14-08-04(2014年 第35号)  
○アンコールワットとハロン湾  8/3
旧知の日銀OBがカンボジア・ベトナム各地のツアーに行き、アンコールワットとハロン湾の写真を送ってくれた。消夏の一助になればと…。
  

○新規開店の焼鳥「大鳥」  7/25
毎月の3人会は、会場「実貴」がママさん死去で閉店したため中断しているが、今野さんお馴染みの焼鳥屋「大鳥」が丸井今井デパートの裏手に2号店を開店。その初日、全品半額のサービスデーに連れて行ってくれた。2号店の木の新看板は今野さん製作のもの。カッコいい。また、店員の感じがよく、焼鳥も旨いので、これから通うことになりそう。

○ピアノ練習に付き合う  7/28
田中真知子さんが五稜郭の芸術ホールリハーサル室で練習をしたので、3時間半、のんびり聴いていた。ベートーヴェンのソナタ31番に挑戦している。第3楽章は練習を始めてまだ間がなく、第2楽章の後半部分にも苦労していた。最後は通しでやっていたが。
彼女のベトさんソナタ挑戦は悲愴、月光、熱情、ワルトシュタインにつづく5曲目。
ほかにバッハ、シューベルト、ショパンなど。8/4は練習の第2回。

○五稜郭外堀歩きとサイクリング  7/28
ピアノ練習のあと、五稜郭の外堀を自転車で1周しベンチでひと休み。そのとき急に歩きたくなり、代わる代わる歩いて1周することになった。1.8`を私は23分で、彼女は20分で歩いた。
自転車で帰宅したから、その日はけっこうなサイクリングと散歩となった。

○回転寿司ランチ会  7/31
定例の3人に真知子さんを加え、4人で飲み食い。
サービス低下で、生ビールは最初の1杯だけ100円(従来は無料で2杯)。4人だから4杯で400円。まだ割安―うち3杯は私が飲む決まり。帰り際、店内で販売していたいわしの天ぷらや鮭の西京漬けなどを買ってきた。

○ドライヴ  8/1〜2
レンタカーで足かけ2日のドライヴ(30時間借用)。結果的に4カ所の温泉巡りとなった。
ニセコに近い蘭越町の黄金温泉@、翌日は市内谷地頭の朝風呂Aと恵山ふもとの浜の湯B恵山町民センターC。

←黄金温泉正面
黄金温泉は、昆布駅から車で数分。道路沿いに大きい看板がある。
個人が掘り当て、誰でも入れるようにした温泉で、秘湯であり私湯でもある。
ほとんどが手作りで、豪華ではないがセンスのいい造りといおうか。五右衛門風呂が2つと1人用の寝湯がある。
また、それぞれに内風呂があり、露天風呂は、突き出た石の山で男女を隔てているがその先は混浴。さりげなく巧いといっておこうか(写真下)

  
浴槽の先には池があり、大きい石積みがあり、羊蹄山が見える辺りの風景もいい。手打ちの十割そばは食べなかったが、冷たい水をいただいた。 

←浜の湯
ガソリンスタンドで給油中、ちょっとしゃべっていたら、すぐ先に町民有志で管理している温泉があると聞いたので行ってみた。
こじんまりしていて、何の設備もないが、きれいに掃除してある。透き通ったいい湯。浴槽は1つ。
男が2人いたが、そこへ新たに男女が入った。
窓の外というか、下はすぐ海。ぜいたく。
その集落の人たちだけの温泉風呂というところ。心づけを入れる箱がぶら下がっていた。
          


恵山には恵風ホテルや海浜水無温泉があって有名だが、どちらも行ったことがあるので、今回は市営=元町営の市民センターの温泉に入ってきた。ま、どこも似た公営温泉設備の1つ。悪くはない。熱めの湯。 恵山市民センター→

2日目は1日3回の温泉でさすがに湯疲れ。
というのも、柄にもなく8月2日は早起きし、まず、朝の浜歩き。啄木小公園の下の砂浜が函館では一番いいと思うので、そこで体を伸ばしたりした。そこから谷地頭温泉の朝風呂へ。
それから八幡宮や西部観光地区をゆっくりドライヴし、山上大神宮の高みから、そしてのすぐ下の常盤小学校跡からも、海を見下ろした。
緑の島をぶらぶら歩き、ヨットハーバーでの出航準備や広場での昨夜の花火大会の後始末らしい仕事を見たり、自衛艦の朝の儀式らしいものを眺めたり…。
それから自由市場の「マルシェ」でイカの刺身とつぶ貝の刺身でビールを飲んだ。
朝湯と朝酒で、朝寝だけがない1日の始まり。やや暑い夏日と真夏日(8/1日31.8℃、8/2日29.8℃)
                ↓恵山を望む海岸
        
○図書館がありがたい

何冊も借りては返し、ときには期間を延長したり、ついでに行ったとき早めに返してまた借りたり、そのうち混乱してきて期限が切れたりする。ネットでも期限延長はできるが、それでも忘れることがある。大目にみてもらっているが、よろしいことではない。
昔、貸本屋で延滞料を避けるために無理した記憶があって、期限をまもろうとするクセが残っているらしい。

図書館が近いことはホントいいことだ。生れてはじめて。夢の実現の1つ。
専門書が少ないことや新刊本がすぐには借りられないなどの不便はあるが、それを言ったらキリがない。いまはほとんど間に合っている。ということは、専門書など殆ど必要がなく、新刊本を読まなくてはならないこともない日々というわけ。

開架式の書棚を見歩いていて、借りたくなる本を急に思いつくことがある。読んでない本がいくらでもあるからだ。読みたかった・いまも読みたい本がたくさん出てくる。その思いを如何に処理するか―そんなことを考えると、このたよりがつまらなくなるので止めよう。

いまは漱石全集の日記と書簡を何冊か借りているが、その全17巻モノはかつて持っていた。いまはあの持ち重りの感触を懐かしんでいる。

ドナルド・キーン著作集の2冊は借り続けていて、誰かの予約が入ることを懼れている…。

その合間に自分の本を読むことも多い。集中するけれど関心事が1つではない―こんなことを書くと、このたよりがますますつまらなくなるので止めよう。
                                   おわり

                   美原だより13-07-19へ