14-02-27(2014年第 7号)   
○ひよどり
パンくずを小かごに入れて物干竿に吊したらヒヨドリ(多分)が来た。8羽ぐらい来て手すりに乗って順番を待っていたり、おどしたり、追ったり、わめいたり、一旦は離れた樹に移って様子を見ていたりと、権力に群がるあさましい政治家をほうふつさせる光景。見ようによって可愛い。
エサは少ししか与えない。なくなれば来ない。現金(5千万円くらい)なものである。こちらには洗濯ものを干す暮らしがある。そうそうかまっていられない。

八十年生きれば
2.26事件で連座し有罪とされた父をもつ歌人斉藤史のうた
 疲労つもりて引き出ししヘルペスなりといふ八十年生きれば そりゃあなた
 老いてなほ艶と呼ぶべきものありや 花は始めも終わりもよろし

八十年生きれば、見るものの面白さが増すこともありそう。
・都知事の変な選挙があっさり終わって、元総理大臣2人はメディア上ではひっそり、要領のいい新知事がいまはそつなく…というところか。
・オリンピックのバカ騒ぎが終わったが、終わりのころにもう1人の元首相が出てきて、対して、真央さんの胸のすく言葉をメディアが伝えていた。
・スポーツで言えば、次に相撲と職業野球のバカ騒ぎが控える。読まない紙面が増える。
・三井物産といえばなかなかの企業と思っていたが、副社長の1人くらいはお粗末きわまる人物でも務まる会社らしい。見直してしまった。NHK会長に"望まれた"わけまでは知らないが、相当な粗教養の持ち主であることは分かった。(道新の時評に「…有力者に取り入り栄達を遂げたのではないか」とあった。2/27夕刊)
・目がくらむようなニュースが私にはわからない。「素数分布に新定理」。七五調の見出しだった。何だかおもしろそうだが。
・金子兜太は94歳。ETV特集(「荒凡夫…金子兜太の気骨」2/22放映)を録画してもらい、パソコンで見ることが出来た。気骨も太いが骨密度が20歳台とは! 齢も自分では70歳程度といっていた。80の私より若い気!!

○たとえば或る夜の食事

生のまま食べようと、ニンジンを切っていて、ふと、きんぴらにしてみようかと、先ずはきんぴらとは何かとネットで検索したが、出てきたレシピを読むのは面倒。ちらっと見て、砂糖、みりん、醤油を混ぜたものをフライパンに流し込んで出来上がり。物置の牛蒡を思い出したのは食べたあと。
新玉ねぎを薄切りにして食べようとしたら、ぬるぬるすべすべして包丁では切れない。スライサーでこすったら薄すぎたが仕方がない。オカカとポン酢で食べた。
ちくわとさつま揚げの煮つけはそれぞれ一口大に切って鍋でちょっと煮る。砂糖・醤油・酒・唐辛子・豆板醤を入れた。生姜とにんにくは忘れた。
メインは昨日のもつ鍋の温め直し。神田のかつてのモツ煮込みのようにはいかない。

ヱビスの黒500mlと燗酒1本。独りぼんやりのいい1時間。

○読者の便り
あいかわらず楽しい内容が一杯で楽しませていただきました。「山形、高沢の冬」―中屋雅義「りらく」から転載―何ともいえず懐かしい、ふるさとのイメージがいいですね。いつも楽しい内容に感謝しております。

○前号「由比の会」の写真を追加―私が写っているのを送ってもらったので
       

                                     おわり

                         儚儚老随筆14-02-27へ