14-01-28(2014年第 5号)  
○雑誌の付録
モノマックス(MonoMax)6周年記念号―2014年1月―の付録が、Coachのトラベルクロックだったので、新聞広告を見て欲しくなり、本屋に行った。見当たらないので店員に尋ねた。
「Coachはありませんか」と。彼女が怪訝な顔をするので、今日の新聞に大きく出ていたんだけど、といった。まだ首を傾げているので、英語のスペルまで教えた。店員は雑誌類の棚を探していたが、ないので、レジの主任のところだか、検索するためのパソコンだかへ向かった。私はぶらぶらしていた。
やがて彼女がやって来てこう言った。「CoachはMonoMaxの付録ですが、雪のため入荷が遅れています」。
Coachはブランドの名前で、雑誌の名前はMonoMaxだった。私はどっちも知らなかった。ガ・フレに話したら笑いころげた。890円のしゃれた時計が食卓を飾っている。

○三ツ矢ソース
サイダーなら知っているが、ソースは知らなかった。昔、焼きそばにソースをジャブジャブかけて食べた。その味を思い出させるソース。こちらでは手に入らないので、製造元のホームページから注文しようとしたら、送料が1本ごとにかかってしまう。まとめて注文しようとしてもできない。で、教えてもらい、楽天市場で注文した。少しは安いが、計算すると、本体228円(360ml)に対し6本掛けると送料は1470円、合計2838円、1本当り473円、定価の2.07倍。高いソースだがそーするよりない。しかし、ジャブジャブかけられる。


○暖房つまみの交換

公団住宅の暖房はガスによる温水循環式で、各部屋にパネルがある。温度調節は、全体はセンサーだが、各部屋の温度は調節ダイヤル=つまみを回し、その目盛りで調節する。
寝室のつまみが壊れたので交換してもらった。無料だった。
修理に来た係員が、在庫がなく取寄せるというので、それまでの間の調節法を聞いた。それまで私は、壊れたつまみを外し、裸になって現われた細いパイプを、ペンチでこちらやあちらへ回して調節していた。修理人に、それでいいかと聞いたら、そのパイプは真横に1回ずつ押して調節する方式だから、ペンチで回したりしたら、壊れてお湯が漏れ出るという。危なかった。

       
        いたずら画像  新聞広告写真を借用し合成
○スマホほとほと
はずみでスマホに代えたら、その場からこれまでの二つ折りの、言ってしまえばガラケーは使えないわけだから、あわてた。電話がかかって来ても出ることが出来ない。指をスライドさせるというアイデアは私にはまだなかった。メールにも苦労した。また、写真を撮ってパソコンに送り、それをホームページに取り込むまでの試行錯誤だけで、充電が必要になったほど。
買った途端、これはよくないおもちゃだと気付いたが、もう遅かった―20,000円以上のキャッシュバックに釣られたわけではない。まだよちよち歩きでほとほと…。

ヘンな買い方をしたが、私が選んだ品物。責任感みたいなものが出てきた。

選挙は買い物とはちがうが、選ぶときは、欲しいもの・いいもの・必要なものを、と妙な方向へ―。
というのも、力づくでこの国を―戦争ができる(もしかして、したい!?)国のほうへ、ひん曲げようとしている勢力を選んでしまったことに―1強にしてしまった選挙民は―悔いているのではないかと想像したりしているものだから…。

ちょっとだけ言い募れば、美辞麗句は巧言令色の親類。姑息なやり口―表現を薄めたり先に延ばしたり―は一時しのぎのごまかし。強引な進め方―選挙直前にカネでほっぺたをひっぱたいたり、解釈の無限拡大を企んだり―は、結局はコトを仕損じるはず。いまは大新聞の社説が、こうまで書く時機―「…国民無視の不誠実な態度」「首相は自身の価値観で一方的…」。1面コラムにもきつい言葉が増えている。今日はNHK会長発言に絡めて秘密保護法や靖国参拝などなどが各紙一斉に…書ききれない。
世の中、これからうねりそう。うねりが出てきそう。  おわり

                         美原だより14-01-22へ