14-03-17(2014年第 9号) 
○カラスは太陽に向いて止まるか  3/14 
大出先生から電話。今月いっぱいは入院と決まっているが、2日間の外泊で自宅に戻った由。まず、ホームページのコピーを病院宛に送ったことに、笑いながらお礼の言葉をいただく。そして、ご自分のことより、まず、私の血尿を心配してくださる。札幌に来ることがあればいい病院を紹介してくださるという。ご本人の前立腺癌は、痛くも痒くもない放射線治療だそうである。お元気な声だった。
「儚儚老随筆」で荷風の「ふらんす物語」に触れたが、先生は、それが面白かった、それをきっかけにエッセイを書いているとのこと。楽しみが増えた。

それから私に、カラスは太陽のほうを向いて止まるのか、朝日、夕日のころ、太陽に顔を向けて止まるのでしょうかという。知らないので、調べてみますと答えた。
どなたかご存知でしたら教えてください。私もこれから調べよう思っていますが。

ところで、突然始まり突然終わるという2度目の血尿だから、放置しているが、腎臓―下っ腹がちょっと気になっているので、病院へ行くことにした。

○回転寿司  3/15 3/17
3人で恒例のランチ会。握り職人が全員ぱっとしなかった。妙な雰囲気。もしかして日本人ではないかも…日本語は通じたが。けっこう齢をくった男たちで、どれもイキがわるい。全員見習い中みたいな、うつむいたままの仕事ぶり。ネタを仕込んでいないから、そのときどきで包丁を入れたりしている。何かわけがあったのかもしれないが、こちらも元気がなくなった。加えて、毎月のチラシにあったビールサービス券もなくなったので、来月から店を代えようということになった。

話しのなかで、阿部さんは「施設」に入る気はないのですかと訊かれ、ないと答えたが、緊急のときどうするか、考えておかないといけないと思った。

また、上京したときの話になり、血尿のことを言ったら、あさって朝、知っている病院へ行きましょ、迎えに行く、ということになった。

17日は午前に泌尿器科に行き、午後は読書会で、夕方⒋時半まで何も食べず、腹がもちそうにないので1人で図書館前の回転寿司に入った。
中トロを頼んだら皿に1貫だけ。青物三昧も3種各1貫だけ。それでもサービスらしい。イカの耳はなかった。タチをポン酢で食べた。飲まないつもりだったが、ジョッキ2杯。その日の飲食はそれだけ(読書会のことは「儚儚老随筆」参照)。

○前立腺肥大
知らないので間違っているかもしれないが、触診と映像? 検査の結果、前立腺が尿道を圧迫し、左右が擦れ、そこから少し出血しているという。だから、前立腺を小さくするクスリと、尿を出やすくするクスリを飲むことになった。尿の検査結果は1週間後。腎臓は問題ないらしい。全体に大したことはないよう。アルコールも関係ないらしい―自己診。

ひと安心したので―楽観すぎるか―新規開店した蔦屋をのぞいてみた。大規模複合書店とでもいうのか、大型でモダーンな―古語か―デザイン。なかなかいい。立ち読みしてもいいらしいから、自転車で走れる時季になったら、遊びに来たい場所。
万年筆売場で、替えインクありますか、と訊いたら、店員がなんと大沼の旧知のS女。やぁやぁと声が大きくなってしまった。
また本棚を眺めていたら、市内の友人とばったり。彼も初めて来たという。立ち話。
連れてきてもらった奥寺さんとコーヒーを飲みながらおしゃべりした。物珍しいのでキョロキョロし、壁の板絵を楽しんだり。
図書館にない本はここで立ち読み、いや、椅子読みすることになるか。「丸山真男集」が再刊されるが買えないので、ここで読ませてもらったりして…。そんなこと、していいわけはなかろうが、読みたいところだけコソコソと、なんて。

○読者のお便り
写真は、やはり訴求力があり、いいですね。お元気の様子が伝わってきました。まわりの方々の雰囲気もいいですね。楽しませていただきました。
ひよどりのあと始末。いいことも、逆にマイナスもあることの一例でしょうか。でも彼らの生活力には脱帽です。
お元気でよい春をお迎えくださいますよう。

○友人の死  3/11
同じ大沼のマンションで独り暮らしを続けていた(飲み)仲間のSさんが亡くなったと、高瀬さんから教えてもらった。いわく、死の数日前、彼が自宅に訪ねてきたが、すっかり弱っていて、肺炎らしい、もうダメかもしれないとなどと言っていたという。そして数日後、救急車で病院へ運ばれ入院したとの電話が入ったので、翌日見舞いに行ったら、いないという。おかしいと思ったら、もう亡くなっていたという。
大沼で「12会」が盛んなころからの仲間で、よく付き合っていた。寿司屋「天竜」の例会では人気者の1人。好人物で、S爺と呼ばれて親しまれていた。晩年はひっそり、淋しく暮らしていたように見えた。75歳だったか。

○秋の旅行
もう秋の話。2月の同窓会で、久しぶりに旅行しよう、と盛り上がり、後輩の女性がいる長岡に、その場で決まってしまった。1泊だが、観光は、五合庵、国上寺、弥彦山スカイライン、弥彦神社などいろいろ回るようだが、温泉で飲み食い=おしゃべり宴会が楽しめそう。私はJRで上京し新幹線で合流の予定。一時間半ばかりで行けるとか。

                                  おわり

                     儚儚老随筆14-03-17へ