13-12-24(2013年 第58号)   
   
      湖面静寂  師走の駒ヶ岳     2013-12-20   撮影:高瀬宣夫
○スポーツブラをつけ、巨乳を誇示!?    前号参照   撮影:佐藤真由子 
 私には、人間万歳!!と言っているように見える。
本人は、「ホルモン療法の副作用『巨乳』、なまやさしいものではない。痛くてかゆくてボリボリ爪を立てたくなる。切られの与三肌になるとショーができない。だから前屈姿勢になる。と、前立腺に圧力が伝達され血尿が出る。と、下着の洗濯が大変である。
教え子が自分のをはずして『これどうぞ』『なるほど』と納得して、買っていただいた。色は夕焼けの色だった。
早速着用してケータイでパチリ。『福島に帰ったら阿部さんに送ってあげる』…」(ファックス)
その通りとなった。
当の女性から、写真と次のメールが届いた。
「私は札幌出身で現在結婚により猪苗代町に住んでおります。
6年ほど前に、私の姉の紹介でこんな面白い方がいるよ!と大出さんのご自宅へお邪魔したのがきっかけです。大出さんのお陰でドイツにも行けましたし、結果的には結婚相手にも出会わせてもらいました。その面白い発言や的確な助言により、私の人生はガラッと変わりました^_^
なので、大出さんの教え子でもなく、本来 大出さんのような素晴らしい方に出会えるような者ではないと思っております。ただ、幸運にもお知り合いになれて、とっても嬉しく、また大変感謝しております!
さて、本題のスポーツブラに関してです。
大出さんから たまに衣装の(女装など仮装するときの話)『ここがこうなんだけどね、困ってるんだ』などのお話をいただきます。
多方面で知識が豊富な大出さんもやはり男性、ご存知じゃないこともあるんだなぁと、ちょっと身近に感じられ、嬉しくなる場面です。そこで女性の洋服や、女性らしく見える?ちょっとした下着のことなんかも知る限り助言させていただくことがあります。そして、この度、私が帰札したときに、『この年になって思春期の女性の気持ちがやっとわかるなんて』」と嘆いていらっしゃいました。『乳首がいずくていずくて、寝ている時も掻きむしって起きるんだ』と。 なんとかそのいずさ、かきむしりを緩和する方法はないものか? 大出さんに女性用のブラジャーをしてもらったら?んんん、やはりそこは男性、勧める側にもちょっと…抵抗あるなぁ…、と。
そこでふと、昨日の事を思い出しました。
偶然にも このハナシの前日、登山をする私と私の友人が下着は何がいいか?というところから例のスポーツブラの話で盛り上がっていたのです! どこのメーカー?いくらくらいの?などなど…。早速近くの桑園イオンに買いに走った、という話でした!」

なお、大出先生のファックスには「詩人・作家 高木護の葉書」の小冊子の23ページの詩をもじった次の詩がそえられていた。
「行く先もなく/ぶらぶら歩いていると/大きな乳房がぶらぶらゆれて/燃えさかる痛みをさそう」『さっ平の青春復活』。よいお年を」。

○杉綾のハンチング
忘年会というかクリスマス前哨というか、21日「米倉芝居」で一緒に舞台に立ったSさんのお宅に招かれ、まるまるのローストチキンなどたっぷりご馳走になったうえ、杉綾織の手作りハンチングをプレゼントしてもらった。うれしかった。ありがたいことです。
     +++++ +++++  +++++ +++++ +++++
私もここで年末のあいさつをさせてもらおう。いろいろありがとうございました。来年も「美原だより」と「儚儚老随筆」をよろしく。よいお年を。
                         おわり

                       美原だより2013-12-15へ