14-08-21(2014年 第40号) 
○金子兜太の発言 
埼玉新聞から転載させてもらいます。写真は省略。「スケールは小さいが根深い問題だ」と警告する最後が重要。

  九条守れの俳句掲載拒否
 
  俳人・金子兜太さん「文化的に貧しい」  
8/17 埼玉新聞
 

 さいたま市大宮区の三橋公民館が発行する公民館だよりに、俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の掲載を拒否した問題について、熊谷市在住の現代俳句を代表する俳人金子兜太さん(94)に聞いた。

金子さんは「この社会に生きている人間を詠んだ当たり前の俳句を、お役人が拡大解釈した実に野暮(やぼ)で文化的に貧しい話」と語った。

 俳句は公民館だよりに掲載するため、公民館で活動しているサークルが選んだ。市側は「世論を二分されているテーマが詠まれている」などとして、掲載を拒否した。
 金子さんは、「九条守れ」の俳句を次のように語った。

「『九条守れ』の女性デモという一つの日常を詠んだもので、特別な意味を込めて作ったわけではないでしょう。そもそも、この句のように社会で生きている人間を題材として詠むのは、現代俳句ではごくごく当たり前のこと。この状態に向かって政治的な尺度を持ち込むのは、野暮で文化的に貧しい話」

 「作者はデモには好意を持ったが、熱く共感したわけではないと私は受け取る。感受性の強い人なら普通のことで、どうしてこの句が問題なのか、ぜひ教えてほしい。結果として政治的な意味をお役人が持たせたのは、ご自身がご時世に過剰反応しただけ。作者としては当たり前の感銘を詠んだ句で、お役人に拡大解釈され、嫌な思いをしてお気の毒」

 金子さんは旧制水戸高時代の18歳の時に俳句を始め、俳句歴は今年で77年に及ぶ。加藤楸邨氏に師事し、戦後は社会に生きる人間を詠む「社会性のある俳句」を唱え、「社会性俳句の旗手」と呼ばれた。

 「それまでは、俳句は花鳥風月を詠むものという高浜虚子の影響力が強かった。それに対して、昭和初期の新興俳句運動や戦後になって私や仲間たちは『自然とともに社会に生きる人間を詠みたい』と主張した。今では自然そして社会に生きる人間を詠み取ろうとするのは、俳句の世界では当たり前になった。今回の句もそういう自由な気持ちの中で詠んだ句で、このような句は毎日、どこかで作られている」

 今回の俳句掲載拒否の問題を戦前の治安維持法による新興俳句運動弾圧と重ねる見方もあるが、金子さんは今回の方が根深い問題を含んでいると言う。

 「新興俳句運動の『現実を俳句に書く』とするリアリズムが危険視された。だから取り締まりは、新興俳句系の俳誌だったり運動を担っていた人たちで、俳句を詠む一般の人たちにはそれほど影響がなかった。今回は一庶民の一つの句をやり玉に挙げて大げさな問題にした。こんな拡大解釈のようなことが、お役人だけでなく社会で行われるようになったら、『この句は政府に反対する句だから駄目』などと、一つ一つの句がつぶされる事態になりかねない。有名な俳人だけでなく、一般の人たちも萎縮して俳句を作らなくなる。俳句を作る人の日常を脅かすもので、スケールは小さいが根深い問題だ」と警告する。

    +++++     +++++     +++++     +++++    +++++

ほかにもこの問題に対する関連記事はたくさんある。タイトルだけ紹介しよう。
埼玉新聞は丁寧に報道している。

8/05 「九条守れ」俳句、今こそ掲載を 熊谷出身の作家・森村誠一氏が寄稿 
7/30 俳句掲載拒否 公民館運営審議会で議論、外部識者らも対応批判
7/26 俳句掲載拒否問題、集いで批判や懸念 市教委から参加なし
7/15 デモ題材の俳句掲載拒否で有志ら、さいたま市と教委に次号掲載を要請
7/08 「九条守れ」俳句掲載拒否 市に意見100件超、大多数が批判や苦情 
7/04
「誤解される」大宮区の三橋公民館、9条の俳句を掲載拒否 

