14-06-30(2014年 第30号)  
◯「蒲生の海―若林区 蒲生」 中屋雅義    月刊「りらく」7月号から転載 
    
「蒲生の干潟に通う。素人目には確実に海が復活しているように見える。…干潟は着実に回復しつつあるのに、周りに住んでいた人たちの生活は戻らないのが悲しい。」中屋雅義

下の写真は阿部が検索して転載したもの。ここが絵と同じ場所かどうか分からないが、説明には同じ若林区の荒浜となっていた。近くではあろう
      

◯何とも可笑しい大人数のテープカット
個人通信「妙」第20号(1986年12月発行)に「テープカット」という文章がある。「駄羅漢五百」というふざけた題の500字コラム(の1つ)。28年前のものだが、全文を写させてもらう。
「大の大人、どころか、えらいさんにちがいない、なにしろテープカットに選ばれるくらいだから。その大人のえらいさんが、5人も6人も7人も並んでテープ裁断にとりかかる。早すぎてもいけないと、隣りを照れ見しながら一本のヒモを刻む作業。こういう写真がちょいちょい新聞に載る。小刻み国鉄もよくやっている。 
      
いまでは当たり前になったので、↑「顔面カット」しなくてもよかったが、函館のあるセレモニーなので…

いつ頃からこういうアホらしい文化行事?が拡がったのだろう。もとは1人にきまっていた。この船を◯◯号と命名します、と宣して小さな斧を振る。あれは美しい儀式だった。数人がかりの(人数は段々増える傾向)テープカットという新民俗はいったい何だろう。横ならび相互懐疑のゆえか、義理と人情の無原則ゆえか、宴会総務課の揉み手サービスゆえか、私は知らないが、まさか民主的に、ということからではあるまい。

政治屋の補助金とりと街の次期議員候補者のご寄付でつくってもらった遊び場を前に、幼稚園児全員が横一線に並んで一斉にテープカットをした。細かいヒモが空に舞い上がり、宙で数本につながり、やがてえらいさんの首に巻きついた―一夜、私は悪い夢を見た」。

以下ネットで検索した知らない人の文章を引用してみよう(要旨)。
「(新線開通などのテープカットは) 昔はテープを切る人は一人か二人、なおかつテープは列車の前を横切っている。これは…当然のことで、新たに出発する列車のルートを開くわけであるからこれが正当。しかし、いつの頃からか、テープは列車を無視してホーム部分に張られるようになり、切り手も利害関係が多く、人選に困るようになったのか大人数になってきている。

理想的なテープカットとしては、ニュースフィルムでよく見る昭和39年10月1日東京駅の「ひかり1号」の出発式。式次第が終わり、駅長が手を挙げ出発合図。ドアが閉まり出発のタイフォン吹鳴、列車が動き出すと同時に壇上の石田礼助国鉄総裁がテープカット。みなの大拍手の脇を列車は加速して去ってゆく。時代に残る歴史的瞬間…」。

   
 高校生の美術展だが高校生はいない―新聞広告 →

日本の文化、と言っては大げさだが、民俗といっても同じか―ともあれ、変わったようでいて、深いところでは変わらない。表面的に変わっただけのように見える。そして、そこにいろいろなものが見えてくる。テーマがいっぱい。おお、ニッポン!?
                 おわり

                    美原だより14-06-27へ