14-08-11(2014年 第37号)

○日経新聞元編集委員・尾崎雄さんからのメール

氏はフリージャーナリストとして、いまも医療福祉介護等いろいろな分野で活躍中の人。
氏は日経文化面に掲載された金子兜太の記事(「金子兜太『反』の俳味」 8/2)について、本文では出身地が秩父(埼玉県)になっているが、略歴には埼玉県小川町となっている。どちらなのか読者に紛らわしい、ということで「丸の内朝飯会」の吉田氏経由で情報のやり取りがあり、その中で尾崎氏が金子兜太と同郷の小川町出身ということを知った。もう一つ、氏がそこへ通って「小川塾合宿読書会」をいまも続けていることを知った。

で、私の手作りパンフレット「金子兜太 日銀時代の思い出」と追補「金子兜太 日銀退職後のお付き合い」を送ったところ、氏の読書会「10周年誌」をいただくことともなった。
そのような経緯があって、以下のメールをいただいた次第。

台風の影響はいかがでしたか。
北海道への台風襲来は滅多にないだけに心配です。

『金子兜太 日銀時代の思い出』と同追補ほか貴重な資料、拝受しました。
金子さんには20年ほど前に雑誌の仕事でお目にかかりましたが、阿部さんの文章にあるようなざっくばらんなお人柄だったという当時の印象が蘇りました。

正確な出生地に頓着しない点も、細部や形式にこだわらない彼の俳句のようで金子さんらしいですね。事実関係の正確さにこだわる元新聞記者と人生の達人と、違いはこの辺にあるのでしょう。朝日新聞のように事実関係よりも自虐史(主)観を優先するような偏向メディアのありようはもってのほかですが。

それはともかく、金子さんの書簡コピー集である「追補」は貴重な資料ですね。金子さんの書体は豪放磊落。書は人物を表わす。

良寛の書体は繊細で金子さんのそれとは対照的ですが、なぜか、良寛の書を髣髴させられました。両人の共通点である学識・教養の高い自由人らしさが書に表れているのではないでしょうか。余計なお世話ですが、相違点は良寛の方が女性にもてたという(瀬戸内寂聴説?)こと。

読書会の記録を拝見すると、私が参加する「小川塾」(埼玉県小川町で毎月開催する合宿読書会)や神楽坂読書会(吉田さんら丸の内朝飯会有志)とはテクストの選択眼が異なっていておもしろいですね。三つの読書会に共通のテクストはゼロでした。小川塾と重複していたのは一冊だけ。『博士の愛した数式』(小川洋子著)です。高齢者世代の読書サークルでもこんなに違うとは興味深いですね。
                            尾ア 雄

 *****   *****   *****   *****    *****

○ヘンなお天気―台風11号の気まぐれ  8/11
被害を蒙った方たちには済まないが、ちょっとひと言。
私の被害は100円ショップで買った自転車のサドルカバー1枚―自転車が屋根付き置場で転倒し、多分そのはずみで外れて何処かへ飛んで行ってしまった。

前夜は寝ていて何も知らなかったが、翌11日夕刊で(朝刊は休刊)道内各地の被害状況が報じられ、それで台風のことを知った。
ここでのヘンなお天気は11日のこと。

朝、風は強かったが、薄日が差していて、晴れそうなので洗濯し、外の物干しに干した。ところが、洗濯ばさみが外れるのではないかと思うくらい風が一層強くなり、肌着などは竿に巻きついた。

正午過ぎ、風がやや収まったので、図書館分館へ本を返しに行った。自転車で数分。あいにく休館日だったが、ブックポストがあったので重い3冊を放り込んだ。

その足でイトーヨーカドーへ買い物に回った。すじ肉の煮込みつくりを練習中なので、4回目、1キロ余を買った。店主がようやく私の顔を覚えたようで、向こうからあいさつしてくれた。それにつられて豚バラのかたまりを買い足した。

それから、煮込みに入れる焼豆腐、こんにゃく、牛蒡を買い、大福4個と100円ショップでまたサドルカバーを買った。

帰り際、パラパラときたが、すぐに止んで何事もなく帰宅。と、自転車置き場近くの草むらにサドルカバーが落ちていた。拾い上げ、再使用しようと自転車の荷物篭に入れておいた。

そのうち日が差してきた。はるか南は青空。ところが、また風が強まり、急に豪雨になった。あわてて上半身裸のまま洗濯物を取り込んだら、大粒の雨が冷たく、大きい声が出た。その代わり、というか、南風だったので、2部屋分の大きい窓ガラスが拭われてきれいになった。

雨は止み、西方は黒雲と白雲と薄雲がごっちゃ、南には青空がのぞいた。夜は全体が厚い雲に覆われた(函館の1011日累加雨量67ミリ―函館地方気象台 18時現在)
                                  おわり

                      美原だより14-08-11-36号へ