14-04-19(2014年 第16号) 
○この程度でくたばって…   歴史散歩の会  4/18
「自転車で出かけ、少し歩いてきた」―若い人ならこう言うだけで済むのだろうが、私は頑張りすぎてくたばったと言う。その要約。

今月から「歴史散歩の会」が再開された。歩ける春が来た。
日課の体操のあと9時に出発。自転車で約40分、十字街の通称「まちセン」の3階に上がった。そこで資料をもらい、コースや歩く心得の説明を受け、ほぼ100人が一斉に歩き始めた(10時20分)。私はその前に―玄関口集合まで約10分あったので―1階の写真展「スペイン・サンティアゴ巡礼の道の魅力」を見た。28点の素敵なパネルがあった。また、この会主宰中尾氏の著書「箱館はじめて物語」を買った。受付には旧知の横内さんがいて立ち話。

@最初は宝来町の蕎麦百年碑。函館の蕎麦屋の歴史と現状を聞いた。以下各碑の説明は省略―機会あれば紹介したいが今回はコースのみ。

A高田屋屋敷跡。高田屋嘉兵衛の広壮豪華な邸宅の話。

B北海道写真発祥の地碑

C武藤善友歌碑
ここまでは短いコース。護国神社とその坂下の高田屋嘉兵衛像の延長線上にあるグリーンベルトの中に目立たないようにあった。幾度も通っているのに気がつかないものばかりだが、嘉兵衛の屋敷跡以外は、その場に設置したことの意味がごく小さいと言っていいらしい。

そこから少し曲がって、
D函館市役所跡

E函館市道路原標。木造旧桟橋のところ。函館・札幌間の国道旧4号線の始点。

F北海道第一歩の地。明治天皇上陸地のことで、海上自衛隊基地の中にある。そこは特別見学の形。もっとも、夏の花火大会のときは一般客千人くらいは入れるという。

G明治天皇上陸記念碑              →
上陸し石畳の道を進み、目を上げれば正面に函館山という位置にある。自衛隊基地を出てすぐ。その先の坂は基坂。上陸は明治9年と14年の2回。
坂の始点に、鳳凰が―彫刻家梁川剛一の作品(高田屋嘉兵衛像も)―函館山のほうを向いて羽を広げている。
そこは元日銀支店の横だから、大げさに言うと出勤時、毎朝見れば見えた場所にある。

H田屋本店跡。また嘉兵衛。彼の人生は目まぐるしい。邸宅も商店も大火などで転々。委細省略。

I函館病院再興記念碑

少し戻って、基坂を登り、山を巻くように歩き、東本願寺へ。
J明治天皇御遺跡碑
皇紀二千六百年記念―神武天皇の即位からですよ、との説明。東本願寺正門脇。

K叶同館跡。その左隣り―説明が聞き取れなかった。

以上、それでも2箇所を省略し、12時半近く解散。所要2時間。けっこう歩いたという人が多かった。

ちょうどハム・ソーセージのカール・レイモン店の近くだった。今日から特売というチラシを見ていたのでまとめ買い。ちこちゃん(温泉ドライヴメンバー。この会の常連。で、一緒に歩いた)と行き、買ったものを持ってもらった。スタート地点のまちセンまで歩き、そこで分かれ自転車に。帰りは緩やかながら登りとなる。

駅前の棒二森屋のドンクでパンをまとめ買いし、回転キャンデー? で何種類か買った。ハムとパンの包みを荷物篭に入れたらもういっぱい。立ち寄った郵便局では、荷物2袋を出して持ち歩き、年金を引き出した。
2時、腹が減ったので五稜郭公園近くの「とん喜」で、たまたま金曜サービスの「特上ロースかつ定食」1000円を注文。生ビールを2杯飲んで完食。
五稜郭の濠端を1周したあと、いよいよ帰りのサイクリング。
ゆっくり漕いだ。ゆっくり過ぎるとふらふらする。前の荷物が重いからハンドルも重い。歩道に駐めてあったバイクに接触してしまった。バイクの左ハンドルの先が、荷物篭の目に入ってしまい、パンが少々つぶれた。大したことはない。誰も見ていなかった。あとで気づいたが、右腿に打撲らしい痛み少々。
坂道が苦しくなり、しばらくは自転車を押して歩いた。便意をもよおしてきた。食べるとすぐ出るタイプ。急いだ。息が切れた。間に合った。

すぐ風呂をわかし、ただ浸った。すぐ寝た。1時間。覚めたら5時だった。
そういえば前日17日は回転寿司(3人ランチ会)と喫茶店(六花亭。同)と温泉(サイクリング)だった。やや疲れていたか。
夕食はパンと温め直した味噌汁だけで、飲まずにパソコンに向かい、1時半に寝たら10時まで熟睡―トイレに起きなかった。

19日、スペイン映画を見る予定は取り止め。20日は「バル街」で何人かと飲み歩き、21日は泌尿器科、22日は心房細動の定検、そして25日は実貴3人会と続く…。

                                 おわり

                        美原だより14-04-16へ