14-08-14(2014年 第38号) 
○金子兜太から葉書  8/13
8/11付「美原だより」第37号に、金子兜太の出身地について、日経元編集委員尾崎雄氏から(埼玉県)小川町と秩父(埼玉県)という異なる記載があって、日経文化面の記事は紛らわしいのではないかとの問題が出、尾崎氏の、私とやり取りしたメールの1通を掲載した。すると、そのあとすぐ、金子兜太からその件について葉書をいただいたので、私信ながら紹介させていただくこととした。       →

この葉書をコピーし尾崎さんにメールしたところ、次のご返事をいただいた。

阿部さん
わざわざ金子さんに問い合わせて頂いたのですね。
有り難うございます。
金子さんのハガキを拝読し、真相はやはり私の推測通りであることがわかりました。
日経・文化部の担当者は、生地と育った場所の違いが分かるように配慮して、読者の混乱を招かないようにすべきでした。
私の現役時代は、校閲部が、こうした混乱が生じないようチェックしていましたが新聞制作のコンピュータ化によって校閲部がなくなり、こうしたことが起きるのでしょう。
新聞づくりはかつて職人技によって支えられていたのですが、いまや、それも昔話になってしまったようです。 尾崎 雄

また、きっかけの情報を提供してくれた「丸の内朝飯会」の吉田さんからもご返事をいただいた。

ご丁寧に、ありがとうございました。金子先生も大至急に対応してくれたのですね。阿部さんとの信頼関係がよくわかります。吉田

      :::::   :::::   :::::   :::::   :::::

上記日経記事の切り抜きは数人から送っていただき(私が購読していないことは周知か)、また「丸の内朝飯会」の市原、小倉、氷室さんやその他友人からも金子兜太の記事や資料をいろいろ送ってもらっている。うれしく、ありがたく、助かっている。

     :::::   :::::   :::::   :::::   :::::

○送り状のコピー
金子兜太とは関係ないが、このウエブのコピーを郵送する方宛て送り状のコピーを、埋め草として、ここに加えさせていただく。

私は「星の王子さま」を多分読んでいない。チャーントは読んでいない。せいぜい分からないまま読み過ごしただけ。だから、柴田元幸の「つまみ食い文学食堂」に引用された「呑み助」は新鮮だった。のんでいる呑み助が、訊かれて、忘れたいから…恥ずかしいのを忘れるんだ、酒をのむのが恥ずかしいんだと答える。参った。どうしようもない。名作の所以。柴田は言う。この呑み助は「悪循環の中に在る、これが同情に値しなくて、何が同情に値するというのか」とまで。延々の酒。永遠の酒。80歳を超えても酒量が落ちない。たまの「外のみ」中心から毎日の「家のみ」に変わり、つまり、毎夜、呑むのが恥ずかしいのでそれを忘れるために呑んでいる―イカンゾーと囁きながら。そしてなぜかこれまでで最高と思う快適なとき―妙夏を楽しんでいる。14-8-13 阿部審也

○北海道の、身近な、よくないニュース2件
  

JRのどうしようもない体質などについては、かつての私の予言!?が当たりすぎて、どんどん大ニュース化し、私とはもう関係なくなったが、相変わらず次々に事故を発生させていて、そして、もうしばらくは続くはず―これ以上は言わないことにする。

も一つ、私の住む団地の物置から白骨死体が出てきた事件は、判決公判で、犯人が懲役刑を言い渡された。それについても言うことはない。(どちらも8/13付道新夕刊) 
                                  おわり

                     美原だより14-08-11へ