14-08-25(2014年 第42号)  

           アルバム  ライトアップ函館

       西部地区の ライトアップ巡り 第124回 箱舘歴史散歩の会 8/23
歩いたコースは美原だより第41号に書いたので、その順に写真を掲載します。スマホのスナップ写真ですから、お恥ずかしいのですが…。

  
 旧百十三銀行本店 現エスイーシー電算センター    その向かいの旧安田=富士銀行支店

 ↑ 旧北海道拓殖銀行函館支店であった頃、私は斜め向かい方向の旧日銀函館支店・現北方民族資料館に在勤していた。この辺りはかつては金融街と言われた。

   最初のライトアップは、集合場所の十字街旧丸井デパートだったが撮影しなかった


   
  日本キリスト教団函館教会    カトリック元町教会      函館聖ヨハネ教会


この歴史散歩主宰の中尾仁彦氏は、キリスト教についても説明してくれた。プロテスタント、カトリック、イギリス国教会の、それぞれの函館との関係、函館重視の姿勢、ロシアとの良好な関係など。
神父と牧師のちがいを話したときは、初めて知った人が感嘆の声をあげていた。知ることはいいことだ。

その夜はなぜか私語が少なかった。歩きながらも自分の知っていることをしゃべらなければならない人がいて、主宰の説明のときも知識披瀝が止まらない人が、その夜はいなかった。


    
     

          この上下4点は函館ハリストス正教会  一巡しながら撮影 

   


教会群のライトアップは観光客のためだろうが、ムードとしてなかなかのもの。静かさは敬虔な気持ちにさせる。西部地区の夜の良さを始めて味わった。いくつもの坂からは海も見下ろせる。

     

       
              旧函館区公会堂     この後の旧相馬邸は撮影せず


公会堂はライトアップでも人気の的だった。外国人の姿も多い。「予約車」と表示したタクシーが何台も通り過ぎ、その度に道を開けたほど。

  
      旧開拓使函館支庁書籍庫         中華会館―一時開放していたがまた閉館

         
              旧第一銀行支店  現函館市文学館


先日、企画展で啄木の書簡や日記などを見たところ。あの上手い・几帳面な・才能あふれる人間の字を思い出した。ローマ字日記のローマ字もその通りなのである。内緒で写真を撮ってきたが、掲載するわけにいかない。残念。
その夜の説明では借金一覧メモのことが取り上げられた。

ここでは金子鴎亭の書で啄木の短歌を偲ぶとしよう。

          


                                     おわり

                    美原だより14-08-25へ