14-07-04(2014年 第31号)  
◯金子兜太の新著「語る 兜太」(岩波書店)  7/2
贈っていただいた。またまた感謝感謝。かたじけないと言おうか、ありがたくて言葉もない。そして―自慢したくなる。

早速読み始めた。まず語り口がいい、そしておもしろい。私などの既知の事柄についても工夫・心配りがある。だから、くどく感じられない。淡々と、ときとところを得た話ぶり。
新資料の日銀在職中のインタビュー記事もおもしろい。兜太は日銀マンしては特異なコースをたどったが、退職近くに、当時時事通信記者だった藤原作弥氏からいろいろ鋭い質問を受け、正直・真っ当に答えている。氏はのちに日銀副総裁になったから、奇遇というか愉快な話。
また「95歳自選百句」も初の発表。2014年の記載もある略年譜も自分で書き上げたという。
戯れに、「自選百句」の中に「私(=阿部)の好きな兜太俳句90句」(2013年2月作成)がいくつ入っているか数えたら38句だった。

岩波新書「わが戦後俳句史」は1985(昭和60)年に出た。1945(昭和20)年8月から始まる兜太の俳句人生。そして1960(昭和35)年、ドサ回りから東京本店に戻るまでの記述だから、そのあとのことを知りたい人が多く、この新著はそれに応えたものとも言える。

章立ては、1、秩父に生まれて 2、自由人への道 3、出征と復員 4、俳句専念 5、「海程」を砦に 6、生きもの感覚を磨く 7、心ひかれた人々 8、国民文芸を地球上の人々とともに 9、俳句とともに生きる。他に俳人らの座談会も。

冒頭は「産土の地での誕生日祝賀句会 2013年9月23日」で、「熊谷から皆野まで行くことは珍しくないけれど、今日は息子の真土が秩父往還を通って行ってくれるので、懐かしい。嬉しいな。…ずいぶん立派な並木でしょう。これは…」という具合に話し言葉で綴られる。聞き手は黒田杏子。

各所に「忘れえぬ人々」というコーナーがあって、語られた人たちを紹介している。
全体はもちろん回顧談などではなく、ここでの芭蕉と一茶についての論などは熱を帯びているほど。
と思うとそこから一転、息子の嫁さんの朝昼夜の一週間のメニューも載せていて「まあ、ごらん下さい」という。

全体としては、表紙にもある通り「わが俳句人生」。氏の一生がよく分かるように語られており、なおこれからも―「何とか、精進をしてあと10年位は俳句を作って生きてゆくつもりです…」とのあいさつ。

本の帯のとおり「自由になまなましく明日に向かってゆったり生きる荒凡夫」の「語り下ろし」。
もっと詳しく紹介したいところだが、長くなるので…。

◯山形のさくらんぼとピアノのCD  7/2
同じ2日に届いたさくらんぼ。ガ・フレからの贈りのもの。大好物。感謝感謝。今年は「南陽」だった。赤い大粒の宝石。五木寛之を真似て、1度は―大量にいただいたので―風呂につかりながら食べようと思っている。

ここでもう1人のガ・フレを出すのは気が引けるが、同日ということで…。
ピアノ演奏のCDが出来上がり、録音してくれた高島君から送られてきた。
バッハ「6つのパルティ−タ」、モーツアルトのソナタ15番、12番、ショパン「即興曲3番」、シューベルト「即興曲3番」ほか。
早速聴いた。上手い下手などは分からないが、公民館のレッスンに付き合って聴いていたから、馴染みがある曲。

   +++++    +++++    +++++

9条崩す解釈改憲 集団的自衛権 閣議決定

憲法解釈変更を閣議決定 集団的自衛権行使容認
                上は朝日、下は道新

7月2日はまた、新聞を読むのに時間がかかった日。購読の2紙のほか、ネットで他紙もあれこれ読んではコピーしたので忙しかった。

その日発送したホームページのコピーの送り状に私は「生涯で最悪の日」とまで書いた。ほかに考えつかないのだ。憲法がこんな形でひん曲げられるとは…。首相のことは獰猛な人間と形容した。怖い人だ。

◯モジリアーニの絵
プリンターが古くなったのか、私の扱いが拙いのか、パソコンではいい色が出ない、表紙を差し替えるつもりだったが、ご覧の通りなので、ここで紹介するにとどめる。フランスの画集なのでタイトルも読めない。ただ、美しいので。  おわり

                       美原だより14-06-30へ