14-05-21(2014年 第21号) 
◯「そこのみにて光輝く」  5/16   シネマアイリス
ガ・フレと見に行った。函館に関係の深い映画で、現在長期上映中。ロケ地が市内や近郊だし、市民の協力で制作された面が強調され、市民のほうにも応援気分があるようだ。函館出身の作家・佐藤泰志原作の2本目の作品である(第1作「海炭市叙景」―私はこれも見た)。

相当に貧乏な暮らしぶりが濃密に描かれる。私も戦中・戦後に亘って極貧生活をつづけたから、おどろきはしないが、あの、だらしなさ、汚さ、不潔さは、当時と別物のような気がする。時代は分からないが、いまも貧乏な家庭は少なくないと思うものの、現実感というか、リアリティ=アクチュアリティが一致せず、ズレた。だから、私はまず、貧乏暮らしの実際を知る必要があるとヘンなことを思った。昭和で言えば、30年代・40年代頃の暮らしと、今2010年代の貧乏の実際。

海に近いボロな一軒家に脳梗塞で寝たきりの男と酒浸りの女の両親を持つ娘とその弟の4人家族がある。弟はちょっとしたことで仮釈放中の無職青年。年頃の姉は、身を売って家族の暮らしを支えている唯一の稼ぎ手。そこへ現われるのが、職場の事故で同僚を死なせたとの意識に攻められている失業青年。と、これだけの設定で、やりきれなくなるムード。
この男女の恋と愛がどうなるか。
なかなかに見せる―はやり字だと魅せるか―のである。
私は映画も小説も、すぐ引き込まれるタチだから、すべてをまずは受け容れ、分かろうとする。内容には触れないが、いろいろあっても総じて説得的で―ありうるだろうと飲み込み―タイトルどおり、そこにだけ一瞬光が当たった恋愛、と言っていいと思った。

◯加納栄利子さんが雑誌に紹介される  peeps 4月号

大学を卒業し、ドイツへ留学し、シュタイナーの実践教育を受け、そこで織物に出会い、帰国後、専門的に学び、染色にも手を染め、いまは谷地頭の自宅で、創りながら障がい者などに教える立場になっている。
私は何も知らない仕事だが、彼女が真面目な努力家であることは知っている。
いまは行き来も少なく、あれこれの集まりなどで顔を合わせる程度だが、私とは血のつながらない義理の姪という間柄。




◯「teteの会」が新聞雑誌に紹介される
            5/14 道新 peeps 4月号
手縫いの布ナプキンなどを作るグループの主宰者・田中はる枝さんが道新と雑誌「peeps」4月号に紹介された。
この会は昨年は東京・中野と函館で展示会を開き、収益の1部は大震災関係に寄付したと言う。
森町や函館など地元中心の女の、楽しそうな集まり。いまはふんどしなどもつくっていて、私はプレゼントしてもらったことがある―。写真右隣は岸本和子さん。2人とも本読み会「リブリ」の会員だった。

◯ピアニスト・大井和郎さんが新聞に紹介される  5/19 道新夕刊
見出しは「道南から世界へ ピアニスト育成」「北斗に移住し活動する大井さん」。

「大井さんは東京生まれ。東京音大付属高を卒業後、米国シンシナティ大音楽院に進学し、学士、修士を取得。1985年のエリザベス・ハーパーコンクールで優勝するなど数々のコンクールで優勝や入賞の実績を持つ。
 88年に帰国後は、ソリストとして各地でコンサート活動を行っており、これまでに『リスト パガニーニ・エチュード(完全盤)』など9枚のCDを発売している。…祖母の故郷が函館だった縁でたびたび訪れていた道南が気に入り、昨年7月に北斗に移住。演奏活動の拠点を移した。
 同時に、大井さんは『ピアノを本格的に学ぶために、札幌などに習いに行っている生徒もいると聞く。道南から優秀な生徒を輩出し、世界のコンクールで1位を取れるようなピアニストを出したい』と考え、昨年10月に『エコールドゥムジーク』をスタート。教室では、ピアノの名器として知られる『ベーゼンドルファー』を使」っている。

ガ・フレが昔から氏のファンで、応援もし、東京のリサイタルもよく聴いていて、プログラムやチラシばかりでなく、CDを何枚も送ってくれるので、私もよく聴いている。リストの難曲も弾く実力者で、リスト弾きと言ってもいいが、もちろん他の曲も上手い。私は好きな「乙女の祈り」が入っているCDもよく聴いている。

◯月例回転寿司ランチ会  5/19
生ビール無料券2枚がつくサービスメールは、無料から半額券に化けたが、飲兵衛はそれでもうれしいもの。滞在中のガ・フレも加わり、4人で大いに飲み、たらふく食べた。
2次会は初めての花園町のケーキ屋「Doux et Tendre」でコーヒーとケーキ。喫茶コーナーの白壁にはミュシャの連作パネルが飾られていた。私は甘いものも食べる。

◯読者のお便り
桜の季節を迎え、一斉に春が来た気分なのでしょうね。「…すぐには書けない。何しろ80歳だから…」―確かに驚かれる元気さです。うらやましい日々です。行動派の強さでしょうか。今回もいろいろ、ありがたく拝読させていただきました。

◯埋め草句
  ベランダから5メートル掴み取る緑葉
  掌の中の緑葉二三起ち上がる
  新緑に伸び行くはバッハ無伴奏曲 

                                   おわり
 美原だより14-05-13へ