14-07-08(2014年 第32号)  
◯五稜郭の堀の石垣  7/6
崩落のひどい場所は、いまシートで覆われているが、ほかにも石組のあちこちに隙間ができ、全体に修理が必要な時期に来たよう。しかし、本格工事となれば大変だろうから、さて、どうなるか、どうするか。たくさんの心配な声が聞こえそう。今年は築造150周年で、記念イベントがいろいろ、というのに…    
(7/8の道新によれば、崩落個所は今冬にも堀の水を抜き修復工事を行うという―緩んだり欠けたりは約60カ所)
         

      

◯日本画の巨匠たち展               道立函館美術館     
◯特別講演「日本画の美のこころ」奥岡茂雄氏      々   講堂  7/5  
講演を聞き、それから見た。水野美術館コレクションの展示。いいものがいろいろあって愉しめた。
講演は「美=生命の輝き」と大きいテーマを出して始まった。
氏はmacro的にみる、またはperspective的にみる、とでもいうか、「生命の原理―代謝・遺伝・進化」「人間の価値理念―真・善・美」など4項目を展開した。難しいが、ま、大きく頭に入れておけばいいという感じ。勉強が大事という考えのよう。それから、感性を大事にし―人はさまざまだから―自分でよくみることを強調。そのあと、各作品の解説・説明を丁寧に…。

一流の有名人作品だから、嬉しかった。しかし、私は根元のところで日本画が分からない。分からないままでも楽しくみられるから妙だが。大観「無我」は2点。なんと言っていいか…。
雅邦、松園、観山、春草、深水、玉堂などなど。横山操と加山又造はそれ程いいものではなかった。平山郁夫について講師は「有名です」と言って、あとを続けなかったが、私は「…それだけです」といったような気がした!?
私がおもしろかったのは菊池契月の2点(「後宮」「樹下閑話」)だった。以下略。

誓子、はる枝、君子、峰子の4人と顔を合わせたが、それぞれ所用があり、立ち話だけでその場でさよなら。YWCAの人とはあいさつだけだった。男の顔見知りはいなかった。

で、1人で常設展示室で(シニア無料)国松登展と鴎亭記念室で鴎亭の書「引力の場での飛翔」(辻井喬の詩)を見た。フラッシュなしの撮影がオーケーだったので掲載できた。

国松登は函館出身、全道展創立者の1人で、北海道では有名だった画家。後期の氷原シリーズが評判だった。

 

 書家金子鴎亭については説明不要だろう。私の好きな字。
       

◯大出先生からファックス  7/5
4枚もの長いお便り。1部だけ紹介しよう。
「…寝室の照明が切れたのを機に節電してます。隣りのマンションの車庫灯で間に合いますから。台所も切れてそのまま、早朝4時に起きて煮物をしますので。冷房も扇風機もない、テレビもない。…かつてドイツがやったようにテレビ放送を禁止すればよい。そしたら「原発なんぞいらん」ということになるんじゃないかな。暗い寝室で何をするか。落語のケイコ…

 ニワトリの玉子、どちらから出てくるのかな。細いほう、それとも太いほう? 観察力が足りなかった。こんなくだらんことを考えるより枕頭の「美原だより」。(モジリアーニの絵については省略) 
 久しぶりにドイツ語を始めた。

  Am Brunnen vor dem Tore         門の前の泉のそばに
  Da steht ein Lindenbaum;          そこに一本の菩提樹が立っている
  Ich träumt in seinem Schatten        私はその木の陰で夢を見る
  So manchen süben Traum.         たび繁き甘い夢を

  Hier find'st du deine Ruhe!         ここにお前はお前の休みを見いだす!
  Du findest Ruhe dort!            お前はそこに休みを見いだす!
                                 (さっ平訳)

  これは一休そのものではないか!      (儚儚老随筆 第20号 5/7参照)

 541 満口清香清浅水 黄昏月色?新吟  清々しい香りと澄んだ水が口に溢れる
                     黄昏から月冴えるまで 新吟をいかんとす
                     (婬水)

 542 花綻一茎梅樹下 凌波仙子繞腰間   花は綻ぶ 一茎梅樹の下
                     水仙の香りが腰間をめぐる
                     (美人陰水仙花香)           

ドイツ語の先生たちカンカンになって怒るでしょうな。
さっ平の東西比較文化論―人類の創造はキリストを生み、釈迦を生んだあの泉であり、そこにお前の救いがある。合掌! さっ平 」(ドイツ語は不正確か、打った阿部は完全無知)


◯百合とサクランボ  7/8  
← 晩酌が終わったところで写したほろ酔い気分の1枚。
食卓に、いただいた百合とサクランボと自分で買った! ウィスキーがある。右のほうの緑はブライダルベール。

今夜はすじ肉の煮込みといただいたサニーレタスとポテトフライと辛味漬とご飯。
牛すじ肉の煮込みは3回目。まだ試行錯誤中だが、おいしく料理したいもの。すじ肉は旨い。
ポテトフライは冷凍ものをただ揚げただけ。

                おわり 

                   美原だより14-07-04へ