごいことです。しっかり情報に向き合っているからでしょう。

*(上記切り抜きについて)この後が問題ですね。今は捨てるのは惜しいので「しばし」なのでしょうが・・

*金子兜太さんの故郷の言。そうだろうなと思います。えらくなるといろいろなことが問題となり、研究者の方々にとっては大切なのだと再認識しました。因みに、私は県南の浦和出身なものですから、この方面の地理にうとく、また不勉強でしたので、いろいろ参考になりました。

○定例回転寿司ランチ会  8/28
快晴。爽涼の晩夏。快適。ビールを3杯飲んだ。
チラシについてくるビールのサービス券は、半額券5枚になっていた。その前は、最初の1杯だけ100円、その前は無料券が2枚。

野菜などの値上がりに悲鳴が上がる話。いろんなものがどんどん上がっている感じ。

奥寺さんからは前日、鍋ごとまだ温かい三平汁をいただき、当日は菅原さんから枝豆とピーマンをいただいた。
「ラッキーピエロ」でアイスを食べた。店の中は大賑わい。イマドキの遊び場か。きょろきょろした。
名前を忘れたが、ストローで飲む!? ソフトクリーム。中学生のグループが多い時間帯だった。外で待っていたのも似たような中学生グループ。
 

○歴史散歩の会  第125回 湯川巡り(その2)  8/29 
今回は湯の川温泉花びしホテルのロビーに集合。10時半出発。
120人近くが参加したため、用意された資料100部では足りず、時間ぎりぎりに行った私ももらえなかった。で、参加費無料。その日の費用は、途中で買ったビニル傘205円と電車賃だけ。

ときどきぱらついたが、傘は差したり差さなかったり。1時本降りになったがすぐ小雨に変わったり。

先ずは湯倉神社と境内奥の日吉神社、道路脇の湯の川温泉発祥の地の碑。私はユノクラと読んでいたが、通称ユクラ。神社の掲示のふりがなは「ゆのくら」。         

資料がないので今回はホンの概略だけ。

戦時、鉄道建設が中断された戸井線の跡―何もない跡―や駅予定地だったらしい場所のコンクリートの四角い柱1本―工=工部省の刻印だけ―。私はかつて戸井温泉に行く途中にあった、見上げる高所に構築された眼鏡橋のような線路を思い出した―あの延長線かと―もう撤去されたらしいが。それも戦争の跡。
          ↓
 
                         黒松林を歩く
それから箱館戦争野戦病院跡―これまた戦争、啄木と親交のあった郁雨の宮崎郁雨荘跡、千人風呂・万人風呂跡のほか、なお幾つかの何もない跡・らしい跡を歩いたが、黒松林では林の中を歩いて気持ちがよかった。

旧知の坂口さんと温泉ドライヴ仲間のちこちゃんも参加していたので、ときどき2人と話しながら歩いた。坂口さんは自宅から1時間を歩いて往復、ちこちゃんは谷地頭から市電で片道45分の往復。お2人とも歩くベテラン、いやそれ以上の方。

私のほうは、その日五稜郭まで自転車で行き、デパートの横にそれを置き、すぐ前の停留場から市電で湯の川温泉というコース。帰りも同じだが、腹が減ったので、自転車で数分の五稜郭公園沿いのとんかつ屋「とんき」へ寄った。金曜日がサービスデーと知っていた。「特上ロースかつ定食」とビール2杯の食事をとった。しかしそれからまたサイクリングの15分がある。歴史散歩2時間半―説明の都度立ち止まるが―のあとだから疲れた。しかも、そこからはやや上り坂。持病の心房細動を気にしながらゆっくりこいだ。休まず、何とか3時前に帰宅。早速風呂に湯を入れ、上がってすぐ夕寝とした。

午睡1時間余りで起きてから、その日の新聞を読んだ。岩波の「図書」が来たのでそれも読んだら10時。それから晩酌。
                                  おわり

                   美原だより14-08-25へ