14-01-09(2014年第 3号)  
    

  本年第1号で報告した「道南・生と死を考える会」の前座ミニ講演のレジュメを転載します。
  おしゃべりの「素」は分かりにくく、興味ももてないと思います。放っておいて……私的記録です。
 レジュメ
                 2013-12-27

           道南・生と死を考える会
                  阿部審也

          12回  忘年前座ミニ講演

      寿

     今年から丸儲けぞよ娑婆遊び 一茶
      一人の年末年始もいい  香山リカ

肉体と脳 ―肉体(体操とサイクリング)は省略

1. 物忘れとの闘い
     学問は尻から抜ける蛍かな   蕪村
              年賀状に次の惨句

    独笑し合笑も付くモノ忘れ
    立って 行って 立ち往生
    老機いま記憶噴射で低空を

 記憶力保持の試み
    金子兜太の立禅は真似できず
   リブリ(読書会)の本のタイトル暗唱―挫折
   金子兜太句90句暗唱       ―挫折
   辞書の多用・インターネット検索・メモ

2. 今年のハプニング
  米倉斉加年演出の芝居に出演
  一休講演会(よみうりホール)入場券のこと
  しくじり
2件―泥酔し他人のコートで帰宅
        ―洗剤を飲む
3.小冊子作り

  志麻木琢郎 エッセイ 「別れ」「鬼灯」
  金子兜太「日銀時代の思い出」 ―葉書集

  高木 護 「詩人・作家の葉書」―葉書集

4    知り合いの学者2人の癌対応
  ○大出哲
(昨年の自律的自己介護の人)
   末期前立腺癌の現状 スポーツブラ
etc.
   学会発表論文のことが新聞に出る

  ○友人の入退院 胃癌 肺 膀胱 腎臓
   やや悲観的 幸せいっぱいの典型的な家族


近藤誠医師の説は一部患者に(だけ)当てはまる「仮説」と紹介(新聞報道)、合わせて私のこの手の本の読み方を紹介

5. 「考える」―脳の活力維持の一法
   政治と女に興味をもち続けること
   脱原発vs特定秘密保護法etc. 
   別品の国―故天野祐吉vs戦争可能国
   高齢化・人口減少
vs景気予算と成長
   選挙結果の異常性噴出 衆参院・都知事

  21世紀は女とおしゃべりの世紀―持論
   来年2月のスピーチのタイトル
  日欧のサロン文化と民主主義社会の成熟
   ―平安宮廷サロンとヨーロッパ貴族・ブル
   ジョアジーサロンのその後」

      サロンは女文化

6. 肉体と脳に共通する暮らしのコツ
   Let it be
   おっくうがらないこと
   自分でやること
   ユーモアと笑い

7. 来年の予想遊び
 ノーベル文学賞に村上春樹
 ノーベル平和賞に中村 哲
                  以 上

        下線の項目を優先してしゃべった。

 
○正月の本読み・続  1/8
サロン文化と民主主義をつなげようと思って雑読している。
「サロン」って何? サロン文化ってどういうもの? から始まり、世界のサロンの歴史! を追いかけてみようという、とんでもないアイデア、しかもそれを民主主義社会と関係づけようという、大真面目で手品みたいな企み。(前号と、上掲レジュメでも触れている)

前号の本読みでは民主主義関係の書名を3冊上げた。注文中といっていた「丸山真男集」は追加し2巻。

で、次の本読みは「サロン」関係。とりあえずイギリスの「コーヒー・ハウス」を今日読んだ。フランスはプルーストの「失われた時を求めて」だが、これは抄訳でサロンの場面をどこまで読めるか程度だろう(拾い読み段階)。また、プラトンやソクラテス時代の知的ゲーム、演説合戦を扱っていいものか、なども考慮。

日本のサロンについては「志賀直哉、上高畑の『サロン』をめぐる考察」「芸者と遊び―日本的サロン文化の盛衰」から入った。今日は3冊を拾い読み。しかし、これから「源氏物語」と「枕草子」などを生んだ平安宮廷サロンから調べなければならない。

インターネットで検索してはコピーもしている。ともあれ、日欧のサロン史という大風呂敷。
飽きっぽいからいつまで続くか分からないが、2月のレポート用だから、それまでにある程度まとめる必要はある。

○ヱビスの黒が「欠品」  1/9
品切れ。生協で買えず、今夜からレギュラー・ヱビスになる。店員は「メーカーで欠品」という言葉を使っていた。
                                       おわり

                      美原だより14-01-07へ