14-08-25(2014年 第41号)  
○親切な娘さん  8/19
バスのウィンカーが音を出している。行先がちがうようだ。運転手に訊くと、「五稜郭には行きませんよ、表示をよく見ましたか」。
カーヴを曲がったところで降り、別の停留所に行くか、いっそタクシーにしようかと交差点に立っていたら、娘さんが声をかけてきた。
「差し出がましいかもしれませんが、五稜郭へ行くバス停まで案内しましょうか」。
それはありがたいと答え、話しながら信号を渡った。娘さんが言うには、運転手がぶっきらぼーで不親切だったから、降りる停留所ではないけれど私のために降りたのだという。
「えっ、わざわざ、そのために!?」
話しによると、殆どのバスは五稜郭に行くのだが、たまたまあのバスは別コースだったこと、運転手は私が五稜郭に行くと知ったのだから、行き方を教えてくれてもよかったのではないかという。しかも、話しながら娘さんは、停留所の手前で、ケータイで到着時刻を調べようとしていた。運よくそこへバスがきた。「あれは行きます。大丈夫です」。
よほど名前ぐらい聞いておこうと思ったが、ちょっと大げさとも考え、お礼を言ってバスに乗った。20歳台の若い娘さんだった。イマドキのワカイモンの素敵さ。

○定例3人会  8/19
今回から会場を焼鳥の旨い「大鳥」にした。晩酌コースは、飲みもの1杯に変り冷奴とお好みの焼鳥4本。彼ら2人はトリ皮をカリカリに焼いたものを頼んでいた。おいしそうだったので1本いただいた。なるほど、旨かった。
それから今野さんが仕入れてきたマグロのカマを炭火で焼いてもらい、3人で突っついた。日本酒「一ノ蔵」に合った。
2次会は9時開店の、初めて行くスナック。1時間の飲み放題コースでビールを飲んだ。
私は先に失礼したが、用心に持って行った傘を忘れてきた。そのスナックかタクシーか分からない。

○寿司と焼鳥とおしゃべり  8/21
客とのおしゃべりが多い夜だった。
「常寿し」の隣り席には新婚さんの北海道旅行らしい2人。黙々と食べていたので、ずいぶん静かにやってますね、と声をかけた。東京から来たという。函館の方ですかと訊かれ、まぁそうだと答えると、函館は初めてで、この寿司屋は友人の口コミで、とのこと。これから塩ラーメンを食べ、それから函館山の夜景だという。ラーメン屋は好き好きで分からないが、若いんだからそのくらいの欲張りコースでいいですよと私。札幌へも行くというので、ガ・フレが薄野の「菊鮨」の電話番号を教えたり。良い旅を、と言ってさよなら。

カウンターの一番奥は常連=得意客の1人客。店主の病気のことを臨時店主? の職人と話していたので、加減はどうなのですかと訊くと、リハビリで頑張っているという。そりゃよかった、と私。
彼が食べていた焼き物はマグロのカマで、美味しいよという。前々日食べたばかりだったので、次のとき注文することにした。飲んでいる壜は何かと訊いたら宮崎の焼酎だという。聞いたことのない名前だった。美味しそうですね、ひと口飲ませてくれますか、と言ったら、席を立って来て小グラスに注いでくれた。まろやかな高級品だと思った。

入口に近い席に1人客が来た。メニュを見ていろいろ質問していた。それから2種類の寿司を食べた。JALでもANAでもない航空機のバッジをつけていた。社の接待か上役のための下調べかと想像した。私には縁のなかった交際費、機密費なんて言葉を思い出した。話し嫌いらしいムード。互いに当り障りのない数語。

奥の1人と私との間に2人連れが入った。それがまぁ、常連だが傍若無人と言ってよいカップルで、奥の彼と会話が出来なくなった。まだ空席があるのに…ここは顧客の順位をキチンんと守る店らしい。

馴染の焼鳥屋へ行った。運よく空席があった。右隣りに熟女の2人連れ。
頃合いをみて私が、今夜はゆっくりとやっているようですね、と声かけ。
にこやかに笑って、5時半からという答え。えっ、そんなに早くから! というと、ここは2軒目です。2人は同級生で飲み友だち。ときどき飲み歩いているらしい。

