14-04-14(2014年 第14号)  
○ドナルド・キーンさんの講演を聞いた  4/12
整理券を申し込めば無料というので、抽選になったという。私は215番、知り合いは900番台だと言っていた。定員800名ばかり。
講演内容(メモ)を儚儚老随筆に載せたので、ぜひご覧ください。下方の美女の写真下のカットをクリックすると行けます。

○大出先生からファックスをいただいた  4/13

 放射線
 治療、血だらけ、傷だらけ
 変わり果てたる我がムスコ
 愛でるオヤジの切なさよ!

 さりながら、我が友、さりながら
 巨乳の艶を賜いたる
 「自然の神」に支えられ
 立ち上がりたる我はいま
 女々しく歩みはじめたり

 やがて「さそりの座」に登り
 行きつ戻りつさまよいて
 「世之介」たちをなやまさん

  寿限無、五劫のスリキレよ!
  南無阿彌陀仏
  南無阿彌陀仏!      さっ平

○箸をつくってもらった        4/10
今野さんに、食べる箸と菜箸を作ってもらった。彼は毎月の「実貴3人会」の1人。たまたまもう1人の一穂さんも木工の上手い人だが。

10日夜、鹿肉が入ったから実貴に来ないかと誘われ、鹿の刺身をたっぷりご馳走になった。美味しかった。ダメな人はダメらしいが。

そのとき箸の話が出て、菜箸が使いにくいと言ったら、早速手づくりの2膳を持ってきてくれた(4/12)。どちらも重宝している。彼に以前に作ってもらった表札は、飾る?見せる?場所がないので押入れに入ったまま。

その夜はまた、頼んでおいた根室のお燗をすると旨い酒が届いたので、5升買い、タクシーの運転手に3階まで運び上げてもらった。当分日本酒は間に合う。

下にその夜の美女の写真を載せたのでご鑑賞ください。ママの誕生日というので、双子の娘さんが揃った次第。下の写真の花はその1部。…スマホのカメラはまだ使いこなせない。

○函館市長さんに話しかけた      4/11
北美原温泉の朝風呂で一緒になったので、いきなり声をかけた…たまに一緒になることがある。
函館市が市議会全会一致で可決し提訴した「大間原発建設凍結訴訟」について、市長自ら説明し訴えるため、前日、東京の日本外国特派員協会において記者会見。氏は戻ったばかりだった。
たまたま裸の付き合いになり、私が、評判いいですね、と言い、お体お大事にと言ったら、ありがとうございますと言ってくれた。
訴訟費用の募金は全国から寄せられ、その日の朝刊に、2週間足らずで1200万円を超えたと伝えていた。                                  
  

        
                        おわり

                    儚儚老随筆14-04-13へ