14-03-28(2014年 第11号)
○読者のお便り 
*春いっぱいの文章あれこれ。なーるほど。文学人はさすがですね。
雪が沢山降っても
血尿が出ても
指を切っても
ヒヨドリが現れても
「阿部」さんですね。

いろいろ楽しく…知識も、文学も、読み応えたっぷり。
誰よりも一日の時間を沢山持っておられるのかなー?一体一日何時間保持?24時間ではまかないきれないほどの毎日のご様子。

*春いろいろ、愉しませていただきました。身長6ミリ伸、スゴ〜イ! 年を取るとみんな縮むのに信じられない。やりましたね。毎日の体操の成果は分るけど、ほかに何かな。伸びろ伸びろと念じているから?

*普通は縮むのですが、伸びるとは驚きです。これからも生長し続けるのでしょうね。天然記念物人かも。

*春の表現も様々で面白いですね。長く、寒く、暗い冬のあとの「春」を待ちわびる気持ちは誰しも理解出来るでしょうが、その「春」をそうとらえられない思いの人もいるし、色々な春があって当然、ということで…。ほんの一部でしょうが、春の文を集めて読めたのは楽しかった。

*秋のスケジュールがもう検討されている由。まさにご健康。仲間との充実の日々なのでしょう。(旅行先は)たしか有名な和尚さんのホームグラウンドだったでしょう。"蔦屋"はやはり時代の代表選手なのでしょう。楽しいワクワク感が伝わってくる感じです。よい春をお迎えください。

○またか
3月27日は昏かった。袴田事件に、驚異の真っ当な判決が出、その日に釈放されたというニュース。
私はささやかな晩酌をしながら、ぼんやりと、しかし長々しく、これまでの検察=警察(≒司法)の対応その他について、大長編に匹敵する想像物語を紡いだ(つもり)。珍しく1時間を超えた。とても書ききれない。考えた範囲は、私としてはとてつもなく広い(と言いたい)。

またか、と検察=警察(≒司法)を見限った(全体ではないとしても) 、あるいは見限らざるを得ないと思った人もいたろう。なぜかニュースの動画を見てそう感じた。翌28日も私は昏かった。

ひとを殺してもいいとする国家機関=組織がいまも活動中という現実…。
汚れたシャツを証拠品として出してきた奴。そこに同型の血液を塗った奴。それらを命令した奴。逃げ口上を相談し合った担当者たち奴。その仕事を引き継ぎ、シナリオ通りに公判で弁じた後任者たち奴。底流する検察・裁判所の馴れ合い。
(捜査機関による犯罪行為―日経社説3/28。県警が証拠をでっち上げたとすれば、許されない犯罪行為だ―読売3/28。真犯人を取り逃がした上、ぬれぎぬを着せられた人物の一生を破滅に追い込む。…冤罪とは国家の犯罪である―東京社説3/28)

また、無実を疑いながら有罪とする多数に従い後悔したという裁判官、有罪とした裁判官…言葉が出てこない。増える一方の自分の想像に振り回された。

真実とか正義とかとは関係がなくて、世の中がヘンな方向に向かうのを防ぐために、恐怖心を持たせ、見せしめを繰り返す、という意味のことを言った裁判官がいたが、この事件のように、デッチ上げられ犯人とされたほうはたまったものではない。48年。ひどく束縛されたその時間は、どうすれば―どうにもならない。それを、それでも、どう考えればいいのだろう。

死刑を宣告された冤罪はほかにもある。しかし、一般化してはいけない。悪者は悪者。その隠れたワルを暴く手段はないものだろうか。(再発防止に全力で取り組む、と謝るのは民間会社)
早速、義務感から、仕事として、あるいは残った方法として、即時抗告を決めるらしい。それも前例踏襲、パターンなぞり。その経緯は公開されないだろうが、知りたいものだねぇ。(検察は再審の入り口での争いをこれ以上引き延ばすのではなく…即時抗告は断念するよう求める―日経社説3/28)

失職したら食っていけない公務員もいるだろう。上司に反論しても、結局は従わざるを得ないのがほとんど全部。大組織とはそういうもの。その体系は無責任体系といわれる。「世の中とはそういうもの」哲学。不条理の世界。

軍隊内務班を描いた小説を思い出した。大西巨人「神聖喜劇」、野間宏「真空地帯」、つい最近の水上勉「兵卒のタテガミ」。

人間個体を無抵抗にしておいて、一方の人間個体(複数+背後の組織)が、肉体的精神的に徹底的に痛めつけ、殺しをも辞さない。

柄にもないことを書いたとの思いも…。

茨木のり子に「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」と怒鳴られて以来、私は自信をなくしている。アーア(多くなったか、アーア)。
                                  おわり

美原だより14-03-25へ