14-01-22(2014年第 4号) 
○道楽ごとのまとめと外食の日々
ガ・フレにきてもらい「大沼通信」「美原だより」のコピーを本にしようと、その整理と製本までのまとめをお願いした。
1998年から2013年までだから、けっこうなボリュームになる。とはいえ、コピーをそのまま綴じるだけといっても同じだから、本づくりというほどではない。しかし、言いようで、世界に1冊だけの本だから、私としては思い入れがある。

100回続いた読書会「リブリ」のおしゃべりや参考資料もやはり表紙をつけて綴じたいので、その整理はまだ先までかかりそうだが、晩年というタイミングから言って、いい頃合いかと思う。

整理にとりかかったら、別のジャンルに分けなければならないものが出てきた。写真アルバム、エッセイ、講演レジュメ、他紙・誌掲載原稿、本の紹介etc. それらをどうまとめたらいいか思案中。
また、欲が出てくると、新聞や雑誌などに取り上げられた記事や写真などもどこかに入れたくなるもの。恥ずかしい気持ちとちょっといい気持ちとがある。

東京から来てくれた彼女は編集のプロだから助かる。ありがたい。「…通信」「…たより」はもうまとまった。
ただし、私がやるべき「目次」の作り替えというしんどい作業はこれから。ホームページに載せるときは、新しいものを上へ上へと重ねていき、本にするときは逆に日付の古い順に書き替えなければならない。12月分が一番上にある目次をひっくり返して1月分からに書き改める、これが面倒な作業になる。私のソフトでは機械的にさっと逆転させることが出来ない。完成は、だから、まだ先。そして上記のそれ以外のジャンルのまとめもあるから、完成はもっともっと先、ということになる。何事も誓わないのが私のモットー…さて、いつ出来上がるか。

○外食
常寿司 
大門・松風町の旨い寿司屋。大阪・梅田朝飯会の吉田さんに紹介してもらって以後、ちょくちょく出かける店。その夜は不漁でイカがなく、イカの口の串を焼いてもらったりした。ここは料金もリーズナブルでいい(2人で11千円)。酒もいい。

粋花亭 
五稜郭の目立たないところにあるが日本料理の旨い店。田中はる枝さんに連れて行ってもらい3人で…前菜がなかなかに立派。ばば(なめた)がれいの煮つけも旨かった。コースで5,500円。いい酒がある。

コルツ 
イタリア料理店。ガ・フレ(以下Hさん)は前菜を絶品と言った。それだけで満足してしまいそう。昼のコースでもたっぷり食べられる。ディナーも豪勢。凝った料理が次々と出てきて楽しいくらい。

マルシェ 
自由市場内の喫茶レストラン。市場でイカとツブの刺身を注文し出前してもらい、店で生ビールを飲み始める間もなく届けられる。飛びっきり新鮮な魚介。Hさんはウニ丼を食べた。一折りまるまるのウニが乗っている。組み合わせ自由な海鮮丼。私は昼から刺身とジョッキ3杯。

焼鳥「わたなべ」
ここの焼鳥は、私に言わせれば函館一。2次会にもいいし、掘りごたつ式小上がりもいい。こぶくろはお代わりすることが多い。

回転寿司 
月例のランチ会をHさんも加わり4人で。前月はネタもよくないし、新人店員がもたもたし、こりゃダメだと思ったが、今月はもとに戻り、ネタもよく、店員も普通に応対、まぁまぁ。

「工房 虹と夢」新年会
三浦さんが働く「虹と夢」の新年会に初めて参加。岸本夫妻とHさんと同じテーブル。盛会だった(50〜60人?)。わずか500円会費で、食べきれないほどの品々が続々出てきた。料理は味付けがよく、みんな美味しかった。そして雰囲気がよかった。みんな明るく元気。
工房製の乾パンとかりんとうを買い、シュークリームやお皿にあった飯鮓などをもらってきた。
ここは障がい者の社会参加と自立支援の場として活動しているNPO法人
岸本カーで温泉玄関に横付けしてもらった。

○谷地頭温泉
少しずつだが、どんどんきれいになっている感じ。やっぱり温泉はいいなと、心まで温まった。

○婦人用靴
ぶっきらぼーな長靴が古くなり、滑るおそれがあるので、冬底と断わりのある、婦人靴売り場にあった靴を買った。厚めの靴下をはいても、24.5でまだ余裕。足が縮んだ。 

○黒ビール

ヱビスの黒ビールが入荷したので配達無料の日に、ひと箱届けてもらった。この余裕は靴サイズの余裕とは別。

○読者のお便り
阿部さま
読み応えのあるHPでした!今年も楽しみにしています。
杉山平一の詩の引用記事も読みました。
                                 
おわり

                         美原だより14-01-09へ