14-01-01(2014年第 1号)  
  
○「道南・生と死を考える会」忘年会 前座ミニ講演 12/27  函館中央病院講堂
「傘寿回顧」として私のこの1年をしゃべった(レジュメは別項)。
まず、米倉芝居! の地元協力出演者として同じ舞台を踏んだ! Sさんが聞きに来てくれたので、紹介ついでに芝居出演のハプニングから始めた。新聞記事や米倉斉加年と並んだ写真を見た人がいて、2人だけで撮ったのだから大したものなどと言われた。
     
次は金子兜太氏から頂いた葉書と、高木護氏からいただいた葉書(次の項参照)を綴じた小冊子、志麻木琢郎氏のエッセイを編集した2冊、合計4冊の小冊子刊行のことをしゃべった。
順不同で、その志麻木琢郎=大出先生の自称末期前立腺癌に対する態度―女性ホルモン療法により巨乳と化し、擦れて痛いので、スポーツブラジャーをしたら具合がよかったこと。そういう状態の中で秋の哲学学会で膨大な資料による論文発表を行い、新聞に大きく出たこと。
ついでに最近の慶応大講師・近藤誠氏の過激な著書の数々が「一部患者に当てはまる『仮説』―日本医大病院教授勝俣氏」であること、私に言わせればインチキ論であることを過激に難じた。菊池寛賞受賞と文春文庫収録は商売だとも。

4番目は来年2月にしゃべる予定のサロン文化のこと、日欧のサロンの歴史と、サロンは女文化であり、21世紀は女とおしゃべりの世紀で、それによって民主主義社会成熟への道が拓かれるだろうという大風呂敷で終わり。

そのあとの忘年会が毎年とても楽しい。
写し切れないが、ご馳走がたっぷり、酒類もたっぷり。   →

この会の会長で、中央病院の医師でもある山田先生が有名な酒通だし、提供者もあって豊か。
氏はまた12年も続けて私を呼んでくれる人である。

○ここから新年
今年もよろしくお願いいたします。
元旦、遅く起き、昨夜の食事のあと片付けをしていたら、ピーポピーポの音。初音は救急車からだった。乗せられた人の家族の顔を想像した。すぐ、自分と時代への警鐘も兼ねていた、と聞いたことにした。どうも最近の世の進む方向に違和感がある。いい齢してなにを今更―が第一感だが、発言すべきか黙して過ごすか―しかし、元朝の脳はそこまで。

年賀状は大みそかの夕刻投函したから、2日以降に届けられる。その前にいただくのは済まないような気持ちだが、読ませてもらった。嬉しいコメントがたくさんあり、厳粛にもさせられた。

私の年賀状には、これからは「傘寿1、傘寿2、傘寿3と、そのくらいまでは数えようと思っています」と書いた。今現在はすこぶる元気。毎朝の自己流体操1時間。1日2食で晩酌欠かさず、鯨飲馬食の日々。

体操していて、思い浮かんだ川柳。推敲なし。
  ピーポピポ元朝の音に餅落とし
  まわり見て変わりあるなし独り正月  
  割烹着後ろで結べぬ主夫とかや
  冬梢手に触れるまで風が押す
  松雪を嘲り落とす風と陽光

年明けから仕事は山ほど。例えばこのホームページの整備。左側のフレームの1部が中途半端なまま。それだって、いつやるか分からないのに、じつは、スマホの使い方を覚えなければならない…三が日や鏡開きではとても済まない。旧正月まででもどうか…経緯省略。

○詩人・作家 高木護の葉書

氏からいただいた古いはがき17通を綴じただけの小冊子を作った(「美原だより」に表紙写真掲載済)。見本段階で送ったらすぐ丁寧な葉書をいただいた。それはすぐ小冊子に追録し製本し、出来上がりを5冊贈ったら、左の葉書をいただいたのでここに掲載させていただく。

上記講演でも冊子の中の1行詩を朗読した。
例えば、放浪詩人と言われる氏らしい詩。

「道にころがっていると/大空のウンコみたい(大空)」

「行く先もなく/ぶらぶら歩いていると/小さなふぐりも/ぶらぶらついてくる(ふぐり)」

いただきます/合わせた両手で/水を掬う(水)

「万の虫が鳴く/いま息絶えた一匹の虫のために」

男だから/爺さんになれたら/それでよしと生きている(願望)

氏は1927年生。       おわり

                    美原だより13-12-24へ