14-06-18(2014年 第27号)   
○はこだて国際民俗芸術祭オープニングライヴ  6/15  市民会館小ホール

   「ショピン」のライヴ
4バンドが出演するライヴに出かけた。田中はる枝さんの息子さんのグループ「ショピン」も出演するので、仲間たち7、8人と一緒。

初めの「ひのき屋」で盆踊りを教わり、2番目の「ショピン」ではフランスの夫婦げんかの踊りを教わった。

椅子に腰かけたまま手だけ動かす盆踊りに対し、立ち上がり、向かい合い「殴る蹴る」のけんか踊りは派手で、盛り上がった。

私はガ・フレと殴ったりつねったり泣き合ったりした。一穂さんや和子さん、峰子さんなどは遠慮していたが。

民族または民俗音楽とか、ニュー・トラディショナル・ミュージックとか、いろいろあるらしいが、私はまるで知らない。おもしろくて楽しめればいい、とあっさりしたもの。その日の音楽も、ま、気軽に聴いて愉しんだ。

そのニュー・トラの前に、別ホールで女子短大生のマジック実演と「光る影絵」を見た。子ども相手の手品を演じる彼女らが、まるで子どもに見えたのにびっくり。私の好きなAKB48もあの年頃かと思ったら、急につまらなくなった…あの水着姿もオッパイ写真も「こどももの」かと思ってしまった。

3つ目のバンド「カンラン」の途中で出、市電で十字街に行き、金森倉庫群の中のビアホールで黒生を飲んだ。
大三坂を上り居酒屋「九条」に移り、田中夫妻と4人で飲み始めた。私たちのために貸切にしてくれ、上等の刺身を用意してくれていた。

しばらくすると「ショピン」の4人全員が来てくれ、8人で、さまざまな銘酒を21杯飲んだ。ビールや焼酎の人もいたが、私はビールのあと日本酒を大いに飲んだ。 

    はる枝さんと「ショピン」→

○競馬場見学
上記芸術祭の前触れライヴに行く前、道草し…生まれて初めて競馬場に入った。前日から始まっていた函館競馬。

交通整理人が何人もいて、満車の駐車場におどろき、入れば中にいる人の数におどろいた。
1レースを見、パドックを見学した。時間不足で馬券は買えなかった。
        スタート直後のレース
正面に大きい野外テレビがあって実況している。鼻差とかの着順がよく見えるかららしい。
観覧席で見ていたら、ゴール直後、すぐ近くの人が突然大声を出したのにもおどろいた。「ヨシッ」。当たったのだろう。

「…見学」とした割にあっさり切り上げるが、じつは競馬には興味がないから。

街なかを歩いている人は少ないが、函館は、芸術祭といい競馬場といい、いるところにはたくさんいるものだということは分かった。


○回転寿司に2度  6/14  6/18
月例の回転寿司ランチ会に、滞在中のガ・フレを加え4人で「函太郎」へ行った(従来はまるかつ寿司)。おしゃべりしているうちに、近くもう一度来ようとなり、同じ店でまた中トロなどを食べた。高価なせいか1皿1貫だから、2貫食べるには2度注文しなければならないが、やはり旨い。

ついでに言えば、17日には初めて蔦屋書店のレストランでランチを食べ、夜はイタリア料理の「コルツ」でコース料理を愉しんだ。20日には大阪「梅田朝飯会」のYさんが函館に来、氏は「常寿司」の常連?ファン?なので、また寿司が食べられる。
                                  おわり

                   美原だより4-06-13へ