14-07-13(2014年 第33号)  
◯講演会「無用の長物・大間原発」鎌田慧   7/11  函館国際ホテル
3年4カ月目の11日。夜外出することはめったにないが、スピーカーが鎌田慧氏で、大間原発を無用の長物と言っているし、入場無料なので、バスから市電に乗り継いで行った。いい話だった。内容についてはメモをとったが、翌日の新聞に要領よく出ていたので下に貼りつけた。
大間へは1度だけだが、建設工事中止中に行ったことがある。その後民主党政権が再開にオーケーを出したので呆れたっけ。
帰りの市電を待つ間、ほぼ正面に満月に近い月。ときどき雲に妨げられたが、皓々と美しく照っていた。道新7/12→

大間原発と直接の関係はないが、余談として、大江健三郎が東京の集会でしゃべったことについて話してくれた。集団的自衛権行使容認の閣議決定のときだ。普段は原稿を読む大江氏がその日は原稿なしで40分もしゃべったという。長すぎるのでもう切り上げてくれとメモを渡したが握りつぶされたという。あの世代の人は特に鋭く強く反発するんだと思った、という。私の2歳下だが、まあ同世代。やむにやまれぬ思いだったのだ…。

私は7月1日を、生涯で最悪の日とまで言ったが、新聞の声欄には
「…憲法の命日」と題した意見が載った(7/2 朝日)。

加藤周一は15年前の「憲法問題を考える」において、こんなふうに言っている(『私にとっての20世紀』所収。解釈改憲を閣議決定という姑息な手(ずるい・汚い―阿部)でやっちまうことまでは見通せなかったよう!)。

「…おそらく第9条を変えるでしよう。第9条は軍備放棄条項ですから、軍備は可能だということにして、海外派兵を可能なようにするでしょう。これまでは長い間かかって解釈を変えながら、第9条を軍備を増大する方向に持ってきた。それをもう一歩進めるために第9条を改憲すると思います。…もっと自由に行動できる軍隊を備えたいということになる。…そういうふうに変えれば日本は普通の国になる、特徴がなくなる。…世界の大勢は…将来はだんだん普通の国が軍備を放棄する方向へ…動く可能性がある。もし世界がそういう風に動けば…世界の大勢を先取りしていることになる。それは国としての誇りの中心になりうる。…」。

金子兜太は新著「語る 兜太」の中で「戦争はよくない。絶対によくない。この国の憲法9条は宝ですよ。戦争で命を落とすことほど無惨なことはない。これは2度と繰り返してはならんのです。…何度でもこのことは申し上げたい」と言っている。

◯講演会  7/12 YWCA講堂
「教科書の検定と採択とは? ―教科書制度と国家統制」加納諄治 
氏は三省堂の教科書編集者を長く務めた専門家(主に中・高生の国語教科書)。
詳細なレジュメが用意され、分かりやすく、詳しく丁寧に、みっちり話してくれた。
7項目あり、1の教科書の編集から使用まで、以下、検定制度の仕組み、採択制度の仕組み、教科書制度の変遷、戦後の教科書制度、その問題点から、7の最近の政治動向と教科書(字句1部省略)まで網羅。
大事な話だから、多くの人に聴いてもらえるような対策・企画を立てたらいい、という意見などが出た。

この講演はYWCAの「平和と憲法をめぐるトークシリーズG」として開かれたが、前回Fの講演について感想を求められたので短文を書いたところ、ニュースに紹介されたので、下に貼りつけた。


◯映画会「日本の美 C日本の色 美術映画会」
  7/12 道立函館美術館   
わずか26分の映画だった。平安時代からの色のいろいろの歴史を簡単にまとめたもの。毎月1回の上映で、以下水平と垂直、草のこころ、日本人の原風景、用と美、境の思想etc.と続く。                              おわり

                    美原だより14-07-08へ