メートルが上がってきた―古い言葉か―私が、この店の旨いことなどをしゃべったら同意してくれた。地元の人だったので、私が最近啄木の講演会を聞き、文学館の企画展に行ってきたと話すと、啄木の妻の姪だかが同級生だったという。啄木は女たらしだったのですかと訊かれたとき、私は否定した。
地元ならときどき一緒に飲みませんかと誘い、連絡法や名前まで訊こうとしたら、店主が見かねたか、そろそろ上がったほうがいいんじゃないの、と言った。私のメートルの上がり方を見て「上がり」を促したわけ。それでもとうとう私は手帖の白紙部分を破いて2人の名前とケータイの番号を書いてもらった。月に1度くらいは「おしゃべり飲み会」をしたいものと思っているが…。

○ライトアップ函館  箱館歴史散歩の会  8/23
今回は集合午後6時半で、コースは「西部地区のライトアップ巡り」。懐中電灯持参とあった。事前の説明の中に、「函館歴史文化観光検定(はこだて検定)」を受験してくださいなどの宣伝があり、「おもてなし」の話しが出た。大阪では「オバサン」がすぐ気軽に話しかけてくる。それが「おもてなし」でしょう、おせっかいではないでしょう、と。
では、前々日の私の、寿司屋と焼鳥屋の声かけは、そのおもてなしと言えないかと考えたりした。 

コースはまず集合場所である旧丸井今井デパートのライトアップから。
夜の散歩はしたことがない。夜は、歩くとしても、目当ては提灯ばかり!? だから、ライトアップを見るのは初めてで新鮮。そして美しい。

日本キリスト教団函館教会―カトリック元町教会―函館聖ヨハネ教会―函館ハリストス正教会―(旧北海道庁函館支庁庁舎)―旧開拓使函館支庁書籍庫―旧函館区公会堂―旧相馬亭―中華会館―東浜桟橋―旧第一銀行―旧金森洋物店―旧百十三銀行―赤レンガ倉庫群。
そこで解散。とてもいいライトアップ散歩だった。別項アルバム参照。

解散地のすぐそばがビアホールだったが、夏の土曜の夜だったので満席。近くの回転寿司で、少し待たされたが、ようやくビールにありついた。終電1つ前の市電と、バスはもうないのでタクシーで、11時帰宅。

○私の疥癬

痒くて痒くてたまらない。手指の間とか、掌の親指の下とか、足の裏とか、柔らかい個所を狙って、ヒゼンダニとかが這い回る。もう10日程になろうか。
ネットで検索したが、肝心なところが要領を得ない。で、熱湯洗濯、掃除、入浴と、自分流療法を試みている。かゆみはできるだけ我慢。やや快方に向かっているようなので、医者にはまだ行かない。

ガ・フレに教わり、思い出し、検索したので、荷風が疥癬に罹ったときの関係記事を、ちょっと紹介しよう。
永井荷風は本人がやられ、日録にこう書いている。「戦後日歴 第一」 1946/1/22

晴。暖氣春の如し。疥癬愈甚しければ午前近巷の醫師を尋ねて治を請ふに、傳染せし當初なれば治し易き病なれど、全身に蔓衍しては最早や藥治の能くすべきところならず。硫黄を含む温泉に浴するより外に道なしと言へり。醫師また言ふ。これ歸還兵の戰地より持ちかへりし病にて、國内傳染の患者甚多しとなり。

3/10  午後凌霜子來り…又疥癬の妙藥を惠まる。

市川市文学プラザの企画展「市川の文人の生活スタイル」の説明(写真略)市川ゆかりの文人の健康ライフがうかがえるユニークな内容として、「(荷風が)戦後の市川暮らしで愛用した下駄や眼鏡や裁縫用具など。中でも、疥癬という病気にかかったときに用いていた薬品類は、逸話も含めて興味深い。疥癬を治そうと、ムトウハップと呼ばれる硫黄を含む薬品を一番風呂に入れて入浴していたため、同居一家は硫黄くさくて随分迷惑を被ったそうである」とある。

また、宮本百合子の「風知草」にはこんな箇所がある。「戸坂潤は、栄養失調から全身疥癬に苦しめられて命をおとした」。

幸田露伴の「野道」には「
先生の言によると、それはタムシ草と云って、その葉や茎から出る汁を塗れば疥癬の虫さえ死んでしまうという毒草だそうで、食べるどころのものでは無い危いものだということであって、自分も全く驚いてしまった」とある。

さて、私はどうなるか。楽観的過ぎるか。
                                おわり     

                     美原だより―ライトアップ函館へ

                   美原だより14-08-21へ