14-07-19(2014年 第34号) 
○第122回「歴史散歩の会」――付・老体激走!   7/18
今回はまず函館独特の和洋折衷住宅の幾つかを見、かつてにぎやかだった大黒通り商店街を偲び、いまも繁盛している(らしい)銭湯「大正湯」に入り!?それから登りにかかり、函館病院跡の石垣、常盤小学校跡、坂のてっぺんの山上大神宮にお参りし、同じ幸坂を少し下って旧ロシア領事館を見学、そこで解散というコース。
詳細な解説付き2時間余りの有益な散歩。百人はいなかったろうが、相当な人数。健脚が多いのは歩き方で分かる。
たまたま旧知の坂口一弘さんと会い、一緒に歩くことになり、そちらの解説も聞くことができた。

氏は山登りとスキーと長距離徒歩旅行などで有名な方。加えて、ブログがものすごい。アクセス数は400万を超えている。ご存知ない方は試しに―いや、是非とも―下のURLをクリックしてください。今回のこの散歩についてもすでに写真入りで詳細・膨大な報告が公開されていて、私の出る幕はない。

坂口一弘さんの癌春日記 http://blog.goo.ne.jp/sakag8

私の写真も載せないので、氏のブログでご覧ください。

ところで、私はその日、集合場所の十字街の通称「街セン」まで自転車で出かけた。45分かかったが、やや下り坂なのでスイスイ。
解散地が旧ロシア領事館だったので、そこからスタート地点まで坂口さんと歩き、そこで別れ、昼飯を食べようと自転車に乗ったら、ふらふらとビアホールのほうへ向かってしまった。ピザでも食べようと思ったが、ふらふらと黒生とポテトフライを注文。タバスコを振りかけて食べたら中ジョッキ1杯では足りなくなった。

それからやや上り坂になる自宅まで「サイクリング」となったが―やはり齢だった。
ゆっくり過ぎて街路樹に触れたり、そのうち片足が吊ってきた。痛いので日陰で休んだ。すぐ治まったのでまたこいだ。また吊ってしまった。2度目の休憩。熱中症が気になった。そこで気がつき、持参したボトルの冷水を一気に空けた。
それからは緩やかな坂でも押して歩いた。復路は1時間はかかる。ようやく帰宅。

シャワーし、洗濯し、昼寝した。晩酌と大食のあとすぐ寝た。夜中のこむら返りを覚悟したが何事もなかった。

○半額セール  7/19
新聞に小さく「文具・事務用品 50% OFF」(19、20日の2日間)と出ていたので自転車で行ってみた。ま、5分程度。
プリンタのインクがあった。「純正」というヤツ。バカ高いので腹が立つほどのものが半額とはありがたい。こんなセールは初めて。
1種類3点限定とあったので、6色セット3箱とバラで黒色3個を買った。明日また買い増す予定。ついでにふらふらとホッチキスの針1箱、ヤマト糊2本、ファイル2冊、日記用ノート5冊など。明日はまた何かこちょこちょと買うかも。

○赤坂真理「東京プリズン」を読む  7/17
感想は「儚儚老随筆」に書くが、なかなかの、問題含みの、技巧を駆使した、読ませる長編、と言える小説。
天皇の戦争責任というテーマで、アメリカの学校で学生たちが(たった1人の日本人女性が主人公)ディベートするという構成。
15、6歳の日本人留学生の学校生活のいろいろが、そしてディベートでは神が、英霊が、三島由紀夫が、リトルピープルが(ご存知村上春樹「1Q84」に出てくる)、東京裁判その他がごっちゃに出てきて、目くるめくような展開。
最近文庫本(河出)になったから求めやすい。読むことをお勧めします。
                                  おわり

        http://blog.goo.ne.jp/sakag8 へ(坂口さんのウエブ)

      

                      美原だより14-07-13へ