14-08-11(2014年 第36号)  
○さっ平さんから暑中お見舞いのファックス
      酷暑・猛暑をみんな必死で… ↓
○読者のお便り
*美原だより、儚儚老随筆、ありがとう存じました。
歴史散歩の会。2時間余りの、まさに有益な行事。うらやましい限りです。百人近いとすると、すごいことですね。多くの方々と行動を共にすると気分も転換でき、なによりです。うらやましい、がまた出てしまいます。充実した日常ぶりがよく分かりました。
気候のよい御地では大分違うのかもしれませんが、残暑の折、お体大切になさってください。
*いつもながらの内容豊富なお便り、楽しませていただいています。中勘助、懐かしい名前です。「銀の匙」を思い出しました。恥ずかしながら内容はほとんど忘れてしまったのですが…。いろいろ心豊かにさせていただく、夏の嬉しいお便りでした。

○柴田元幸の講演と朗読  8/9  蔦屋書店
「アメリカ文学の翻訳家で、毎夏を函館で過ごす柴田元幸さん(60)=東京在住=による朗読イベントが開かれ」たのでガ・フレと蔦屋書店に聞きに行った(予約定員50名。8/5 道新 夕刊)。
「リング」という循環バスがコースを変え、蔦屋書店前に停まるようになったのでそれで行った。帰りは団地前までその循環バスで。

私は氏の訳書もエッセイも1冊も読んだことがない。いい翻訳家だと何かで読んだだけ。東大教授で早期退職したばかりということも知らなかった。要するに俗物性=俗物根性、せいぜいが物好きで、のこのこ出かけたと言わざるを得ない。

朗読したのは「ねじりドーナツ」「ウインド・アイ」「ケンブリッジ・サーカス」「火を熾す」。目をつむって聴いた。上手い朗読で、どれもおもしろかった。

「つまみぐい文学食堂」(角川文庫)を買い、並んでサインしてもらった(こんなことも多分初めて)。これから読むつもり。
ついでに「加藤周一コレクション5」を買い、文具売り場の成子ちゃんと立ち話をしてきた。

○「戦争」への違和感
 戦争の足音を聞く暑さかな  
 戦争を語らぬ母や水を打つ
 戦争へまた戦争へ原爆忌   8/11 朝日俳壇

異を唱えるわけではないが、近ごろやたらに増えた「戦争」という言葉に私は違和感を持つ。
約70年前までの日本の長期戦争期のあの戦争は分かる(上掲の俳句も)。しかし、いま見・聞きする戦争という「言葉・活字」となると、ちょっとひと息入れて区別したくなる。

かつてのあの戦争と、いまの戦争―日本が当事者になっていない外国の戦争または紛争―と、これからのあり得る戦争と。

特に、これからの戦争は、もし本格的大戦争をも含めているとすれば、核戦争=大国間戦争=世界滅亡のことであろう。そういう戦争であっても、日本は参戦するかまたは参戦に反対するかの議論になるのだろうか(議論ができるとして)。

そういう分かりやすい!?戦争と地域戦争とかテロとの戦いなど、分かりにくい暴力との間に区別はないのだろうか。中東などの争いは宣戦布告がないから、戦争ではないのだろうか。私は新型の戦争だと思っているのだが。
そのどちらの戦争にも―戦争に区別や限定はないという説あり―出かける?迎え撃つ?ことを考えているのだろうか。

いざこざとか行き違いとか血気にはやってとか(口実として使う場合がある)、事件→事変→戦争のキッカケは創作できる。それが意図的だと拡大は防止できない。現政権は、近隣諸国との同じような関係悪化を、またぞろ考えておくというのだろうか。その先の大戦争までも??

私の早や早やの結論は、小さいキッカケを創作させないためにも、各国との友好関係維持、徹底的平和主義による対話、国民・庶民たちの民間・文化外交を採るほうがよく、挑発・威嚇・武力・同盟誇示などは愚策だから、決して採らないこと、である。

だから、いまの政権は、私に言わせれば、この愚策を弄している性悪なアホ集団と言うことになる。珍しくもやや長持ちしそうな性悪アホたちが、聞く耳持たず拙速に進めようとしている大愚の策(良寛が泣くか)。
(それを叩きつぶすための「選挙」という正論めいた言説にも私は、いまは違和感を持つが、ここでは触れない)

さてしかし、世の中の動きを見ていると私も心配になる。
今回は、長くなるので心配の種の項目だけを挙げるが、読者は見当をつけてくれると思う。

○保守派の顕現化、反動保守の台頭・跳梁のおそれ
○保守メディアの進出。誇張・煽動、保守反動本の盛んな刊行
○良識的とされる新聞などの弱腰=抵抗力の弱さがもう見え隠れしている(頑張りもあり評価はしているが)
○「戦争」という言葉が乱発されているが吟味が必要(繰り返しになるが、上述の核戦争や大国間戦争と日本の立ち位置。世界各地の殺し合いはすでに新型第3次世界戦争と言っていいほど)
(たとえばいま、イスラエル軍のガザ攻撃で民間人が殺され、彼らは「世界」を憎むようになる―「暴力続く中東」8/11 朝日コラム 要旨)
(「イスラエルの〈自衛権〉より放たれてガザの幼児にとどきたる砲弾(たま)」8/11 朝日歌壇)
○戦争反対の世論・勢力の盛り上がり、その使い方などこちら側の力のほど

私の情報源はほぼ新聞に限られるので、狭い見解と思うが、言うだけは言っておきたいので…。
なかにし礼の「リメンバー」にも「沈黙にさよならしよう…行動と勇気で生まれかわろう」とあるので…。
                                 おわり

                    美原だより14-08-04へ