このことについて私が付け加えることはない。内容についても、新聞などに報道されたのでご存知と思う。

○私の8.15  新聞読み=遊びの1日
8月15日は、2紙のほかパソコンでも新聞を読み、各新聞の1面コラムについては全国の新聞に当たってみた。

*1面コラム
たとえば「つくられた終戦記念日」は琉球新報「倒れた兵士」は佐賀新聞「餓死した兵士たち」は京都新聞。ほかにも、タイトルはないがプリントしたのは「新潟日報」「中国新聞」「沖縄タイムス」「東京新聞」。切り抜いたのは朝日・道新。社説は「東京」「朝日」「日経」(プリント)

*阿波踊り

写真入り記事は「勇壮・豪快」夏全開 阿波踊り3日目、人出は26万人、の徳島新聞。

*皇后の歌
ちょっと変わっていたというか、よかったのは東京=中日新聞の社説で、皇后陛下の歌を2首引用していたこと。

「いまはとて島果ての崖踏みけりしをみなの足裏(あうら)思へばかなし」
「初夏(はつなつ)の光の中に苗木植うるこの子供らに戦(いくさ)あらすな」

文章もとてもいい。「このところ天皇の節目の会見でもれるのは歴史への懸念です。…『戦争の記憶が薄れようとしている今日、皆が日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いを致すことは極めて重要』…」。

*その他―8月15日〜18日
+殺人事件や公務員犯罪
近ごろの殺人事件(の記事)はややこしくて簡単には分からないので、続報を追うのも面倒になり、興味を失った。漠然と、昔と同じ人殺しが続いていると思っている。

殺人以外の現代風社会面記事もいろいろだ。唄は世につれ、犯罪も世につれ、だろう。
教員・警官・自衛隊員ら公務員のわいせつ関係の犯行も目立つ。上下関係の圧力が強いのでその反動か(「教員相次ぐ不祥事 大半わいせつ」8/18 道新)。
一方、少女から熟女まで、特に夏の挑発的スタイルは相当なものだが、マナーも羞恥心も誰かが奪い取ってしまったらしく、始末が悪い(「裸ブーム到来か テレビやビーチ 羞恥心忘れ」NY通信 8/18 道新)

+議員の放・失言
議員の放言・失言は国会に限らず、地方議員が真似している。ヘンに開き直るアホもいて、全体にレベルが低い点で共通している(「問題ばかり起こす地方議員 大幅に整理するときでは」8/17 毎日)。
全議員を無報酬=無給にすると―できるとして―どういう人間が出てくるだろう。ただ働きでいい政治をしてくれる候補者を公募すれば見当がつくだろうか。いまの議員よりはましかもよ。

+本の広告
新聞1面の本の広告はサンヤツと言われる。3段分を8等分しているからだろう。買わないし買えないから見るだけだが、金があったら買いたい・読みたい本は切り抜いて慰めている。これでは犬のお預け以下の情けなさ。
たとえば「香水瓶の図鑑」は開いてみたい。覗くだけでもはたとえば「エディアカラ紀・カンブリア紀の生物」「誤訳の構造・典型・常識3部作」など。立ち読みでいいのは、たとえば「NHKと政治支配」「民主主義の敵は安倍晋三」。

買わない=買えない―読んでみたい―本の評も一応切り抜いておく。たとえば「父が息子に語るマクロ経済学」「井上ひさしと戦争文学」「丸谷才一全集 第2巻」など。

持田叙子の「丸谷才一全集 第2巻」評は、「なれどぜひ「笹まくら」を…」などと文語体を使って興奮気味に始まる。
大筋は、入営前夜に家を出、奇跡的に生き延び、終戦後20年も生きた徴兵忌避青年の生きザマとでもいおうか。
「みんな兵隊になんかなりたくなかった。楽にふつうに暮らしたかった。ごく平均的な市民。…国家と戦争。国民と兵役義務。組織と個人。普遍の主題が力づよく問われる…」(8/17 毎日)。

ほかにもいろいろあって、15日の切り抜き・プリントだけで13枚となり、しばしの記録としてホッチキスで留めた。
                                  おわり

                       美原だより14-08-16へ