14-04-16(2014年 第15号)
○読書会で「サロン文化」についておしゃべり  4/15
2度目の発表となった。内容は2月の「丸の内朝飯会」と同じ。今回は時間をもらったので30分ほど多い1時間半で収めた。
(そのレジュメを「儚儚老随筆」のほうに掲載しましたので、お読みいただければうれしいです。といっても、概要=項目だけですから、隔靴掻痒の感は免れませんでしょうが)

○新聞遊び  4/16  道新と朝日
*「人の考える姿はなんて美しいんだろう。なんて格好いいんだろう。対局中の2人を映し出す控室のモニターに釘付けになった」
将棋名人戦第1局を見たあるタレントの言葉。
「考えて、考えて、考えて、考えぬいて、ついに、誕生」
あるサプリメントの広告。

*「景気低迷 タマネギ高騰」「インドではカレーやサラダなどのインド料理に欠かせないタマネギ…」が「一時は『オニオン危機』と騒がれた」
日本ではなかった。次も海外。

*「伊元首相に社会奉仕命令」「ベルルスコーニ元首相に対し、老人ホームでの1年間の社会奉仕を命じることを決定…」高齢だから収監はされないという。
大岡裁きか、軽すぎるか。哀れなような…ちょっと笑ったが。

 空港にあるような「動く歩道」に民主党議員が乗っていた。その一団は右へ向かう人と左へ行く人がごっちゃだった。右肩下がりのそのエスカレーターは「永田町一周山手線」とか―周りが見えない―という夢。
*「原発輸出 道内民主『賛成』に苦慮」」
来春の地方選向けには「『脱原発』を目指すと明記した」が、衆院採決では(横路、荒井氏が)賛成に回った」―「党が賛成と決めたら従うのが原則」。退席した別の2人は処分、欠席した3人には「注意」。
イタリアの社会奉仕命令のほうがまだましか…。哀れな姿。考えられない党形!? 
割ることにもふんぎれない政治の現実とかいう世界=限界―ずっと昔から。題字下には別の「渡辺氏、『カネ』の呪縛」の項目。

*「原発ゼロ 細川、小泉氏再びタッグ」「福島県知事選支援も政権は冷ややか」―朝刊。
「過去の人? 失礼な。…両元首相が『原発ゼロ』に向けて再びタッグ…今度こそ、うねり起こせるか」―夕刊。どちらも道新。朝に冷ややか、夕にあたたか?

* 「上半身に筋肉をつけると『肩がこらない』『ねこ背にならない』」
 「下半身に筋肉をつけると『太らない』『疲れない』」
 本の広告。ノーコメント。

* 「鳥インフル『警戒必要』」「環境省、野鳥の調査開始」 4/16
 「熊本で鳥インフル」「11万羽殺処分」         4/15
 日付は逆ではない。

* 「養豚場に注意徹底」「流行性下痢 拡大防止へ」
 「豚流行性下痢 29道県に拡大」

*「蛇笏賞に2氏」「…高野ムツオさん(66)の句集『萬の翅』と深見けん二さん(92)の句集「菫濃く」に決まった。「贈呈式は…飯田橋の…グランドパレスで」
昔、高野氏とあいさつを交わしたのも、たしかグランドパレス。金子兜太の何かのお祝いのとき。

息抜きの1日。新聞もなかなかおもしろい。
まじめというか深刻重大な記事もたくさんあるが、最近、新聞の評判が…いや、批判が強いよう。信用をなくしつつあるようにも思うので、代りがないから、ケチはほどほどにしておく。
家にテレビがないと言ったら、真剣・本気に、信じられないという顔をされたので、新聞やパソコンで遊んでいますと答えた。テレビよりはまし、と加えるのは抑えた。いいテレビ番組がゼロでないことは知っている。

○阿部の毒
日銀OBの友人が金子兜太の講演を聞いたと私に教えてくれたので、そのメールを写真と共に「儚儚老随筆」(4/11)で紹介したが、その友人が金子兜太に手紙を出したところ返事が来て、その中に、
「<阿部の毒>を消すのに<アニミズム>の話ていどではとても、と思いつつ喋っています」とありました、と。
氏が講演などで喋っているとき、そう思いつつ、とでもいう意味だろうか。友人はそうだという。そして「朝日俳壇の選評などでも見事な一言の例が多く、毒』もその類ではないでしょうか」と、うまいことを言ってきた。なんとも愉快になった。

○訃報 緒方四十郎(86) 日銀OB 喪主・緒方貞子  4/14死去  弔辞情報4/16
遠くから顔を見て話しを聞いたりしただけだが優秀で明るく人柄を愛され、国際畑を係長から局長まで務めたと自慢?!し、国際畑の「ヒラ」を慰めてくれたこともある。夫人の裏話で笑わせてくれたことも。合掌。
                                   おわり

                     美原だより14-04-14へ