14-02-23(2014年第 6号)   
東京滞在記  2014-2-12〜21  全国町村会館に9泊
  (長いので「分け読み」したほうがいいかもしれません)

・残雪の皇居前散歩  2/17  
永田町のホテルから日本橋まで、桜田門、二重橋経由で散歩した。大雪だったからまだ残っていた。珍しい光景のはず、と思ってスマホで写した。

日銀に寄り、ガ・フレと会った。日銀グッズの1つ、ボールペンをもらった。恒例だった4人のランチ会は大洋堂店長の都合で中止。

銀座通りもぐしゃぐしゃだった。雪用の靴で出かけたからまだいいほうだったが、歩きにくかった。


    

・ホテルのテレビと新聞
物珍しさでテレビをつけてみた。運悪くオリンピックだった。日本はスボーツ大騒ぎ大国。朝から浅田真央の転倒場面のノーカット映像を繰り返していた。彼女はメディアに転がされたようなものだった。あれほどの重圧に耐えられる娘は少なかろう。多くがそう思っていながら、心ない応援と大きすぎる期待をかけていた―残酷なほどにも。メディアが主犯かファンが主犯か。共同正犯という言葉があった。
踏ん張ってのフリーの活躍は括目もの。立派。もういいだろう。元首相からは「ご立派」なコメントがあったらしいし―引退しても、多勢いる元首相らのように、存在感は示せる。まだ若い引退は模範である。現首相が早く元…になるよう力を出すのもひとつの生き方か。あるいは次の都知事選…ということもある。それにしても新妙(≒神妙≒珍妙)な世になったもの。

テレビ番組の90%くらいは相変わらずクダラナイものだと、改めて知った。95%か!?
で、見たのは、ほかにはお天気。
日経新聞がドアの下からサービスされたが、私向きの新聞ではない。毎日新聞などをキオスクでときどき買った。切抜は後記。

・丸の内朝飯会でスピーチ  2/13
上京した翌日「丸の内朝飯会」でレポート。それについては別項「儚儚老随筆」に書いたので、そちらをお読みください、ぜひ。

 昼食会とその2次会
講演のあとは自由解散だが、しばらく雑談して帰る人が多い。私は毎年有志が開いてくれるランチ会があるので、いったんホテルに戻り、また出かけた。7丁目ライオンの2階でやってくれる。
朝は出られないが昼なら、という人もいて8名。多士済々のメンバー。それぞれから近況報告があった。前夜に続き黒生。お代わり。
それからまた有志でその2次会。5名。おしゃべりが楽しい。またお代わり。

・30数年ぶりに会った友人  2/16
パントマイム―いまは単にマイムというらしい―では日本一と言える佐々木さんとは古い付き合い。といっても、年賀状ていどだが、今年は何としても会おうと決めていた。
去年の暑中見舞いだったかの返事に、いま一番会いたい人が私、とあって、ちょっとびっくり。どこかで強くつながっていた。
昔、彼のマイム公演は殆ど毎回見ていた。家族ぐるみの付き合いで、私の家に集まる仲間たちと一緒におしゃべりしたことも何回か。お互いに住まいが変わったり、仕事も環境も変わったのでごぶさたしていた。いま彼は、海外公演や日本の各地劇団でレッスンや講演をやっている。
ハチ公前で会い、おしゃべりした。そして、来年2月、私のスピーチの翌週に、彼に講演してもらうことにした。場所の都合がつけば、実演してもらえると思うが、そこは未定。2次会もおしゃべりがはずんだ。

・ピアノ演奏の録音とCDつくり  2/18
主婦ピアニストとしてこの美原だよりによく登場する田中真知子さんの演奏を録音してもらい、CDをつくることになった。
成城のホール「サローネ・フォンタナ」を借り、ベーゼンドルファーを使い、小野鉄也先生立ち合いで演奏し録音した。録音技師というのか、CD制作者というのか、その道のプロは高島君と言い、私の高校の後輩。作るきっかけは、彼がいるから思い立ったと言ってよい。演目は以下のとおり。

1 天使の声(ブルグミューラー)
2 つばめ (ブルグミューラー)
3 ソナタK.545(モーツァルト)
4 ソナタK.332(モーツァルト)
5 パルティータ1番 (バッハ)
6 即興曲3番(シューベルト)
7 即興曲3番(ショパン)

・由比の会  2/14  新宿・くらわんか  
恒例の・法要を兼ねた・「バー由比」常連の会。忘れ物し地下鉄に乗ってからホテルに戻ったりして遅刻したので「献杯」と言うところを「乾杯」と言って飲んでしまった。17名が、新宿東口正面に近い「くらわんか」に参集。ランチといっても、重ね膳というのか、なかなかに豪華な料理だった。そして、会長夫妻のご寄付が多く、飲兵衛も平等に会費2千円。

教えてもらい、振り返ったら、壁に関頑亭の絵があった。昔、その酒場のトイレで、氏と並んでおしっこしながら立ち話!?したことがある。もちろん、その前に素晴らしい展覧会などを見て存じてはいたが。氏は本物の大物芸術家。

当たって、予報通りの雪が本降りになってきたので、早めに解散。私は遺族代表から後記の辞典―珍本をいただいた。  写真右はスマホの操作を誤ったらしいが原因不明
  

・つばき会  2/19
私の上京に合わせてくれて、毎年開く高校報道部同窓会。付き合いは1946年以来68年に及ぶ。後輩も全員後期高齢者。今年は女性の出席があり華やいだ。所用で欠席の後輩もいたし、療養中の同期もいて、今回は少なかった。先輩1人、同期4人、後輩3名、計8名。ある銀行のある施設の昼の天ぷらコース。
同期同士は今でも呼び捨て。言いたい放題の楽しいおしゃべり。今年はまた旅に出るかも。
2次会は、近くでコーヒーなど。私だけそこでもビール。

