14-01-07(2014年第 2号)  
  
○金子兜太から年賀状   唯一の自慢!? ご海容のほど…
         

今年もいただいた…じつにうれしい。コメントはいただけなかったが、李白の言葉に唸った。
   いのち 天とひとしく傾かん  李白

年賀はがきをやめたという人が何人かいた(予め知らされていた)。代わりにメールであいさつがあり、1人からは論文が添付されてきた。「またご批判いただければ幸いです」とある。タイトル「明治初期における戯作者とその動向―明治期における「文学」の形成過程をめぐる国民国家論(10)」。まだ若い大学の先生の、年に1度の大論文だから、読むだけでも大変で、批判などとてもとても。

○正月の本読み

「名画の謎 中野京子と読み解く 旧約・新約聖書篇」
絵を遊ぶ、絵で遊ばせてくれる面白い本。面白く読ませてくれる。この著書の前に「ギリシャ神話篇」や「怖い絵」シリーズがあり、いまもいろいろ書いている博識の人(未読)。聖書のいい加減さ=分からなさを指摘する箇所だけでも私には面白かった。知らなかった名画もいろいろ。

「民主主義のつくり方」宇野重規著(筑摩選書)
「民主主義への不信が募っている。」と始まる。小泉郵政選挙で自民党が大勝し、次いで民主党が政権交代を果たし、今度は安倍自民党が圧勝するという「民意」―民主主義とはいったい何なのか。

アメリカのプラグマティズムに(感化され)好意的に受け入れながら民主主義を考察し、第4章からは「社会を変える仕事」に取りかかる。民主主義とは実験だといい、そのことを地域に探り―隠岐の島や大震災後の東北―それを民主主義の種子という。氏は「希望学サロン」というものを始めている。

「社会を変えるには」小熊英二著(講談社現代新書)
主として戦後日本の社会運動を見たあと、フクシマ以後の「自分で考えて行動することを経験した人」が増えれば、これから「社会を変える」運動が見通せるのではないかと、いろいろ具体的に、自らが考えたことを披露。

民主主義について1つだけ簡潔に引用すれば、「何か問題がおきたとき、市庁舎がある広場に集まって声を上げるのは、古代ギリシャいらい民主主義のほんらいの姿です。…誰が来てもいいし、誰でも平等に遇されます。そこには音楽があり、大声で自分の意見を言ってよく、誰とでも交流ができます」。

最後は「社会を変えるには、あなたが変わること。あなたが変わるには、あなたが動くこと。言い古された古い言葉」だが「新しく活かし直される時代」と結ぶ。

いまネットで注文した本が届くのを待っているところだが、それは1996年のNHK「ETV」特集で放映された「永久革命としての民主主義」を見ていれば買わなくて済んだ本、と言えるかもしれない? 丸山真男集第8巻。ほんとは第16巻も欲しいのだが、以前にも書いたように、必要の都度チビチビと買っている次第。

○新年交礼会  1/3
大沼地区恒例の新年会に出ていった。JRの特急は超満員。指定席の通路を解放したと繰り返しアナウンスしていた。往復ともデッキに立ちっぱなし。
引っ越して1年以上になり、大沼がもう懐かしいという感じ。
懐かしい顔がいっぱいあった。約30人としゃべってきた。楽しかった。グラス片手にテーブルを渡り歩き、立ったまま飲んだ。
生まれつき籤運が悪く、いつまでも福引に当たらないので、知り合いが代わりに、どうしたんだと舞台に詰め寄ったら!? 司会者が、えっ、阿部爺が…と舞台で声を出し、マイクがつながっていたので、みんなに聞こえてしまった。
景品をもらい、持ち帰るにはやや重いし、私には不要な精力剤ドリンクのセットだったので、ある店に寄り、上げたら、代わりにいいものをいただいた。エビで鯛だった。

○新年宴会  1/5
昨秋、函館西部地区の催し(はしご酒)「バル街」で知り合った女性3人と一杯やった。彼女たちは隣りの北斗市からやってきた。中国料理店でコースで飲み食いしたあと、日本料理の「魚まさ」でまた飲んだ。お酒の好きな女性だから頼もしい。4人でよくしゃべった。前回はそのうちの1人のお宅でご馳走になったので、次回は私の家でやることにした。


○音楽のついで聴き  1/7
日銀OBの1人からの年賀状に、「いまはブラームスの4番を聴いています。私のいまの物悲しい心持ちにぴったりの曲で、何度聴いても素晴らしい曲です」とあった。物悲しい心持ちというところに引っかかるが、この曲は私も大好き。
彼はその文章の前に「貴君に頂戴した大井和郎のCDを聞いた」とも書いていた。

7日朝のFM放送を聴いていたら、ヴォカリーズが聞こえてきた。「ブラジル風のバッハ5番」、キリテ・カナワのソプラノだった。ラフマニノフのそれに似ているので、ネットで検索し、そのままパソコンで聴いた。そっくりに近かった。

ついでに画面右横の試聴欄とでもいうのだろうか、いろいろの曲が並んでいたので、辻井伸行の「ラ・カンパネッラ」を聴いた。わかりやすく歯切れよく、スピード豊かでケレンのない演奏だった。それ以上のことは分からないが、彼の天才に敬意を表し、繰り返し聴いた。どこか外国のオペラ座のようなホールのリサイタル。盛んなスタンディング・オヴェイションが長々と続いた。

比べるのも一興と、フジ子へミングと小山実稚恵のカンパネッラを聴き、今度はCDで上記大井和郎の初版と改訂版とを聴いた。リスト弾きと言ってもいい大井の演奏は堂々として立派(ピアノ ベーゼンドルファー)。

ついでに聴いた彼のもう一枚のCD「リスト:ヴェルデイ」は、リストの「ヴェルディのオペラによるピアノ・パラフレーズ集」(ピアノ スタインウェイ)で、アイーダ、トロヴァトーレ、リゴレットなどからの8曲が収められている。これは気持ちよく聴ける。
(彼は昨年11月のリサイタルではショパンも弾いているので、念のため。私は彼の「乙女の祈り」(CD)も好きだ)。

話しをFMに戻すと、ヴォカリーズの次は、シャロン・イズビンのギターで南米の曲を4曲聴いた。ギタリストも曲についても何も知らないで聴いたが、ギターの音色の良いこと、感情豊かなこと、惚れ惚れとした。
                                   おわり

                           美原だより14-01-01へ