14-06-23(2014年 第28号) 

○骨が固くなった  6/23
いつものように朝の体操を始めたら、あちこちの骨が堅い。昨日とは別の骨のよう。同じ屈伸をやっても、慣れるということがない。いつまでも起き抜けのときのような骨の堅さ。腰も足首も手指さえ、ちがう感覚。繰り返してもしなやかにならず、いつも新鮮な堅さ!? 私の全体が別体になったみたい。体内で白骨化が始まったのかも。で、あきらめた。無理をしないで様子を見ることにした。

焼いたあとの私の骨は無縁墓地に埋めてもらってもいいし、海や林に散骨してもいい。肥料として効き目があるなら深紅のバラに上げてもいい。(書き残しておくつもり)

今日6月23日は沖縄慰霊の日。かつては沢山の骨が散らばっていた。人間が無残に殺されていた。沖縄を考えると目の前に理不尽な戦争が立ち上がる。

竹内浩三の詩「骨のうたふ」の出だしは「戦死やあはれ 兵隊の死ぬるやあはれ」だったが、兵隊だけではない戦争死。

「…死臭で息がつまるようだ。鉄帽を射抜かれてたおれている兵隊、両足をふっとばされて頭と胴体だけであおむけに天をにらんでいるおじいさん。頭のない赤ん坊を背負ってあざみの葉をにぎりしめてうつ伏せている婦人の死体…住民保護の視点は欠落し、米軍の圧倒的な砲爆撃で多くの住民が犠牲になった。5月下旬以降の南部戦線は日本兵による食料強奪、壕追い出し、壕内で泣く子の殺害、住民をスパイ視しての殺害が相次いだ。日本軍は機密が漏れるのを防ぐため、住民が米軍に保護されることを許さなかった。そのため戦場で日本軍による命令や、強制、誘導によって親子、親類、知人同士が殺し合う惨劇が発生した。」(琉球日報 社説)

安倍政権の一連の外交・安全保障政策は、憲法9条の「無力化」によって「戦争のできる国」をつくろうとしている、ようにしか見えない。その影響を最も強く受けるのは沖縄である。…安倍政権の下で沖縄の基地再編が進み、仲井真弘多知事の埋め立て承認に基づいて名護市辺野古に巨大な米軍飛行場が建設されようとしている。辺野古埋め立てを承認した仲井真知事は、ことし一体どのような内容の平和宣言を発するのだろうか。戦後一貫して沖縄に過大な基地負担を強いてきた日米両政府は、一刻も早く理不尽な政策を転換すべきである。(沖縄タイムス 社説)

昨夜は丸山眞男集第3巻・4巻から「超国家主義の論理と心理」と「軍国支配者の精神形態」を拾い読みをし、またまた腹を立てた。
と言いながら、東京裁判の戦犯たちの自己弁護のサマを読むと、そのうち笑いを隠せなくなるのである。どうにも救いがたい。丸山眞男も本当はひどく腹を立てているにちがいない。文章上は「…新鮮な驚きと強い警戒を忘れてはならない」などと収めているが。

○実貴のママさん死去   6/20
月例の3人飲み会でいろいろサービスしてくれていたバー「実貴」のママさんが亡くなった。すい臓がんが骨に転移し、痛み止めで頑張っていたが力尽きた。気がつき、気が利き、親分肌だった。彼女については前にも少し触れたので省略。合掌。

当日はたまたまその実貴会だったが、容態がよくないので別の店でやった。「梅田朝飯会」の吉田幸伸さんにも参加してもらい4人だったが、何となく落ち着かないのでハシゴ酒となり、最後は「お酒のバー」とかでコロッケをお土産にもらって帰宅。

 新聞遊び

○JR江差線で貨物列車がまた脱線

22日午前4時15分ごろ、北海道木古内町のJR江差線泉沢札苅間を走行中の貨物列車の後ろから2両目が脱線し…運輸安全委員会は調査官3人を現場に派遣した。JR北海道では昨年にも函館線大沼駅で貨物列車が脱線。その後、レール異常の放置や検査数値の改ざんが相次いで発覚。江差線では2012年4月と同9月、貨物列車が脱線している。(毎日新聞第1報)
どもならん、ノーコメント。

○日銀函館支店長交代
「沼本新支店長が抱負―道南理解し情報発信」
   (6/21 道新)
新旧2人の写真が出ていた。沼本(ぬもと)奈美さんは48歳。東京本店の友人からの情報によると独身。赴任前に私のことを話しておいたというが…どうなるか。
          「黒猫と女」小島功 広告転載→

○道新コラム「卓上四季」の筆者交代
(6/23から)
鋭く歯切れよく、とくに、集団自衛権容認や原発再稼働に反対の―コラムというスペースだが―論陣を張り、他紙と比べると光っていた。これからも期待したい。

○ワールドカップ
サッカーに興味はないが、負けたり引き分けたり程度は知っている。ミズダコがドロ−と占ったというから面白い。
それと、若いときゴールキーパーだったのが、作家カミュ、ナボコフそして元ローマ法王ヨハネ・パウロ2世だという…それは知らなかった。
どっちも、ま、どおってことはないが、大きい見出しで「集団的自衛権よりW杯? 反対集会 道内低い関心 首相の強硬姿勢に焦り 市民団体など活動強化」というのもあった(6/22 道新)。

   +++++     +++++     +++++     +++++     +++++

○丸山眞男の補足
丸山眞男には目の覚めるような言葉がたくさんあるが、第3巻・第4巻の中の2論文で有名なのは、以下の3つではなかろうか。簡単に引用してみると、
@「抑圧移譲」―日常生活における上位者からの抑圧を下位者に順次移譲して行くことによって全体の精神的なバランスが保持されているような体系。

A「天皇との距離」―「全国家秩序が絶対的価値たる天皇を中心として、連鎖的に構成され、上から下への支配の根拠が天皇からの距離の比例する」あるいは「国家的社会的地位の価値基準はその社会的機能よりも、天皇への距離にある」。

B「無責任の体系」―これは短い引用では分かりにくいが、「(東京裁判での)戦犯者たちの異口同音の戦争責任否定」などを介して、日本ファシズムの矮小性を分析・指摘していく。「被告の千差万別の自己弁護をえり分けて行くとそこに2つの大きな論理的鉱脈に行きつく。それは、1つは既成事実への屈服であり、他の1つは権限への逃避である。」そして「むすび」で「ほぼ以上のごときが日本ファシズム支配の厖大なる『無責任の体系』の素描である」。

福沢諭吉についての解説・読み解きもじつに見事だが、これは省略。
ここでは1つだけ紹介しておこうか。丸山眞男は「福翁自伝」の最後の言葉を教えてくれた―「残る余世でやってみたいと思うことは『全国男女の気品を次第次第に高尚に導いて、真実文明の名に愧ずかしくないようにすること…』である、と」。 都議会の野次を諭吉と眞男はなんと思うだろう。               おわり  

                   美原だより14-06-18へ