・本読みと新聞読み
・いただいた本
上記「由比の会」世話人から「珍説愚説辞典」(訳書、国書刊行会)という珍本をもらった。分厚い本で、まだページを繰っていないが。

・買った本
「川端康成随筆集」岩波文庫新刊、「日本人の神」大野晋、「二十四の瞳」壺井栄―3月の読書会用、文春3月号―村上春樹の短篇と芥川賞受賞作掲載。4冊に抑えた。

・読んだ小説 
村上春樹「独立器官」。なんとなくノーベル賞が遠くなる方向に進んでいく感じ。不安・心配増大中。芥川賞受賞作「穴」は途中で投げた。読み続けられるかどうか自信がない。

・新聞切抜
たまたま19日に出た大きい記事を「丸の内朝飯会」のお2人からいただいた。毎日新聞の特集ワイド「俳人・金子兜太さんに聞く 『漂泊人生』の極意」。
最後のほうに、定年退職の当日、人事部に行って「言い放った」ことが書かれていたが、初耳。金子兜太一流のアレかもしれない。ま、軽い事柄。(金子兜太は2/22夜のNHK ETV特集にも出演していた)

ここで、その他の新聞切抜を簡単に紹介したい―と打ち始めたが、長大になるし、大新聞だから読んだ方が多いだろうし、私の都合みたいなものなので止めることにした。

・シャヴァンヌ展  2/16
見た人がチラシを送ってくれ、知らなかったけれどいいので、見たいと思っていた。特に女体の白が目立つ描き方だと思った。 下の絵はネット検索―展示作品ではない
 

有名な「諸芸術とミューズたちの集う聖なる森」に限らず、なぜか私には写真=画像のほうがはっきり・くっきりして、しかも白が、周囲とは別の趣きで引き立つので、また、展示は習作が多かったので、パンフや上掲コピーなど、実物より写真で楽しんでいる。カメラの力が大きいのかもしれない。

も一つ、教文館で藤田嗣治版画展を見た(2/13)が、これは主として版画の展示即売会。いい作品もあったが、手が出るはずもない。買えない気楽さから係の人に話しかけ、いろいろ説明してもらっていたら、私に「画家さんですか」と訊いてきたので笑ってしまった。

奥のほうはまた別の「国内外人気作家展」で、本物に間違いはないのだろうが、志功魁夷球子郁夫からピカソデュフィビュッフェボナフェなどがあり、さらに奥に、最近の新しい漫画風の作品があって、「面白いね」と言ったら、それは説明役その人の作品。お礼を言われてしまった。

・駅なかに黒ビール
永田町の駅なかに行ってみた。オープン式飲食店とでもいうのか、その中に、なんと、黒ビールがあった。居酒屋のテーブルについてから、別の店らしいカウンターで買って、自分で持ってくる。取引自由とでもいうのか、初めてなのでよく分からないが、そういう方式。お代わり。

・飲み食いしたところ
築地玉寿司―ど忘れして、2人とも海鼠=ナマコの名前が出ず、しかも、あれは説明が難しく、結局、お手上げ。彼は普段は18度から20度の日本酒を飲んでいるという。めったに売ってないそうで、私も飲んだことがない。そこでは15度の升酒を飲んだ。

天狗・渋谷レンガビル店―彼との2次会で。

天厨菜館―渋谷の故邱永漢氏の中国料理店。ランチが980円。ボリューム十分、味もよく、行列もむべなるかな。ガ・フレの案内。

びいどろ―銀座の老舗スペイン料理店。ご存知の方が多いだろう。ガ・フレの案内。

ライオンビアホール銀座4丁目店、7丁目店―説明不要と思う。今回は5回。例年どおりか。

くらわんか―上記「由比の会」の会場。

とにもかくにも、昼も夜も飲んだ。ホテルで深夜に独り―テレビも見ずに―ビールを飲んだことが2、3回。

・いただきもの
 
上記辞典のほか、時期としてチョコレートが少しと、ソフトホワイトボード―冷蔵庫のドアに貼りつけた。レターオープナー―電気仕掛けで、封書を滑らせて開ける道具。早速使用している。
超大型トランクス(XL)。ピンクカラーのこのサイズに参ったが、92aからとあるから、1aオーバーしているだけと分かってギョッ!(今回新調したパンツが91a)
そのほか、歯ブラシ、各地名産品から酒の肴、おつまみ、ヱビスビールまで。詳細省略。

・上京するとどのくらいかかるか。面倒なので正確には計算しないが、ざっと言えば、ホテル代76,500円、飛行機代往復 27,240円、交通費カードチャージ 5,000円(若干不足した)、計108,740円。飲食代と雑費が1日10,000円として90,000円、合計約200,000円といったところ。

お金に代えられないのが友人たちとのお付き合い。年に1度の楽しい楽しい10日間。

雪降る真冬日の夕方に戻り、翌朝から、体操し、洗濯し、米を炊き、このホームページにとりかかった。

近用のメガネが合わなくなり、遠用は年初にどこかに置き忘れたので、遠近とも新調する羽目となり、出費がかさんでいる。また、生活必需品の値上がりが激しい。しかも、大幅アップ。

経堂の床屋が、後ろを高く刈り上げたので、外出時ハンチングでは寒く、また毛糸の帽子。
                                   おわり

                       儚儚老随筆14-02-25へ