14-06-10(2014年 第25号) 
○島牧ドライヴとチェンバロと温泉    6/7-8
島牧村のユースホステルに1泊し、アフタヌーンコンサートとして森洋子さんのチェンバロ演奏を聴き、日本海を見ながら温泉に入ってきた。 
     
       島牧ユースホステル(ネイチャーイン島牧)の窓から見た日没

    
   森洋子さんのチェンバロコンサート          くつろぎのひととき

     
 めのうジャスパー(石)が拾えるという海岸     モッタ海岸温泉の露天風呂

          
       八雲チーズ工房            谷目基制作の手回しオルガン                            

                             島牧よりやや北の海の事故 
2日とも天気が激変した。晴れ間もあり、一時雨も降ったが、大方は曇って強風が吹き荒れ、峠の濃霧では前方が見えなくなった。じり(海霧)とか山背という言葉が行き交った。

札幌西の日本海の泊原発を始点とすれば、そこから海沿いに南下すると岩内、寿都、島牧、瀬棚そして江差となる。島牧は寿都と瀬棚の中間あたりの漁村。人口約1900人。ブナ林も大きい。観光では千走(チハセ)川上流の落差70bの「賀老の滝」が有名か。

そこに田中はる枝さん夫妻が懇意にしているユースホステルがあり、そこで開催されるはる枝さんプロデュースの森洋子チェンバロコンサートは今回で5回目という。

コンサートを聴きがてらの1泊ドライヴに連れて行ってもらった。東京の氷室さん、鹿部の三浦さん、函館の江口さん、私と田中夫妻の6人旅。
              

                                 

大沼公園駅で落ち合い、一穂さんの運転でスタート。長万部まで北上してから小樽へ向かう函館本線に沿い進み「蕨岱」で分かれ、山道に入り峠を越え、大平川に沿って日本海に出るコース。
途中、黒松内町ブナセンターに立ち寄り、手回しオルガンの2曲を聴かせてもらい、しばらく休憩。

ネイチャーイン島牧
ここはユースホステルでもある。居心地も雰囲気もとてもいい。自宅木工所手作りのさまざまな家具調度や同じ手作りの陶芸品の数々。親夫婦息子夫婦に孫1人の明るい一家。いろいろと特別にサービスしてもらったよう。

部屋で荷をほどき、腹が減ったので近くのレストラン「カリンパ」で昼食。私はサクラマス定食。

アフタヌーンコンサートin島牧 プログラム 
                       チェンバロ 森 洋子
 スウェーリンク   「緑の菩提樹の下で」
 ファーナビー    「古いスパニョレッタ」「おもちゃ」
 パーセル      「あたらしいアイルランドの旋律」ほか
 ブル        「王の狩り」
 ダカン       「かっこう」
 F.クープラン    「神秘的なバリケード」
 L.クープラン    「プレリュードとパッサカリア」

地元の大人、子ども、赤ちゃん、村長さんまで、10数人のお客さん。

千走川温泉と夕食
賀老の滝の手前の小さい温泉でのんびり。露天風呂はない。入る前に道の駅「寄ってけ島牧」で宴会用のビールや酒、それぞれはアスパラ、タケノコ、唐辛子などを買っておいた。
食事は地物中心の豪華料理。例えば、飛びっきり生きのいい刺身―平目・ほっき・甘エビ―ニセアカシアの天ぷら、焼姫竹、ウドの皮など。甘酒豆乳アイスとか、ハマナスのゼリー・ジャムなども珍しかった。もっといろいろ出たが完食。
2階で2次会。われわれ6人は話が尽きないから他の客に遠慮し、ドアを閉めての「おしゃべり宴会」。

海岸の石拾い
翌朝は海に出た。堤の上は立っていられないほどの風。その風をよけて水際に下り石を拾ったが、メノウジャスパーなんて知らないから、意味もない記念の一石だけ。朝食も完食。
隣接する道の駅と駅前の日曜朝市でそれぞれが買い物。軽トラックが並び、荷台の物がじゃんじゃんおもしろいように売れていく。私はワサビとタケノコを買った。

モッタ(茂津多)海岸温泉
栄浜の茂津多温泉に入った。私のホームページの旅の記録によると1985年6月15〜16日に札幌から黒松内・寿都・栄浜・岩内・小樽と旅をしている。約30年ぶりの温泉。建て替えられ、露天風呂もつくられ、こぎれいになっていた。
当時はその栄浜がバスの終点で、温泉に入ってもそこから引き返すしかなかったが、今回はそこから海沿いに、海岸線や岩の風景などを愉しみながらドライヴ。海水浴場の三本杉岩のドライヴインで、一度は食べたいと思っていた岩海苔を買ってきた。

昼食は八雲の「スイス家庭料理のレストラン・アルポン」で。なかなかのお店。調度備品などもいい。客の出入りに無言であいさつする賢い犬が2匹。
ここからドライバーははる枝さんに交代。で、一穂さんは生ビールを1杯。私もビールを…。帰るときテラスで見送ってくれた犬が「さよなら」と鳴いたときはさすがにおどろいた。

そのあと、八雲チーズ工房に立ち寄り、はる枝さんの顔で!?コーヒーとチーズの盛り合わせをご馳走になってから、それぞれにチーズやヨーグルトを買い、私も何種類ものチーズを買った。好感度抜群の夫妻。コレクションのオカリナやペルーの笛・ケーナを吹かせてもらったり、古いカメラを見せてもらったり。

大沼公園駅前の沼の家で羊羹とだんごを買ったり(もらったり)し、大沼駅まで送ってもらいJRで無事に!!函館に戻った。
                                    おわり

                     美原だより14-06-05へ