14-03-31(2014年 第12号) 
○朗読と幻灯会  2014-03-30  13.30〜  ジャズカフェ『リヨン』
                        鳥本八重子さんと佐藤国男さん
宮沢賢治「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」の幻灯と朗読いろいろ。おもしろかった。自分で黙読するよりよくわかり、おもしろさも来た。とてもよかった。
賢治ものはただ読むだけでよく、また、どこを読んでもよく、分からなくなったら―つまらなくなったら、やめればよい。研究が進んでいるから、それらのお世話になるのもいい。
私は「ペンネン…の伝記」という変なタイトルのものを読もうとして、いきなり「(冒頭原稿数枚焼失)/のでした。」と始まったので、なーんだと思ったが、すぐ、飢饉のことが出、父も母も何か探しに森=ばけもの世界へ行ったきりなので、ネムムとマミミは寒さと飢えで震えてい、そこへ男がやって来て…となって、読めるようになった。
この物語を、幻灯と朗読と4人の出演で盛り上げてくれた。長いから全部ではなく、脚色されていたが。
ギターの演奏・伴奏が入り、休憩のあと、鳥本さんの朗読「噴火湾(ノクターン)」と「雨ニモマケズ」東北弁バージョン? の朗読があった(彼女の前回の朗読会については「美原だより」参照 13/11/11)。
佐藤国男のエッセー集「続 山猫博士のひとりごと」を買った。幻灯劇の前にその中のいくつかの朗読もあった。定員40名、満員。
前日とは一転、雪交じりの寒い日だったが、私は片道約20分を往復とも歩いた。

   

○ブレイクとのり子の詩
ふとブレイクの詩を読みたくなった。きっかけが思い出せないのだが、かつて大江健三郎がさかんに書いていたような気がして、ついでに「新しい人よ眼ざめよ」も買った。彼の小説を読むのは久しぶり。そういえば「懐かしい年への手紙」も本棚の飾りになったままだ―ダンテの「神曲」を読んでから、なんて言い訳をしている―。
2冊届いてから、図書館にあったか、と思ったが遅かった。詩集は「対訳」の文庫。読むのはこれから。

読まない本をここに出すのは、自らに義務を課す意味も少しはあるので、ついでにもう1冊あげておくと、これも文庫で「茨木のり子詩集」。没後刊の「歳月」から15編選ばれているのがいい。

○新聞見出し  3/30  
増税や値上げ 家計直撃の春         道新
消費増税 ため息の春            毎日
消費税8%へ 被災地青息吐息 生活再建に影  河北新報
        3/31
あすから消費税8% 国民負担 年8兆円 
年9万円 家計ずしり             道新
消費税明日から8% 17年ぶり増税       毎日
負担増の4月 年金減額・医療費アップ     朝日
消費税来月8% 被災者の輪 増税が裂く    東京
                  コメントなし  茜色の空が濃くなってきた 6:30
                                    おわり

                      美原だより14-03-28へ