◯怪事件が近くに…  5/21.22.23.24の新聞から

 























よくないニュースだが、私が住む団地の隣り棟のことなので、一応書いておこう。
この団地はコの字型に1号から6号棟まであり、事件は2号棟1階で、私は1号棟3階。
白骨が入れられていた物置は、私が使っているものの延長線にあり、距離にして50メートルもないかもしれない。

私は物置捜査も、警察の人も車も、その後の住民の立ち話!?も、何も見ていない。いつもと同じひっそりかん…何もなかったと同じ。

独り暮らし高齢男性年金生活者の行末とすれば私と似ている。
他人事とは思えないが、さて、それでどうする、と問われても、まだ対策なしで、いい加減な暮らしをしているので、参考になるようなことは答えられない。

また、そういう人はたくさん存在し、さまざまなケースがあるから、その意味でも参考にはならない。

根っこに経済的貧困があろうとも、それだけではないから、語るのも簡単ではない。ここでは「事件」として、関係しそうな単語だけ並べてみようと思う。

問題点=単語ピックアップ
妻の死(離縁)、再婚―面倒見・介護期待(甘さ)
(生前の生活態度―交際範囲、知人・友人らの有無)
年金狙いの存在 
 Ⓐ介護申し出の善意無報酬or貧困=たかり親族・友人etc.
 Ⓑ同居=結婚狙いの女
死と葬儀 
老衰―病気―邪魔者扱い―死(殺人)―処置困難―放置―隠匿 
手続き面倒で不正受給の誘惑

興味本位のようだが、強い興味でもない。現日本の老人問題の(良くない)現われの1つにすぎない。
見通しの悪い政治のなれの果て。しかも、この手の手遅れ承知の無策的施策=悪い政治は当分続きそう。

      
      14-05-26(2014年 第22号) 

◯ルオー展  5/24  道立函館美術館
美術館の講堂で学芸員柳沢弥生氏のセミナー「ルオー芸術のたのしみかた」を聴いてから見た。いい話だった。
今回はパナソニック汐留ミュージアム所蔵のうちの105点。私は2009年11月、札幌で出光美術館蔵約170点の展覧会も見ている。若いときは八重洲ブリヂストン美術館でよく見ていた。いつ見てもルオーはいい。ま、ルオーいいと言うべきだろうが…。

カタログも絵葉書も色が極端に違う=悪いので買うのは止めた。まるで粗悪品。奥付の印刷会社の名前を脳裏に焼き付けてきた。

◯クリニックと蔦屋書店  5/20
自転車で約20分、函館泌尿器科で採尿。血尿なし。次回―4週後―のPSA値は、多分2か3の低度だろうと予告してもらった。
それから蔦屋書店で遊んだ。本の背表紙を見る楽しさ。疲れた。レストランに待ち客がいておどろいた。レストランとしては大きいほうなのに、他には見られない満員風景。スターバックスはフォーク並びの行列。

◯谷地頭温泉とすきやき  5/22
例によって―たまにだが―温泉に入り、古西商店でビールと日本酒少々を立ち飲みし、その足で老舗の「阿さ利」ですきやきを食べる(ビールと日本酒も)コース。ガ・フレにおごってもらっちゃった。

◯クリニックとイタリア料理  5/23
心房細動の定検のあと、満席の日の多い「コルツ」でイタリア料理のコースで飲み食い(ビールとワイン)。ガ・フレにお返しした。
                                  おわり

                       美原だより14-05-21へ