14-03-25(2014年 第10号)
    気象と現政権の異常は似ていて!? そのよくない動きに振り回されたくはないのだが…

○お彼岸の新雪
   3/21
 アーア またか です 21日午前 降り続いています 
    
 さあサイクリング と思った矢先 北の春の 待ち遠しさ
 この中をヒヨドリは枝から枝へ渡っています (午後小降り 大風 夕刻 晴)
 函館の3月降雪量96㌢は観測最高とのこと。
      3/22日朝は解けて晴 微かに残月。
                        3/23日は快晴。24日晴、春の陽気。
     +++++      +++++     +++++      +++++
 
○前立腺肥大
24日、泌尿器科へ。PSA 4.31(正常値4.0以下、10以上癌の心配)。血尿少々。問題なし。
4週間分の薬が出た。前立腺を縮小させるクスリとか。

23日夜、ごった煮を作っていて、包丁で右人差指を切ってしまい出血。ワーファリンを服用しているので(出血が止まりにくい)慌てたが軽症。傷バンドで収まった。25日はそのワーファリンを処方してもらう日。病院通いが増え、何かぼつぼつの感。

○読んだ本
15日から20日までの1週間は毎日外出し、21日は一歩も出ない日となった。
で、その間に読んだ本を記録しておくと、
読書会のテキスト壺井栄「二十四の瞳」と同氏の短篇「おばあさんの誕生日」、
壺井栄と同郷の黒島伝治「渦巻ける烏の群」、
「コレクション『戦争×文学』14卷『戦争と女性たち』、別巻の『…案内』」―どちらも拾い読み」、
読書会主宰に勧められた2冊―いずれも水上勉の「釈迦内棺唄」「馬の(たてがみ)」。

そして「ザ・賢治」の中の童話と詩のいくつか―。
前号「儚儚老随筆」に、外岡秀俊の「啄木と賢治に見る震災後の風景」(世界4月号)などに触れたが、その筆者が中原清一郎の名で長編小説「カノン」を刊行した。あれまぁ、なんとなく忙しくなった(彼をずっと前から注目していた―ただ遠くから)。

意外というか、「反して」というか、村上春樹の新刊本(予告)については書く気がないから、書きおろしの1篇を含め、読まないつもり。私は変に変わったよう。(本については「儚儚老随筆」のほうに書こうかと思っているが…)

○箏曲
琴の音が聞こえた。朝のラジオ。とてもいい。あの金切り声の唄が入らない。
前にも書いたと思うが、唄抜きの琴の音楽が欲しいと思っていたから、ぴったし。伊福部昭の「二十絃箏曲“物云舞”」(演奏・野坂操壽) だった。
琴の世界や唄との関係など何も知らないが、独奏楽器の資格があるし(唄以外の協奏もオッケーだし)、琴の音楽はもっともっとつくられていい。いい楽器だと思う―くどいようだが―唄なしの曲をこれからも期待したい。いまはまだ琴が鳴り足りなくて泣いているような…アーア、言い過ぎたか。

○もうインフレが始まったか
日用必需品が増税前なのに便乗値上げ、と思われる動き。まだ早い、と言いたい。158円のちくわが178円になっていた。安物を買い、調味料で加減した。ほかにもいろいろ。商人道徳、企業倫理などはなくなったらしい…アーア、また、言い過ぎたか。
                                   おわり 

                        美原だより14-03-17へ