14-03-07(2014年第 8号)    
○TETEの「てぬぷきん(手縫い生理用ナプキン)」展示会打ち上げ  3/3
はる枝さんたちの「TETEの会」展示会」が、2日間、街センこと「函館市地域交流まちづくりセンター」で開催された。
男としては、モノがものなので、見るとしても長居できないと考え、閉館近い時間に行こうとして遅刻し、着いたとき会場は片付けられ、誰もいなかった。
と、1人の女性が裏口から入ってきて、暗くなったブースの前でぶつぶつ言っている爺に声をかけてくれた。彼女は何か忘れ物をして戻ったところで、これから同じ所へ行くことが分かった。これ幸いと便乗し「かぜまち軒」へ行った。そこは彼女は初めてだったので、私がコースを案内した。
車中の話しで、彼女はその展示会で手製の箒を販売したという。材料のホウキギの栽培から仕上げまで完全手製の箒の話し。聞いていたら欲しくなり、残った1本をその場で買ってしまった。いや、いい買い物だった。

その夜の打ち上げにはほかにも初顔の人がいた。交際範囲というか、ネットワークというか、いろんな人・グループとの交流が広く大きくなっている。旧知の小学1年の男の子もいて男が3人、全部で10人だったか。
私の好きなタイプのおしゃべり宴会で、いろいろ旨いものを食べながら5時間半もおしゃべりが続いた。私はビール・ワイン・日本酒で酔っぱらった。

○ひよどりのあと始末
8羽もやって来て餌を食べるとなるとにぎにぎしい。パンくずもすぐなくなる。ふと、ベランダを見たら、糞と食べ散らかしで汚れていた。手すりからコンクリート床や物干竿まで掃除が大ごとだった。こりゃダメだ。やらないことにした。
その後も、しかし、ヒヨドリはやってくる。記憶しているんだ、と感心したが、そのくらいは記憶するだろう―。心を鬼にして!?相対しているが、中腰になって手すりの柵数十本を拭うなどの作業を考えると、お互いに諦めるよりない。来てくれるだけでいいと言っては虫がよすぎよう。

○録音風景のCD
前号にも書いたが、真知子さんのピアノ演奏を録音しCDをつくり始めた、というか、その前に、生録音のCDが送られてきたので聴いてみた。
そこがいいとか、もう一度やったらどうとか、細かいところ、専門のところなど、先生と録音技術者とのやり取りが全部入っていて、それがおもしろい。素人には分からないが、例えば、STAP細胞の新聞解説記事を読んで、いっとき分かったような気になるが、はて、ほんとに分かったかと自問すれば自信は崩れる。私の理解力に余裕幅はない。少しばかりの興味で聴いているところ。

○ベッドルームで本読み
電気スタンドが古くなったせいか、眼が弱くなったか、本が読みにくい。
もう寝ようとベッドルームに入ったが、気になる箇所があったので、本を持ってきてスタンドを点けたらよく見える。な−んだ。
翌日は逆にスタンドを書斎に持って行った。しかし、やはり小さいし近い場所をとるので書斎には合わない。スタンドを買い替えるか、となってしまった。消費税アップが迫り迷うところ。なにしろ、眼鏡の新調とレンズ交換をしたばかり。出費が増える。年金は削られるし…。

○天気予報が心配
観天望気のほうが当たるのではないか!?
近頃の予報の外れ方は、多分函館で一番大きい。まるで暴風雪で、外出注意みたいなことを言っておきながら、現実には晴れて穏やか。電気スタンドは見にも行けなかった。
あれ程にも漠然と、しかもはずれにくい言語を駆使しながらのこの外れようで、予算を返上したくなるのではないかと心配になる。機械に頼り過ぎるのだろう。精密に観測して平均したって当たるわけではない。天気は昔から気まぐれなのだ。どうだろう、特別な番組を設けてもらい、外れたところを公表し、言い訳してくれると、原因が分かっておもしろいと思うが。全部当てろなんて、決して言わないから。きっとおもしろい番組になるはず…これ、予想。

                                     おわり
 本日付で儚儚老随筆も更新したので、下の美女をクリックしジャンプしてください。

                    儚儚老随筆14-03-07へ