14-06-13(2014年 第26号)  
○準備を少し
独りでできるうちにと、緊急連絡先一覧を作り、玄関内にぶら下げた。カギは近くの方に預けたので、連絡がつけば開けてもらえる。
入院用と避難用のモノを少しばかり紙袋に入れた。
いずれは自筆遺言状を書いて法的拘束力を持たせる予定!?。といっても財産はない。それでも揉めないようにと。人さまに迷惑をかけないことをモットーに。
その月暮らしの年金用通帳の暗証番号は数人の!? ガ・フレに教えておくつもり。
遺言練習帖は遊びで、随時書き足せばいい。拘束力はない―当たり前だ。

○ごまめの歯ぎしり

本当に、こんな程度の反対騒ぎ!?で、憲法というものが踏みにじ(大江健三郎)られるのだろうか。信じられない思いで、ぽかーんとしている。なんと簡単なのだろう。チャンスに恵まれ、うまくいったとほくそ笑んでいるのは誰だろう、どのくらいのパーセンテージだろう。

こんなものなのだろうか―繰り返しになるが―この憲法下で生きてきた「民主主義教育の申し子」としては、あれよあれよのスピードについていけない。こんなにすんなりいい加減に、鉄面皮なはぐらかし論法で、学者・評論家や有力メディアや世論・集会・デモなどの反対を無視し、イケイケドンドンで進んでしまうもんなんかねぇ。

めぐりあわせの悪さか。あちらさんは千載一遇の好機をつかんだか。意見はいろいろあっていいが、違憲はよくないはず。

私は民主党の政権交代に大喜びしたが、たちまち大落胆―ウソみたいな実態に。で、無知と羞恥と後悔にさいなまれた。民は騙されるものだった。昔も、戦争に、スターリンのソヴィエトに、知らされなかったので騙された、と思っている(大雑把な言い方だが)。

それにしても姑息な方法をとるもの。閣議で決めちゃおうという乱暴さ加減。それを許す政治環境に気付いたときは、なにかすでに遅かったか。

野党は完璧に無力、というより特に民主党は、反自民派を自民へ追いやった意味で逆噴射したのだから罪は重い。公明党は自民党についていかなければ存在できないから賛成するに決まっている…荒寥たる風景。

大方の政治家のレベルはもう「ご立派」と言いたいくらいだ(自民党河野太郎のブログ「ごまめの歯ぎしり」はいいし、村上誠一郎は「もはやファシズムの危機」といっているなど、1部には「普通に立派」な議員もいるが)。

ごく最近の安倍首相=政権に対する批判の言葉は、以下にピックアップするように―新聞だけだが―ずいぶんきつくなってきた。

「首相、自分に酔っている」(深澤真紀)「心の病の末期症状」(香山リカ)「情緒に訴えるのは卑劣」(赤坂真理)「悲しいほど自己陶酔型の人物」(保坂正康)「乱暴かつ狭量」(道新コラム)「まともな理屈でない 全くナンセンス」(元法制局長官)「まるで歴史の"敵討ち"…祖父の世代の"恨み"を晴らさんとばかり…」(卓上四季)「ルール違反というよりルール無用」(道新『今日の話題』)「倒錯に気づかないのか」(卓上四季)「国民を欺く首相の詭弁」(朝日社説)「どうもこうもならん」(卓上四季)。
川柳も激しくなってきた。「『安倍総理バンザイ』と散る自衛隊」「『平和党』そんなお世辞も言ってみる―ズルズル後退の公明党に、評者」 朝日川柳 6/13

幸いにも私は相当の齢に達したので、これからのいやな想いは短くて済む。「平和ボケ」でけっこう、いい時代でありました…さよならが近いので(これまた大雑把な言い方だが)。

○モジリアーニ
ホームページの表紙のモジリアーニを1枚入れ替えたが、部分でなく全体はこの通り。なんと美しいものか、と私は思う。
これまでのところ、私の"ホルモン療法"はうまくいっている。いずれは製薬会社と医大研究チームから、癒着しませんかと誘いがくるだろう。
AKB48の娘の写真もいいが―卒業した大島優子よりコジハルが好き―官能美の絵もいい。

       

○オペラをラジオで聴く…蛇足
5/30はベルリーニの「清教徒」だった。ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でのライヴ録音。今日6/13はやはりベルリーニの「夢遊病の女」。バルセロナ・リセウ劇場版。
オペラを語る資格はないが、コソコソ独りごちれば、公演によってずいぶん違うものだという当たり前のこと。聴きなれたCDと比べれば私にも分かる。早くも結論を言えば、進化していると思う。工夫され、考えられている。特にメトロポリタンのは、録音がいいばかりでなく、出演者が選ばれていた。CDが欲しいくらい。スペインのはやや劣る。
かつてはもっぱらヴェルディだったが、ほかにも山とある。近頃はベルカントのベルリーニがいい。次は新しい「ノルマ」を聴きたいと思っている。      おわり

                   美原だより14-06-10へ