14-04-23(2014年 第17号) 
○神崎文彦さん死去  4/17 
4/21、子息で後継社長の太一郎君から電話をもらった。
4/22、葉書が届いた。通夜24日、葬儀25日、築地本願寺。社葬と神崎家の合同葬儀。
享年75、白血病。

がっちりした体で、大きい声を出し、豪快に笑っていたから、簡単には死なない人間とみていたが,なんと白血病だと…分からない…。

40年近い長い付き合いだった。ずいぶん世話になったが、いい付き合いだったと思う。
彼は典型的な九州男児だった。

「(株)研恒社」
大会社とは言えないが、浮沈の激しい印刷業界にあって、一代で築き、いまも順調に業績を上げている会社。
印刷がいいと言われていた。本人も、質を落とさないから信用がついた、決して安くはないが、と言っていた。
印刷のほか、企画、出版も扱い、政策資料集「ニュー・ポリシー」を発行している。

少壮社長として会社を立ち上げ、最初は神保町の、たしか硝子会館ビルに入り、のち、いまの九段下のビル2階に移った。地下鉄5番出口の階段を上がり、出たところのスターバックスを左にはいって100メートル、と一口に言って教えてくれた。

中堅会社として社員は25人ほど、多いときは40人ほどいたと思う。
「100人以上もの生活を保障しなければならない」と言っていたから、社員の家族を含めた人数だった。
ワンマンだったが、面倒見はよかった。豪快な中に緻密な仕事と繊細な心配りが見えた。

会社は手形を振り出さなかった。小切手つまりは現金決済。ポリシーを貫いた。
いつのころか忘れたが、成田空港関係の印刷の仕事が取れて、潤ってきたと聞いたような気がする。
財産づくりもうまいらしい。株でも儲けたと漏らしたが、金額は知らない。

一時期、私は上京するとまず会社へ行ってあいさつし、マンションの鍵を受け取るのであった。会社裏の日本橋川に架かる俎橋の1つ上の橋を渡り、川を隔てた会社とほぼ同じところにマンションがあった。そこへ何日でも泊めてもらっていた。風呂から上がれば彼のバスローブを着た。昼飯は彼が作ってくれたりもした、ソーメンやスパゲッティを、手を抜かずに料理した。外での飲み食いも、いいところで散々ご馳走になった(後述)。

付き合いの始まりは、私の「個人通信 妙」の創刊号(1980/1)からの印刷・発行だから、もう35年も前。しかし、もっと前に日銀出身の画家Aさんに紹介され、その画家と私が金子兜太と一杯やるときなど、彼ももう1人の友だちと連れ立ってやってきたから、記憶には5人で金子兜太を囲んでしゃべっては飲み食いしていた風景。

「妙」はその年、第5号まで発行した(B5版、1号~4号各16㌻、第5号39㌻)から、ゲラ刷を持ってきてもらったり、出張校正で出かけたり、けっこう頻繁に出入りしていた。翌年からは号数は減ったが、結局1982年9月の第11号まで約3年間、「妙」は研恒社から世に出て行った(知合いばかりだが発行部数400。以後は私の札幌転勤により印刷所変更)。

ブランクはあったが、私は定年退職し(1993/9)、ローマに3年住み、東京で癌の手術をし、大沼で療養し、その間に「妙」はインターネットのホームページに移り、印刷とは縁がなくなったが、付き合いは大沼・九段下間で再開した。その間に会社は大きくなっていた。

2001年秋には研恒社の社員旅行が大沼となり、30数名が2回に分けて来てくれた。大沼がにぎわったほどである。社長はもちろん2回とも参加(宿泊は函館国際ホテル3泊)。

一姫二太郎の長男太一郎君は、幼いときはスパルタ教育を受けたようだ。当時、彼の家は荻窪で、私は鷺の宮だから、父子で遊びに来て、日銀舎宅の古い檜の風呂にはいったが、お湯を飲んでむせたりしても彼は平気だった。

成長し、あるとき、腹いっぱい焼鳥を食べさせるからと誘い、有楽町ガード下の焼鳥屋で、もう入らないというところまで食べさせたこともある。入谷の「鳥茂」で食べたこともある。大学を出て初めは就職し、その会社の仙台支社に赴任したが、たまたま私が仙台に行ったときは、一夜2人で牛たんを腹いっぱい食べたこともある。店の人がびっくり呆れていた。

父の会社に移ってからも、社長と私が飲むときは、秘書や若手社員と一緒に付き合った。彼は社員旅行のほかにも友人と大沼へ遊びに来た。
結婚することになり、彼女と京王プラザホテルで食事したが、父社長は彼女をどう思うか私に聞きたかったらしい(気配を感じた)。私は一見して太鼓判を押した。披露宴では主賓としてあいさつさせられたが、事前に教えてくれなかったので、風変わりな祝辞になったはず。もう、というか、お子さん3人。

彼女は国会議員の娘だが、神崎社長の碁敵は東北のある有名衆議院議員で、九段下のマンションには立派な碁盤が用意されていた。また、出身地博多の大臣クラスの議員とも懇意で、彼は冗談めかして私に、何か困ったことがあったら相談に乗ると言っていた。

長くなるが、思い出はまだまだある。
ある時期から彼は写真に凝りだした。富士山一辺倒と言っていいかもしれない。そういう写真好きはたくさんいるらしいが。

21世紀の元旦、初日の出の作品は、パネルというか、額装というか、立派なもので、今も私の家の玄関に2点大きく飾られている。取引銀行の1つ・武蔵野銀行で、ときどき展覧会をやっていた。
シャッターチャンスを増やすためだろう、彼は河口湖畔に別荘まで建ててしまった。
乗用車は日産の何とかいう大きい車だが、トランクにはいつも機材がぎっしり。大沼にきたとき、カメラだけで100万円とかいうので、触るのも遠慮した。
私がローマに移住するとき、ニコンF2を彼に上げたが、それがカメラに凝った一因になったかどうかは知らない。

ここで言っておけば、夫人はスキューバダイヴィングで「対抗」しているとか…。夫人と言えば、彼女は書家でもあり、私は「妙」の題字を書いてもらった(2代目が大谷清照さん)。
夫婦円満。親子とも家庭円満。これも彼の強みだった。

カンちゃん・阿部ちゃんと呼ぶ仲だから、ざっくばらんに付き合ってきた。にぎやかに飲むのが好きだから、いつも仲間がいる。また飲む話になるが、例えば新宿西口の、一時小便横丁と呼ばれた中の、夏など屋台に近い「かぶと」が2人とも好きで何度も行った。うなぎ串焼きの店で、カバ塩と言ったか、口の中が血だらけになるものも食べた。ひれとかえりとか「一通りセット」では足りなかった。

世田谷の舎宅に住んでいたときは庭が広いので、焼鳥パーティをやった。あちらは博多出身の在京メンバーまで誘い、こちらも知り合いを集めたので総勢20名ぐらいになった。

あちこちでご馳走になった。私は勘定を払った記憶がない。
新宿の料理屋、居酒屋、バーなどを飲み歩いた。私の行きつけの銀座のバーでは、バーボンのジャックダニエルだったか、あっさりキープしてくれるので、黙って自由にいただいた。


神崎文彦は逝ってしまった。残念。じつに残念。後悔も残る。慚愧に絶えない点も…。
どうしよう。どうにもならない、のか。つらい。
しかし、私の正面に彼はいる。全体にとってもあたたかい。大きく笑っている。

                                おわり

                     美原だより14-04-19へ