14-04-29(2014年 第18号)  
金子兜太2題                 除幕 2014-4-20  椋神社  朝日埼玉版
○「おおかみに蛍…」の句碑
      
兜太さんから電話をいただいた(敬称をつけなかったり、呼び方マチマチで失礼)。4/22。
用件は次項のことだったが、すぐに済み、私が「おおかみ…」と口に出したら、ああ、と引き取り、あの句の句碑の除幕をしたばかりだという。私はまだ知らなかった。そしてその句の話しになった。

あの蛍は光だという。「戦争中、千人針というのがあったでしょう。その腹巻に母がお守り札を縫い込んでいたんだな。ある夜、寝ようとしたとき、それが光ったのよ」という。
大きなものに、腹に、「ぴかっと光ったもの、それが蛍だな。句碑は椋神社に建ててもらった。出征したときの神社。猿田彦命が祀られている。遊びがてら来るといい。」そして「おおかみは絶滅したと言われているが、あれは軍馬を守るためだったな」と。

そのあと私が、いまオオカミ本が人気で、東京のある書店では「オオカミ本フェア」を開いたり、コーナーを広げたりしていますと新聞記事を紹介したら、それはご存知なかったようである。その新聞には「…人為的に絶滅させた反動で日本の自然荒廃が進む現状に危機感を持つ読者を誘っている」とある(4/13 道新)。

で、ネットで検索したら以下のような記事があったので、参考まで。
「ニホンオオカミより大型のエゾオオカミは、明治維新後に、北海道の開拓地で軍馬用の子馬が襲われるため、20003000頭が射殺、毒殺されたのが大きい。…オオカミの絶滅はやがて地域の生態系に影響を与えた。…イノシシやシカが急増する一因となり、今も各地で食害などの被害をもたらす。」(2010105日 朝日)

また、岩手県滝沢村誌にはこうある。

(明治9年頃)狼による馬の被害は年に五十頭、県に於ては駆逐策として狼の買い上げを同八年の八月より開始する。一年に満たざるに四十匹に達している。」

今年の蛇笏賞、読売文学賞を受賞した高野ムツオ氏の句集「萬の翅」にも狼が出てくる。
 「滅びたるのちも狼ひた走る」

○阿部の毒は安倍の毒  4/16 美原だより参照
兜太さんが「『あべ』の毒を消すのに、アニミズムの話ていどでは…」と書いた「あべ」は安倍首相のことだった。友人とのメールのやり取りに見逃しなどがあり、私の想像力不足も加わり、収め方がぎこちなかったが、兜太さんが「お前さん、誤解しているようだから、電話したほうがいいと思って…」とわざわざ電話をかけてくださって納得。「あれ、あれ、あの○○、首相の安倍だよ」―○○は、ずばりスカーッとする言葉。2人で笑った。

兜太さんは「美原だより」も「儚儚老随筆」もよく読んでくださっている。

○ガ・フレの投句特選句発見
「多喜二忌や地獄坂行く人無口  谷代久恵(札幌)」 特選?2句のうち 4/27 道新
前から入選していたのだろうが、初めて気がついた。年季が入っている才女。

○定量晩酌
「酒嫌い目指したはずの定年後 川畑哲彦」 4/25  朝日川柳
これは川柳。

晩酌が欠かせなくなってしまったが、辛うじてほぼ定量を守っている段階。
8時過ぎとか9時ごろに、パソコンを消してから飲み食いの準備に入る。
急に動作が早くなる。晩酌までの動作を追ってみると次のよう。
無駄なく手早く手を抜かず、冷蔵庫からいろいろ出し、必ず一品は温かいおかずをつくり、ほかに保存食などをセットし、最後に黒ビールと燗酒を並べ、やおら椅子に左膝を上げ、背筋を伸ばし、ビールはグラスに、日本酒は盃に、そして大きく息を吸い、吐き出しながら、いいなぁ、と無言で自分に言い、グイーッ、グビリ。
首を右に傾けては遠いことを、左に傾けては近いことを考え、いつしかボーっとなっている。それが好き。それがいい時間。約1時間。途中からご飯や餅などを食べる。
                                   おわり

                         美原だより14-04-23へ