14-05-04(2014年 第19号)  
◯束の間の花見時

開花宣言が4/28、満開宣言が5/1。私が見に行った4/30は5分咲き以下と見えたが…。
3日はまだ満開だが、よく見れば1部に葉桜の兆し。しかも宴会たけなわの午後に雨が通過し、一時は強く降ったので傘では防げず、避難するほどだったと―。
4日午前現在、強風。

           今年は宴会のスナップを    5/3    五稜郭公園  

    

    

    
             ↑上の3枚は雨が降る前の宴会風景
 
               数時間後の雨上がりの光景      
   
            ↑ 写してもらった雨後の1人宴会カメラがちがう

花の下のうれしかったこと。その日の私はこうだった。

1時半開始の講演(別項−後日。沖縄の小村・高江のヘリバッド建設反対抗議行動の映画に出た村民の1人・伊佐氏の講演と憲法記念日・道南市民の集い)を聴きに行くため、自転車で、途中、図書館に寄って本を返し、そこに自転車を置いて、湯の川行市電に乗った。その停留所まで、歩きながら花の下の宴会風景を撮った。

いい話を聞き、はる枝さん君子さん峰子さんと一緒に、4人で帰ることにした。4時前。外に出ると小雨が残っていたが、大分降ったような痕跡。

それぞれ用事があるので五稜郭電停で別れ、私は往きと同じ桜の中を歩いて図書館へ向かった。あちらもこちらも宴会は中止され、大きいシートは濡れ、火は消され(写真を撮っておいてよかった)、そして雨は通り過ぎていた。

じつは私は図書館のロッカーに、ビニルシートと保冷剤とビールを預けて置いたのである。
雨上がり、人の少なった、外堀の空きベンチ――そこにシートを敷き、冷えたヱビスの黒を出した。厚手のジャンパーを着て行った。

たまたま高級カメラを肩に下げた若いカップルが通りかかったので、声をかけた。
写真を撮ってくれませんか、と言ったら、私を写すのかという顔をしたので、このデジカメのシャッターを押すだけですと言って渡した。
写してもらった写真を見ると、暗い(上の雨上がりの濡れた歩道、まだ怪しい空模様も)。しかし、仕方がない。
すると、彼が自分のカメラで私を写し、それを見せてくれた。明るい。彼は5、6枚写してくれた。しかし、ひとのカメラに収まっても…と思ったら、カメラからカメラへ移せるかもしれないという。ナールホド。想定外。それからは新しい世界。操作を進めてくれた。

私はとんでもない専門家に出会ったらしい。彼女も詳しいらしく、覗き込んでは、あ、できそう、あ、できる、などと言っている。メモリーカードが同じなのでできたのだという。よかった、と2人も喜んでくれた。私もラッキーと感謝の気分。

ビールを飲んでいきませんか、もう1本あるんです、と言ったら、車だから…。
私が、このことをホームページに載せるから、3、4日後ぐらいに見てみませんかと、URLのある名刺を渡した。すぐには書けない、何しろ80歳だからと言ったら、えっ、バリバリの現役ですね、そして、風邪をひきませんように、と言った。

爽やかなカップルだった。なんというカメラか聞かなかったが、2人はまたそれぞれに肩にかけて歩いて行った。
満開の花の下にうれしいことがあった。ありがたい。
                                   おわり

                         美原だより14-04-29へ